お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
TRC 株式会社 図書館流通センター 見学会
2017年10月22日 (日) | 編集 |

こんにちは。LiSAの岡村です。

最近はすっかり冷え込み、秋の深まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先週の高木さんに引き続き、
10月12日に参加させていただきました、TRC見学会について
データ部に関して、印象に残ったことをご紹介させていただきたいと思います。(^-^)/
TRCの前で

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
茗荷谷駅を出てお茶大方面に向かって進むとすぐ右手に見える茶色の建物TRCのデータ部です。
外から見ると、いったい何が行われている建物なのだろう、静かな感じだなあ、という印象のビルですが、
中に入ると最初に見えるのが、とても現代的なショールーム

さまざまな最新技術を用いた、自動貸し出し機や返却機、資料の消毒機などのモデルが設置されているスペースがあり
本を返却機に通してしてみたり、貸出カードを読み込んでみたりと、実際に体験することができ、楽しかったです!

また、開放的な一階フロアの壁には、たくさんの本がテーマごと、
分類ごとに並べられ、図書館好きの私にはとてもワクワクする空間でした。
さらに、有名な絵本作家や小説家のサイン入りイラストまで展示されており、
さすが、図書館業界のトップ!といった感じです(゚∀゚)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
つぎにデータ部についてです!
TRCデータ部では、日本中の多くの図書館で使用されている、
TRC MARCというデータベースを作成、管理、そして提供しています。
これは、書誌情報を効率的に整理するためのもので、図書館運営には欠かせません。

私たちが見学させていただいたのは、
そのTRC MARCを作成する作業を行うフロアでした。

主に、あたらしく刊行される図書のMARCと、映像資料のMARC、雑誌のデータを作成しており、
実際に作業を行っているデスクも見せていただきました。
デスクの上には、データを入力するパソコン、NDCやNCRなどの目録規則、
広辞苑や漢字辞典などの辞書類がどっさり。(;゜0゜)
作業の大変さがうかがえます。

職員の方々の綿密な作業によって作成された書誌データは、本(の情報)がすぐに図書館で利用できるように
書店発売までの約一週間以内に校正を終わらせ、MARCとして提供されます。

さらに、それぞれの図書館のニーズに応え、著名人のコレクションや地域資料など、
すでに出版・発売されているものについてもMARCを作成することも多いそうです。

このように、TRCのデータ部では、毎日約300点も入荷される図書のデータを作成しながら、
図書館の地域性や歴史的背景に応じた取り組みもしています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回、TRCデータ部を見学させていただいて、
MARCというものが図書館の基盤としてとても重要なのだと感じました。

図書館の利用者が読みたい本にたどり着ける検索の手助けになれるよう、
という職員の方々の思いが伝わってきた、大変貴重な体験となりました!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
まだまだ紹介したいことはたくさんありますが、
長くなりそうなのでこの辺りで失礼します。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。(^∇^)ノ


TRC見学会
2017年10月16日 (月) | 編集 |
こんにちは。LiSAの髙木です。

10月に入り、とても秋らしい気候になってきました。
さて、「読書の秋」ということで10月12日に行われたTRC(図書館流通センター)の見学会に参加してきました。今回はそのご報告をしようと思います。

TRCは茗荷谷駅からすぐそばの所にあるブラウンの高いビル、あれが本社になります。お茶大から近いですね。
そもそもTRCとはどのような場所かと言うと、全国の図書館に新しい図書をお届けしたり、図書の目録を作ったりしている所です。図書館と出版社を繋いでいます。

今回は「新座ブックナリー」「データ部(茗荷谷)」の見学をしました。

「新座ブックナリー」はいわば図書館のための巨大倉庫(?)。最大200万冊もの本が在庫として用意され、図書館が注文した5日後には、装備をした状態で出荷しているそうです。
実際に見学して驚いたのは、まずはその規模!1日に3万冊から4万冊の図書を装備しているそうです。ラベルやバーコード貼り、フィルムコーティング(図書を包む透明なフィルム)はLiSAの通常業務でも少し行いますが、1日に3~4万冊も扱いません。(桁が3つくらい少ない?)
しかもラベルやバーコードの種類、それを貼る場所などそれぞれの図書館(主に公立図書館)のご要望に対応しているそうです。
新座ブックナリーで働く方々のおかげでこのようなサービスが可能なのだな、と思いました。

「データ部」では新しく出版された図書などのタイトル、分類、内容などをデータ化し、図書館に提供しています。こちらも新刊図書の場合、8つある工程をたったの3,4日、雑誌であればなんと1日で行うそうです。
正確さと速さが求められるため、見学したオフィスはとても落ち着いた雰囲気の場所でした。

「新座ブックナリー」と「データ部」を見学してみて、当り前のことですが、規模は大きいものの図書の装備であったり目録作成であったり、行っていることはお茶大図書館と同じだなと思いました。ただ、それらのお仕事をTRCが行うことで、公立図書館の職員の方は他のところにエネルギーを使うことができるのだと思います。

今回の見学会は公立図書館の方や他の大学図書館の方も多く参加されていて、専門的な深いお話まで聞くことができとても貴重な機会でした。
少々長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

古典籍翻刻プロジェクト
2017年09月19日 (火) | 編集 |
こんにちは!LiSAの「ごう」と「あきら」です!
久しぶりのブログ更新となりました(。-_-。)

先日からいよいよ本格的に始動しました
自主企画「古典籍翻刻プロジェクト」について紹介します!

