お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「なぜなぜ?」プロジェクト
2009年04月11日 (土) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。
このエントリーは10日金曜日に書いた予約投稿なので、連投になるのか、間に誰かのエントリーが入るのかドキドキです。
こういう賭けは、結構好き!!

お茶大図書館の「おとなの図書館プロジェクト2009」については、すでにあちこちで語ったり、さりげにブログに織り込んだりしていますので、もう規定事実です。ふふんっ!(←誰にいばっているのやら)

具体的には、現在、4つのプロジェクトグループを動かしてます。
だから、引越し隊長やら、企画展示副隊長やら、いろんな肩書きを自称できます。
 #そういや、「肩書きはもらうもんじゃなくって、自分で決めるもの」という文章は、どなたの本に書かれていたのだったかしら??

ともかく、プロジェクトグループのひとつは、「Nineteen Elephants Project」を引き継いだ「さらにもっとどこまでも、館内を使いやすく、麗しくする」プロジェクトです。

「さらにもっとどこまでも」を進めるということは、「なぜなぜ?」をしつこく追求するということです。
もっと平たく言うと「わたしは、前々からここが変だなって、なんだか使いにくいと思っていたのですが、なぜ、こういうことになっているのでしょう?」ということを、プロジェクトグループのメンバーが遠慮なく、なんでも、まずは言うということです。
なので、LiSAちゃんたちこそ、もっともっと言ってくれていいんですよ。「図書館のここが不思議。変っ!」って。
私は、34個の不思議ってのをあげて、副隊長のえとりさんをあせらせました。(^^)

「Nineteen Elephants Project」が「なぜなぜ?プロジェクト」に進化しましたと書くとなんだかヒミツめいた極秘プロジェクトを進めてるみたいで、ちょっとカッコ良くないですかっ!?(^^)
 #って誰に呼びかけてんだか?? その相手は「私、ヒョードーさん」?

でもですね、今日の通勤途中でとなりの方が読まれていた本をちらりと盗み見したところ、「なぜなぜ?プロジェクト」ってのは、カッコ良く言うと「課題発見型&チーム解決型プロジェクト」とも言えるようです。

今の私の悩みは、プロジェクトの進行ではなぁ~く、どっちの名前の方がカッコいいか!?
そのことだけです。

本日のBGM:♪チェリーブラッサム(Seiko Matsuda 1981)
・・・!!ってどんな気分?
2009年04月11日 (土) | 編集 |
おはようございます♪
情報サービス係のこばやしです。

昨日は、4期からの新人LiSAちゃんと一緒にお仕事したり、
(↑あまりにも一生懸命お仕事されてたのでご挨拶程度しかできず、
同じスペースでお仕事をさせてもらっていた、という意味の“一緒に”でした)
LiSAに応募したいんです!という方にカウンターでお会いしたり、と
新しい出会いに胸をときめかせた一日でした

そして、まだLiSA参加を迷ってる方に
私からも「LiSAになるとこんなことできるんです!」をご紹介したいと
思います。

図書館の資料を、書架に並べるお仕事=配架 です!

ものすごく単純で地味に思えますが、
実はとっても大事なお仕事のひとつです。
なぜって、間違った場所に配架してしまうと、
探そうと思った時に見つけることが困難になってしまうからです。

返却された本を元の場所に戻したり、
登録を終え、準備を済ませた図書や雑誌を配架したり、
というお仕事もLiSAちゃんにお願いすることがあります。

だいたいきまって朝一番に、前日の分の返却本を配架しているのですが、
朝の陽が差し込む、まだ人が少ない図書館の中を隅から隅まで歩けるというの
は結構爽快です
そして、返却すべき場所を探しながら
この本はここにあったんだなぁと思わせるような一冊分の空間を見つけ、
その空間にスポっと戻した時の気分といったら・・・!!
☆これは、朝一にサービス係のお仕事に入ってくれた方の特権です!

また、雑誌を配架しようと書庫の中を歩き回りながら
その雑誌の仲間を見つけ、所定の場所がわかった時の気分といったら・・・!!

『・・・!!』ってどんな気分なの?!と思ったあなた、
『・・・!!』を味わってみませんか?

4期LiSAメンバー、まだまだ募集中です♪
注目!☆LiSAselection☆
2009年04月11日 (土) | 編集 |
みなさんこんにちは。
Refresh!
はまざきです。

情報サービス係にフレッシュさんを迎え、第4期LiSAも絶賛募集中な今日この頃。
Refreshはまざきオススメの、LiSAselectionについてご紹介いたします!

キャンパスガイド2009の表紙でもお馴染みになりました、図書館1階のキャリアカフェ
その一角にある『キャリアカフェ文庫』も、もうお馴染みになってきたでしょうか。
○のシールで分類された本はそれぞれ、

:「夢」・キャリア・ライフワーク
:美しい日本語
○:心を癒す

という選書のココロを表しています。
学生のみなさんのキャリア形成と、くつろぎの時間の提供を目指しているわけです。
(ちなみに、選書してくださったのは噂の茂出木TLなんですよ!)

ではでは!このシールは何を表しているかご存じですか???
lisa-selection00.jpg

そうです、これが世に言うLiSAselection本の目印なんですね。
このシールが貼ってある本は、LiSAの方々が選書から図書装備、時にはPOPまで、
100%面倒をみてくれたものです。
♯一連の作業については、こちらの記事でご紹介したことがありました。

「自分が感動したこの本を、ぜひ多くのお茶大生に読んでもらいたい」
「自分もまだ読んだことはないけれど、すごく興味を持っているので多くの人と読書体験を共有したい」
というような、LiSAの方々の想いを背負った本たち。
その分、一夜貸しでの人気も相当の高さを誇っています。
Refreshはまざきも、(LiSAselection本が)忙しく行き来する隙をうかがって、よく一夜借りをしていきます。
画像で例にあげた「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」は、最近一夜借りした中の最大HIT作でした!
ほんとに、この本に出会わせてくれたLiSAさんに直接お礼をしたいぐらいに感動したのです!!
「私が選んだのよ」というLiSAさん!Refreshはまざきと一緒にお仕事することになったら、
ぜひとも名乗り出てくださいね!!固い握手を交わさせてください!!!


そうそう、キャリアカフェ文庫の本たちには、すべてブッカーというビニールフィルムがかかっています。
一夜貸しというシステム上、破損や汚れなどに図書館スタッフが気づきにくいので、できるだけ最初の装備で強くしておこう、という意図なのです

が、

実はこのブッカーかけ、図書館スタッフよりLiSAの方々の方が上手です!!!
第1回タトルの時間でも、ブッカー名人からの秘技伝授の儀がありました。
Refreshはまざきは去年の12月頃、情報サービス係の先輩シバタさんから教えてもらって初めてブッカーをかけました。
あれから3ヶ月強経つのですが、全っ然上手くなりません(涙)
やはり自分で選んだ本に対しての愛着がある分、LiSAの方々の方が上達が早いようです。

素敵な本棚も登場して、キャリアカフェ文庫での存在感を増していくLiSAselectionの数々。
ここに加えたい本がある!と少しでも思ったことのあるアナタ!!
ぜひともLiSAにご応募くださいね☆
newshelf2.jpg