お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館のキャラクター、「おかめちゃん」について
2009年05月30日 (土) | 編集 |
 みなさん、こんにちは。LiSAの柳田です。最近、よく書き込みをしています。自分でもこんなにマメにブログを書くとは思っていませんでした。ところで、4月からかな?図書館で見られる、鳥の「おかめちゃん」、可愛らしいですよね。まん丸ほっぺやぷくっとしているところが。パソコンの画面に出ていて、一瞬、癒されます。この鳥を作ってくださった方がなにやら図書館にいるとか。作って下さった方、素敵です!きっと、学生のみんなは一瞬でも、授業の合間に癒されているのではないかなあ
 で、私はその「おかめちゃん」を愛している一人なのでプロフィールなんてのをみんなで作ったらどうかなと考えました。

以下は、私が考えた「おかめちゃん」のプロフィールです。

名前:「ピッチョン」
性別:メス
誕生場所:お茶大図書館
好物:豆類、ゴマ
趣味:読書、虹を追いかけること、みんなの夢、その他もろもろを応援すること、泳ぐこと、踊ること、歌を唄うこと(特に「幸せなら手を叩こっ」♪)
長所:色々
短所:「なし」と考えてる
特技:時期によって毛の色を変えられること
寿命:なし (不老不死)
飛行距離:どこまでも
好きな言葉:「愛」、「誠実」、「夢」
将来の目標:みんなと仲良くなり世界中を旅すること♪
本を通して、色々なことを知ること♪
虹が好きだから、虹になりたい
その他:いつか卵を産むかもしれない

一言コメント:「これから、みんなと一緒に成長していきたいの。よろしくね」。

 なんてのはどうでしょうか?もちろん、これは柳田個人が考えた、自己満足なプロフィールですので、採用されなくてもいっこうにかまいません!「プロフィールなんてなくてもいいんじゃない?」と思う方はその旨を書いていただいてかまいませんし、「こんなプロフィールなんてどう?」なんていう意見もあってよいと思いますし。私が決めるものではありません。
 ただ、時期によって毛の色が変わったりしたら、楽しいななんて思ったんです。例えば、青かったら「幸せの青い鳥」を連想しますし・・・。そこから「プロフィール」なんてあったらどうだろうという思いに発展しちゃいまして、黙々と考えました。

ブログを見てくださった方、何でもよいのでコメント下さい
「フラゲ」ならぬ「フライン」(^^) 月曜日に何かが変わる
2009年05月29日 (金) | 編集 |
もできりこです。こんにちわぁ

先日、某所で「フラゲ」という言葉を聞きまして、「なんなの??新しいゲーム!?」とクラクラしてたのですが、「フラゲとは、フライングゲットの略で、雑誌、単行本、CDなどの商品を正式な発売日よりも早く入手すること。」なんだそうですね。
勉強になりました。
・・・というか、略するのにもほどがある!とつい憤慨するのは、昭和世代の悲しい性。

さて、LiSAブログご愛読のお茶大生のみなさまに特別に「フライング・インフォメーション」
勝手に略して「フライン」です。

6月1日(月)から、朝の開館時間を15分早くします。
たかが15分。されど15分。
それなりにここまで来るまでちょっと頑張りました(^^)
 #お茶大図書館は、「褒められて伸びるタイプ」ですが、自画自賛でも伸びるタイプです。

