お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
不言実行は困るということについて
2008年03月31日 (月) | 編集 |
もできりこです。早いもので明日はもう新年度です。

さて、第1期LiSAのみなさんの実施報告書に共通して書かれていたことは、図書館というのは「静」であると思っていたけど、実際は「動」であることを認識したというものでした。なかなか鋭い指摘だと思いました。
私も、日本全国の全ての大学図書館が「動」であるとは思いませんが、少なくとも今のお茶大図書館が「動」真っ盛りであることは自信があります。

別に、「静」より「動」がエライとか立派であるとは断定しかねますが、「静」よか「動」の方が職場としては面白いのは確かでしょう。
仕事や職場は面白くないより、面白いほうがいいんじゃないかなぁと思います。面白い職場のほうが効率もあがりそうだし。

さて、タイトルの「不言実行」ですが「黙ってコツコツと成し遂げること」と良い態度の事例としていわれますけど、組織論で考えれば、これはまったくもって困った、はた迷惑な行為です。黙って勝手にやられちゃ困るのは図書館でもどこの職場でも同じです。
「やるならまず口に出してから実行せい!」と思います。

持論ですが、順番をつけるなら「有言実行」がいちばんで、「有言不実行」が二番で、「不言不実行」が三番で、「不言実行」は論外です。
「有言不実行」の方が「不言不実行」より上位なことに疑問を持たれる方もいるでしょうが、「こういうことをやったどうか。やるべき」と口にさえ出してくれたら、たとえ、本人ができなくとも(やらなくとも)、組織として実行する術はいくらでもあります。

その昔、上司に「身の丈にあった仕事をしろ」とか叱られたことがありますけど、そりゃ自分の身の丈(現時点の実力、経験値)を冷静に知ることは大事かもしれないけど、自分の身の丈に組織の仕事の丈を合わせて縮めちゃいけないと思うのです。

ということで、お茶大図書館では、「有言実行」を実施しました。→こちらのニュースをどうぞ。「附属図書館の理念を玄関に掲額しました。」

ははは・・・これでもう後には引けない(^^;
「働く気持ちに火をつける」
2008年03月31日 (月) | 編集 |
もできりこです。
文春文庫から出ている齋藤孝氏の「働く気持ちに火をつける」を読みました。

読後感は一言でいうとすっきり爽快です。
「そぉーーよねっ!やっぱりそうなのよっ!!」と深くうなずくことばかりでした。

LiSAのみなさま就職活動前にはぜひご一読を(^^)
現役のみなさまもたまにはこういう本を読むことをお勧めします。

特に赤線を引きたくなったのは「職場では上機嫌でいなければいけない」(齋藤氏の言うところの上機嫌の意味はただ浮かれているという意味ではありませんが)「仕事ではテンポの速いことは善である」(具体的には、たとえば3人で仕事をしている場合、2人のテンポが速くて1人のテンポが遅い場合、その遅い1人が悪いのは明らか。2人のテンポが遅くて、1人が速い場合も、遅い2人が悪いときっぱりと言い切っています。)

図書館も職場である以上、こういうことは意識すべきだと思うのです。
最近の学生の(図書館利用の)マナーが悪いと文句つける前に、自分の職業人としてのマナーは本当に正しいんでしょうか?と自省をこめて、本日のエントリーでした。



書店さんから学ぶ魅力的に本を見せるコツ
2008年03月27日 (木) | 編集 |
もできりこです。

宣言していたとおり、本日の午前中、平成19年度第14回図書・情報チームチーム研修会「書店さんから学ぶ魅力的に本を見せるコツ」を開催しました。

大変刺激になりました。

私は、今日の今日まで書店さんで働く人のお仕事のほとんど全部は客あしらいだと思ってました。
当然、販売するのがお仕事ですから、いかに売り上げを伸ばすか、お客さんを捕まえるかが最重要課題なのでしょうが、そのための「本に対する」日頃のお勉強内容、深さ、真剣度は、図書館員以上ではないかと感じまして、大変危機感を感じました。
ライバル心をかき立てられたとも言えます。

働く意識として当たり前といえばそれまでですが、日々のいろいろなことに対するアンテナの張り方や職場のスタッフ間のコミュニケーション、担当に対する強い責任意識などなどに非常に刺激をうけ、我々大学図書館員はもっともっとどん欲にならねばと思いました。
対書店に限らず、図書館員はもうちょっと目を広く持つべきではないかとも感じています。

さ、来年度はどういう業界からゲスト講師をお招きするかワクワク企画中です。(^^)

<熱心に勉強するお茶大図書館スタッフとLiSAメンバー>
今日はお勉強会(2) inキャリアカフェ

今日はお勉強会 in キャリアカフェ


ご近所さまの紹介
2008年03月26日 (水) | 編集 |
もできりこです。
いいお天気です。月曜日の卒業式もこれぐらいのお天気だったらよかったのに、雨でお気の毒なことでした。

