お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「ともあり遠方より来る」
2008年08月11日 (月) | 編集 |
北京五輪開会式で「有朋自遠方来 不亦楽乎(ともあり、遠方より来る また 楽しからずや)」の論語の一説が唱えられました。英訳として表示された「「Welcome my friends」じゃこのニュアンスは伝わらんだろうと思いましたけど(^^;)

さて、ありがたくも嬉しいことに、本学図書館にも、遠方から多くの方が見学に来てくださってます。
今年度になって8月末までで、20組お客様をご案内しています。北は旭川から、南は沖縄から来てくださいました。
まさに、「有朋自遠方来」です。

ご案内している中で、先方からのご質問、あるいはちょっとした感想に、こちらが「はっ!」と気づかされる視点が多々あり、ご案内することは、新しい情報を受取ることだと実感しています。
だから、「不亦楽乎」なんですね。

ところで、ご案内の最中にLiSAちゃんたちが、勤務中だったり、あるいは、一利用者として来館中だったりすると、努めてご紹介するようにしているのですが、先日、琉球大学の図書館からのお客様をご案内中、LiSAの根本さんが1階にいらしたのでご紹介したところ、
根本さんが琉球大学の方に対して、「遠方から見学にお越しいただきありがとうございます。」と挨拶してくれ、なんというか、私がとっても嬉しくなりました。(^^)

LiSAプログラムは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動と位置づけてますが、LiSAちゃんの1人ずつが、自分の図書館を見にきてくれて嬉しい!という気持ちを持ってくれていること、そして、それを表現してくれること。こういうこともLiSAプログラムの成果だと思ってます。
そして、私たち図書館スタッフこそ「見にきてくれて嬉しい!」という気持ちを常に大事にしたいと思います。