カウンターと書庫の入庫はこれまでどおり9時開始ですが、ラーニング・コモンズとかラウンジとかキャリアカフェとか新聞コーナーとかクワイエット・スタディスペースとか、授業前のひとときを図書館でお過ごしください。
 #ここまでくると、キャリアカフェでモーニングセットとか売り出したくなるし、
 #モーニングセミナーとかいかがですか!?とか営業したくなっちゃいます。
みんな、ブログ書こうよ!
2009年05月29日 (金) | 編集 |
 こんにちは。LiSAの柳田麻衣です。最近、毎日のように図書館で働いています。今日は書架整理と配架の仕事をさせていただきました。ところで、放送大学で主に使われている本を配置している棚をみて思ったのですが、あの本棚は壁がないんですね。なので本が後ろから落ちちゃいます。本棚には壁があってほしいですよね。それから、図書館の隅に置かれている絵本たち。もうちょっと目立つ位置に置きたいなあなんて思うのは私だけでしょうか?また、新しく入ってきた本たちをもうちょっと目立つ位置に置きたい、知ってもらいたいなんて思うんです。みんなの意見もききたいなあなんて思うんです。
 LiSAの方、ブログ書きましょう!そして日頃感じていることを言ってみましょう
 
大学図書館ってこんなこともできるんだ
2009年05月28日 (木) | 編集 |
もできりこです。
こんにちわ。ここのブログに記事書くのは久々な気がします。
 #そぉーいえば。ちょっと前には3日と空けず書いてた時もありましたね。

本日、図書館事務室の片隅で仲良く開かれてる「LiSAミーティング」をチラチラ見ながら、
密かにとっても感動してました。

丸善ライブラリーニュースの第5号に米澤 誠さんが
「ラーニング・コモンズは、図書館活性化の起爆剤となるか」(PDFファイル)という記事を書かれてまして、その中で『(ラーニング・コモンズは)活用の仕方によっては学生と教職員、学生と地域住民とのコミュニティを形成する場にもなりうると考える』という一文がありますが、

図書館が学生にとって身近な場所になるってことは、
学生さんが利用者としてVIPなお客様扱いをされる(図書館から言うと「大事な顧客として、学生を最上級にもてなす」)ということではなく、
職員と一緒に図書館を少しでも良くしていくこと、つまり自分達が過ごしやすく、使いやすい図書館にしていくことができること、ではないかなぁ~と、ぽぁーーんと思ってたので、
LiSAとかラーニング・コモンズとかキャリアカフェとかキャリアカフェ文庫とか、そういうのがうまく絡み合って、
しかも誰かに強要されたり、命じられたりではなく、
活動できるのって、もしかして、すごいことじゃない!?と感動していたわけです。

と、ここまで書いて、米澤誠さんのブログ(ヨネザアドの学びの杜・遊びの海(米澤誠の公式ブログ))ででも「コミュニティの場としてのラーニング・コモンズ:お茶の水女子大学のLiSA」http://blogs.yahoo.co.jp/bpxdx655/39197688.html)と紹介してくださっているのに気がつきました。

えっらく遅い反応で申し訳ありません。m(_ _)m
ご紹介いただいてありがとうございます。
お茶大図書館・・・褒められて伸びるタイプです(^^;
全国の関係者のみなさま、これからもお茶大図書館はいろいろなことをしでかす予定ですが、どうぞ暖かい目で見てやってください。