皆さん、お茶大図書館にたくさんの「古典籍」があるのは
ご存知ですか??

古典籍とは明治維新以前に刊行された書籍のことです。
現在、国文学研究資料館主導の
「古典籍を画像で残そう」というプロジェクトにお茶大図書館も参加しており、
お茶大にあるたくさんの古典籍も画像化が進められています。

私たちは、皆さんに古典籍について知ってもらうために
お茶大所蔵の古典籍を翻刻するプロジェクトを立ち上げました!

翻刻とは、昔の崩し字変体仮名
今読める形に直すこと。

このプロジェクトでは、
初めて変体仮名に触れる人も
授業で変体仮名を学んだことがある人も
皆で翻刻に取り組んでいます

有名な作品から挿絵がユニークな作品まで
様々な作品の翻刻をする予定ですヽ(´∀`)ノ

プロジェクトの成果を徽音祭で発表できるよう
頑張ります!

↓写真は先週のプロジェクトの様子です。
練習として変体仮名で書かれた双六に挑戦してみました!

無題

これからも楽しくプロジェクトに取り組んでいきたいと思います
徽音祭での発表を楽しみにしていてくださいね
お茶の水女子大学論に登場
2017年04月24日 (月) | 編集 |
こんにちは。お久しぶりの、LiSAで瑞島です。

4月19日水曜日、天気晴れ、お茶の水女子大学論がいつも通り開講され、いつもと違うのは今回LiSALALAMuSAについての授業ということで、LiSA耳塚さんとお邪魔してきました。

瑞島お茶大論瑞島2耳塚耳塚さん

実はわたくし去年も登場しております。1年後(正しくは11ヶ月後)の今回は、「プチ司書講習」というLiSAの自主企画についてお話しました。私は第3回、第4回プチ司書講習の企画メンバーとして活動したのですが、上手くいかなかったことを次につなげて改善し、プチ司書講習が成功したというお話をしました。LiSAとして活動するということは、職員の方の中で働くので社会人としての勉強になりますし、自主企画ではグループワークを通してチーム作業の経験ができます。これぞまさに「社会人基礎力」!!!耳塚さんは通常業務についてのお話、LiSAの活動で得たものは就職活動でも役に立つというお話をされていました。

つまり、LiSAをやることで多くのことを学ぶことができるのです。

元LALAとしてお話をされた、現在PCサポーターの荒木さんは、学内インターンをすることの意義、LALAさんのお仕事についてのお話をされていました。MuSAさんからのお話は今回はありませんでしたが、いつも歴史資料館でお仕事をされています。

残念ながら今期のLiSAの募集はなかったのですが、今後図書館ホームページに募集のお知らせが出た際は、是非応募してくださいね♪(/・ω・)/ ♪


2017新入生オリエンテーション
2017年04月06日 (木) | 編集 |
はじめまして、LiSAの安宅です。
昨日4月5日に新入生オリエンテーションが行われました。

オリエンテーションの中では附属図書館の説明もあり、
まず始めに三浦先生からお茶の水附属図書館の変遷についてお話がありました。

20170405-1.jpg

昔の附属図書館は今と全く違ったとは驚きです。
また、図書館職員の石橋さんから現在増改築中の図書館をスライドでわかりやすく説明されました。

20170405-2.jpg

私からも、LiSAの活動や4月におこなう図書館ツアーについて話し、
3月までLALAで活動され、4月からPCサポーターで活躍される荒木さんから、
大学の学びについてやLALAデスク、PCサポーターの説明がユーモア豊かにお話されました。

新入生の皆さんも真剣に聞いて下さり、オリエンテーション無事大成功です!

これからどんどん図書館を使う機会があると思いますが、是非気軽にLiSA、LALA共にお声掛けください!

千葉大図書館に行ってきました
2017年03月07日 (火) | 編集 |
こんにちは!LiSAの清水です。


自主企画、第4回プチ司書講習として千葉大図書館に行ってきました。

館内見学、ALSA-GSとの交流、職員の方にインタビュー、と盛りだくさんな企画でした!




まずは館内見学📖

ALSA-GSの皆さんにご案内していただきました(*^_^*)


私は、特にブックツリーというものが素敵だと思いました。

ブックツリーとは、職員や学生がテーマに沿って本を展示しているものです。

本以外にも、書道サークル、写真サークル、建築などの展示も行っているそうです。

学生も自由に展示できるのが、魅力的ですね!




続いて、ALSA-GSと交流をしました。

ALSA-GSとは、お茶大でいう、LiSAのような方たちです。

20170215-1.jpg

交流会の様子。

LiSAとの共通点だけでなく、たくさんの相違点があることが分かり、興味深かったです!



最後に、職員の方にインタビューをしました。

千葉大の最新設備や、運営についてなど、詳しくお話してくださり、大変勉強になりました。





今回の訪問で、お茶大とは違う様々な取り組みに触れ、刺激を受けました。

これからの活動に生かしていこうと思います。


20170215-3.jpg