お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館の本は、みんなの財産のはずでは?
2008年11月25日 (火) | 編集 |
もできりこです。

今年度は多くの見学のお客様に来ていただきました。
本当に、嬉しことです。ありがとうございました。
まだ行ってないわ!という同業者のみなさま、ぜひお越しください。最寄り駅は、丸ノ内線茗荷谷駅か有楽町線の護国寺で、どちらからも歩いて7分。「駅近」なのが自慢です。

そして、見学に来ていただいた多くの方が「お茶大図書館利用者のマナーの良さ」に感動してお帰りになります。

そういわれて見ますと、目も当てられない「傍若無人の大騒ぎ」が館内で発生していることはありません。
さて、傍若無人とは、漢文読み下しで読むと「傍らに人無きが若し」。つまり、近くの人にとって迷惑な行動をするということですが、もう一歩進めますと「たとえ人目がなくても、マナーは守る。」というのが大人の女性の矜持というものです。

LiSAのみなさんにお願いしているお仕事の中で、返却された図書をチェックして「書き込みを消す」というのがあります。
きっと、これを経験した人は、ものすごく、情けないというか、さみしいというか、辛いというか、憤るというか、そういうマイナスな気分になられたかと思います。
私たちは、決して、LiSAのみなさんにそういうマイナスな気分になって欲しくはないのですが、マナーが良いと誉められているお茶大図書館も、そればかりでないということを知っていただきたくって、お願いしているお仕事です。
なんだかねぇ・・・と思ったLiSAのみなさん。コメントお願いします。