本日のLiSAミーティングで話あったこと
2009年05月28日 (木) | 編集 |
 こんにちは。今日、LiSAの方々と主に1.「キャリアカフェ文庫に目録を作ったらどうか。」2.「キャリアカフェ文庫の貸出し期限の延長。」についてお話をしました。参加していただいた田辺さん、森さん、高橋さん、松田さん、根本さん、後藤さん、八木澤さん、ありがとうございました。まず、1の「目録を作る」に関してなのですが、現在、図書館1階のキャリアカフェコーナーに置いてある本には目録がありません。なので、どのような本が置いてあるか、分からないのです!特に貸りられている本は返却されるまで分からないのです。そこで、キャリアカフェ文庫の本の目録を作り、どのような本が置いてあるか把握しようという話になりました。案として、見やすく一覧性のあるものにしようということで、タイトル、出版社、出版年などを記載したプリントを作り、バインダーなどでとめようということになりました。
 次に、2の「本の貸出し期限について」です。現在、キャリアカフェ文庫の本は一日のみカウンターを通さずに貸りることができるようになっています。けれど、一晩というのは、暇な時はさらっと読み、一夜で返せますが、忙しい時は一夜ではなく、もう少し期日がほしい!ということもあるだろうということで、2~3日にしても良いのではないかという案がでました。
 「カウンターを通さず自由に本を貸りることができる」ということについては、学生の自主性に任せていいものかどうか疑問がでました。なかなか返されていない本もあるからです。かといって個人の名前を書くことを強制するつもりはないので、せめて、どのような本が今貸出し中であるか知ろう!ということで、プラスチックで本のタイトルが書かれたものを貸りた本の代わりに入れるという案がでました。もしくは、本のリストが出されたら、その横に貸し出し中という意味で赤いマグネットを貼るという案もでました(これはホワイトボードがないと駄目なので実現性は低いです)。
 その他に、「お茶大に司書コースを設けてほしい!」とか、「図書館2階は夏、暑い!窓を開けたら虫が入ってくるから網戸が必要?」とか、「蔵書のカバーは付けた方が新鮮味があっていい。」とか、「柱の近くのラーニングコモンズのパソコンには、イスがあってほしい(切実)」という話もでました。
 以上、今度、いつになるか分かりませんが、また色々話しあいましょう!
 柳田が報告しました。

ブッカー付けについて
2009年05月26日 (火) | 編集 |
 こんにちは。LiSAの柳田麻衣です。
 先日、キャリアカフェにある本を見ていまして、私がブッカーをつけたと思われる本が置いてありました。けれど、しわになっていて新品の本がなんだか古く見えちゃって、私ってブッカー付けが下手だと思いました。新品の本でもちゃんときれいに貼りつけていないと古く見えちゃうんですね。なので今度からもっと綺麗に貼ります!!もう少しで、LiSAの勤務条件となっている50時間を達成します。達成したら嬉しいですね。これからも司書の仕事頑張ります!
*ミーティング開催決定のおしらせ*
2009年05月23日 (土) | 編集 |
こんにちは!毎度お騒がせ、人文4年やぎさわです。

前の記事に参加表明してくださった皆さん、ありがとうございます
柳田さん、田辺さん、森さん、高橋さん、松田さん、根本さん、後藤さん、八木澤の計8名の予定です。
皆さんのご都合より、LiSAミーティングは来週28日木曜日のお昼休みに決定しました!

場所は参加者の棲息地域を鑑みるに、学館が微妙に遠いので(笑)
文1の1Fテーブルスペースがいいんではと思ったのですがどうでしょうか。
他に良さそうな場所をご存じでしたらお知らせください。
なければ一応そこに12:30集合ということでお願いします。

!5/26追記!
事務室の机(顔合わせを行ったところですね)を使わせていただけるようなので、
そちらに12:30集合にします。よろしくお願いします。


今からでも参加したい!って方は遠慮なくご連絡くださいね☆
では、当日お会いできるのを楽しみにしております

インフルで全校休講みたいなことになりませんように…
お仕事させていただいています!
2009年05月21日 (木) | 編集 |
 こんにちは。4月からLiSAに加わりました、グローバル文化学環 4年の柳田 麻衣です。司書のお仕事をさせていただいてから、早くも1ヶ月がたちました。司書の仕事は幅広いなと感じています。
 今まで体験してみたお仕事の中で、好きなのは、ラベル貼りとブッカー付けですね。けれど書架整理も好きですし、全体的に司書のお仕事は好きだと感じています。また、親切、丁寧に教えてくれる職員の皆さん本当に有難うございます。これからも宜しくお願い致します!LiSAの方々とも仕事のこと、それ意外のことでも和気あいあいとおしゃべりがしたいです。柳田を見かけたらぜひ声をかけて下さい。
LiSAミーティング開催のお誘い★
2009年05月21日 (木) | 編集 |
こんにちは!人文4年のやぎさわです。
思わぬかたちで連投になってしまいましたが、こっちは(…)明るい話題ですので。

さて、4期のLiSAさん同士で仲良くなろう!お喋りしよう!という趣旨のもと
�L���L��LiSAミーティング�L���L��
やりたいなと思ってます。
ふだん仕事のときには、同じLiSAさんとお話しする機会があんまりないかと思いますので、
みなさんでお昼を一緒に食べながらお喋りしませんかー?