さて、一つ前の記事「頼られると嬉しい」に関連して、たよりになるご近所さんをご紹介します。

お茶の水女子大学では、今年度(平成19年度から)新入生全員へのノートパソコン貸与のプログラムを開始しました。
 パソコン貸与プログラム

それに伴い貸与パソコン相談室が設置され、相談室には専任の先生もいらしゃいます。貸与パソコン以外でも、パソコン全般の相談にのってくださいます。
で、貸与パソコン相談室さんのブログが→こちらです

Pandaブログと名乗られてますが、さて、どうしてパンダなんでしょうか?(^^)
正解した方には、附属図書館&情報基盤センターで作ったおかめちゃんマウスパットを差し上げます。
頼られると嬉しい
2008年03月20日 (木) | 編集 |
もできりこです。(またもや連投です。結局、毎日コツコツとなんかやるということができない体質だということを自覚しました。)

図書館職員の仕事に限らず、仕事をしていて嬉しい瞬間というのは「頼られる」ということではないかと思います。
先日、東海地区の大学図書館の研修会でお話しさせていただく機会があったのですが、その中で「図書館員は支援したがってばかりで、支援を求めることが苦手すぎるのではないか?支援され上手でなければ、支援上手にはなれないのでは」というようなことを申し上げました。
(似たような例では「聞き上手は話し上手」などということも言われていますね)
さて、大学図書館といえども霞で生きているわけではないので、組織運営や組織経営はかなり重要な問題です。
そして、大学という組織の中で動いている以上、会計的なあるいは施設的なあるいは総務的な図書館業務以外のややこしぃ~問題も多々起こります。で、そういう場合は、しかるべき部署に助けを求めに行きます。
会計にしろ施設にしろその部署の職員の方々は、私の「なんとかなりませんかぁ~(;;)」という悩みに対して、「そりゃ難しいわ・・・」とか言いながら、なんとかなる最善の方法を考えてくれます。その瞬間、ありがたさのあまり拝みたくなります。

なので、図書館も他部署、あるいは学内の先生方、学生のみなさまに「図書館に相談したら、うまくいっちゃった!」というように頼られたいなっと思うわけです。
 #今年度は、こういうことが10個ぐらいはあった!というのがひそかな自慢です。(^^)

で、話しを「選書」に戻しますと、年度も後半になったころ、いくつかの学内プログラムから「選書」の依頼を受け、日頃のストックリストの中からささっと出すことができ、ちょっと(かなり)嬉しかったです。
図書館の予算では買えそうもないけれどと思いつつ、リストアップしておいた甲斐がありました。

で、また話しは飛びますけど、たいていのビジネス書に書かれている働く上での心得その1は、「上司に何か言われてから動くのでは遅い!」です。最近の流行言葉で「KY(空気が読めない)」が最悪のように言われていますが、私は、「空気を読むより先を読めっ!」と言いたいです。
図書館員は、専門職だからこういうこと(ビジネスの基本)に疎くていいのだとは、どうしても思えないのです。
 #だって、「社会人としていかがなものか」というような弁護士とか医者ってイヤじゃありません?

LiSAのみなさまが本気で将来図書館員を目指すなら、ビジネスの基本を知った図書館員であって欲しいのです。ビジネスとは決して、オジサンだけの世界の話しではありません。
書店さんと言えば(その2)
2008年03月20日 (木) | 編集 |
もできりこです。

第1期LiSAプログラムが無事終了しました。
こちら(図書館スタッフ)側の準備不足をLiSAのみなさんに補っていたところも多々あり、図書館スタッフ一同、勉強になりました。

実施報告書も続々とお届けいただきありがとうございます。リーダー特権で先に目を通させていただいていますが、励まされたり、「おぉ!なるほど!」という指摘をいただいたりで、こちらも感謝感謝です。(^^)
実施報告書を読んだうちのスタッフはきっとうれし涙にかきくれることでありましょう
来期も図書館スタッフ&LiSAメンバーでお茶大図書館の活性化活動を進めていきたいと決意新たにしているところです。

さて、LiSAメールでお伝えしたとおり、3月27日(木)に図書館1階のキャリアカフェで「第14回図書・情報チーム研修会”書店さんに聞く魅力的な本の並べ方!”」を開催します。

ひとつ前の記事で書いたとおり、「書店さんには書店さんのコツがあるにちがいない。なんとかうちの図書館にも応用できないものか・・・」と考えていたんですけど、思い悩むよか、教えを請うた方が早い!ということに思いいたりまして、企画しました。
LiSAのみなさんには、第1期も終わったところ、また春休み中に申し訳ないのですが、都合がつけばぜひご参加ください。

で、この研修会を通して、私がLiSAのみなさんにお伝えしたいことは、書店さんのコツということもさることながら、図書館スタッフというものは、プロであり続けようとするならば、勉強し続けなければならないということです。図書館のおしごとというのは、司書資格とっただけで一生安穏と仕事できるもんではないと思っています。そういうのは、けっして「専門職」とはいえないのです。

LiSAプログラムの基本は、キャリア教育支援です。
そういうわけで、今回の研修会はキャリアカフェで実施することを企画し、カフェを運用するお茶大・現代GPプログラムからも快諾いただきました。
今年度最後の企画として、私もとても楽しみにしています。
そして、4月になったら、「新着図書コーナー」をまた大幅にリニューアルしますっ!!<習ったことは即実践!!