あと4期目ということもあるので、
そろそろなにかLiSA発の企画があったらいいな、ともこっそり思ってたり。
図書館でこんなことやりたい!LiSAで話し合いたい!というアイデアがあれば、
ぜひお聞かせください^^
もちろんただおしゃべりに混ざりたいってだけでも全然OKです。
気軽に参加してくださいね����

で、日時は今のところ来週中の昼休みを想定してます。
(ただ私は水曜の昼がちょっと無理で、なるべく木・金だと嬉しいです)
参加するよーって人は、この記事にコメントで、上記のようにお名前参加可能な曜日をお知らせください。
まーだいたい8人程度の参加のめどがつきましたら、また詳しく詰めていきますね~



~勝手に追記~
やぎさわさん、記事のアップありがとう!!毎度お世話になっています。
こんにちは、日文4年のたなべです。
今回のLiSAミーティング開催にあたって、みなさんに提案したいことがあるので記事に追記させて頂きます。

キャリアカフェ文庫の目録をLiSAで作ってみませんか?


もう、LiSAの皆様はキャリアカフェ文庫のLiSAセレクションを選びましたでしょうか?
キャリアカフェ文庫は現代GPと附属図書館の協力により設置された独自の文庫なので、資料の選書・管理・利用は2階にあるようなお茶大の蔵書とは別になっています。
(そういう訳で、貸し出し手続きのいらない一夜貸しも可能になっていますし、学内OPACで検索してもヒットしません。)
今現在もキャリアカフェ文庫の蔵書はどんどん増えており、貸出率も上々で喜ばしい状況ですが、そろそろ目録のようなものがあると、利用する側も選書する側も便利ではないだろうか、と思います。

もできTLからは「金銭面は面倒を見るので、作成作業そのものはLiSA業務の一環としてやってもらいたい」「どーーせだから、既存の図書館目録とは違うイメージの面白くてカワイイ目録が欲しい!!」とGOサインを頂いております。
更に、「期限も特に定めないので好きにやっていい」とのことですので、折角の機会です、ミーティングでみんなで考えてみませんか?

とはいえ、かたっくるしい会にするつもりはありません。
和気あいあいとお喋りしつつ、話題の一つに取り上げてもらえればと思って提案してみました。



~さらに追記~
追記できるんですねー知りませんでした、はは。
たなべちゃん提案どうもです。
とりあげたいテーマをこうやって事前に告知しておくと、
参加者が考えておいてくれるかも!
また何かあればここに書き込んでくださいね。

新型インフルエンザの予想外の余波
2009年05月16日 (土) | 編集 |
こんにちは。人文4年のやぎさわです。

ここを見ておいでの大部分の方には直接関係のない事態だと思われますが、
下でTLが記事を書いてくださっているので、書き込みいたします。
以前書いたとおり、大学図書館員をめざしてこのたびの国立大法人採用試験を受験するのです、が。

明日17日の近畿地区国立大学法人等職員採用試験の神戸での試験延期となりました。
なお、ほかの試験区・受験地ではふつうどおり実施されるということです。
詳しくは採用試験のHPでご確認を→http://www.kyoto-u.ac.jp/siken/

まぁ、お茶大生で神戸で受験するっていうのは私くらいじゃないかと思いますが。
世の中何が起こるかほんとわかりませんね。

豚インフルエンザの国内感染が確認されたそうなので、
皆様ほんとうにお気をつけください…
LiSAさん企画展示参加第1号
2009年05月14日 (木) | 編集 |
企画展示副隊長のこうちです。
(と、自分で書いてちょっと恥ずかしいかも…)

現在開催中の第4回企画展示についてはすでにご紹介済みですが、
今日は、LiSAさんの企画展示参加第1号☆をご紹介します。

第4期LiSAで実施したいことの中には、

企画展示への参加

が含まれています。(LiSAのみなさん、覚えていらっしゃるでしょうか?)
これは、第3期までのLiSAさんから、参加してみたいという声があったからなのです。

第4回企画展示では、NDC紹介の展示ケースに並べる図書を選ぶことをお願いしていました。
先日、1番乗りのご連絡がありましたので、ここにご報告します

記念すべき第1号は、田辺さんが選んでくださった

『学校の怪談 : 口承文芸の展開と諸相』

です。
もう展示ケースに並んでいますので、みなさん、ぜひご覧ください。
そして借りて読んでみたいと思った方はぜひカウンターへ。

柳田さんも選んでくださったのですが、貸し出しできない雑誌でしたので、
残念ながら展示ケースには並べられませんでした。
ごめんなさい。次のご連絡をお待ちしています。

図書館で開催する展示に興味を持って、展示を見てくださるだけではなく、
準備に参加してみたいと思っていただけてうれしいです。
やっと第4期LiSAでお手伝いをお願いできました。
締切を決めていない中でもこうして図書を選んでくださってうれしいです。
ありがとうございました。

自分が選んだ図書が展示ケースに並んでいる、
というのはちょっと照れくさい感じもしますが、うれしいものだと思います。
他のLiSAのみなさんも、「これ」という図書があったらお知らせください。
お待ちしています♪

ふぁいとっ!!
2009年05月13日 (水) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ

お茶大図書・情報チームでは、明日「4月の新人さん(つまり、こんどう館長とフレッシュ本多さんの)歓迎パーティー」を開くのですが、(遅すぎない?という声は一切無視(^^))予め、当日実施されるアトラクションが予告されていて、しかも幹事からは「各自、準備しておくように」との連絡がきています。
たとえ宴会といえども、チーム内の情報共有と事前の準備を重視するところが、お茶大図書館の真髄でしょう。

 #そういえば、昔、私の係員時代には
  「宴会も仕切れない人間に仕事ができるかっ!!」が
  合い言葉だったときがあります。
  当時の同僚係員(ちなみに全員女性)は揃いも揃って、
  自分の送別会ですら仕切ってしまうタイプだったことを
  告白しておきましょう。(^^)


で、宴会の話しがしたいのではありません。
本日のタイトルの「ふぁいとっ!!」ですが、
今週末に「国立大学法人等職員統一採用試験」が実施されることを、某LiSAメンバーから伺いしました。
「国立大学法人職員」は、今も今後も決して楽な職種ではないのは確かですが、
受験されるLiSAちゃん、お茶大生のみなさま。
試験、どうぞ頑張ってください。
良い結果がでることをお祈りしています。
1階オープン書庫オープン&書庫1~3入室時間延長!
2009年05月12日 (火) | 編集 |
情報サービス係 えとりです。

昨日の東京は、すっかり夏のような1日でした。
一ヶ月前にはきらきらしたピンクの花を広げていたカウンター後ろの八重桜も青々とした葉を茂らせ、夏への準備はばっちり、といった様子です。

そんな5月の月曜日、「1階オープン書庫」をオープンしました!
名前の通り、開放書庫なので、図書館に入った方はどなたでも入室できます。

1階オープン書庫入口は、2階閲覧スペースの一番奥にあります。

オープン書庫入り口

窓に見えるキャンパスの緑に誘われるように階段を降りると...
そこが1階オープン書庫です。

オープン書庫1


オープン書庫2

この書庫には、主に1975年以前の図書と、地方公共団体が刊行した都道府県市区町村史、合わせて約5万8千冊が入っています。
貸出、複写ももちろんOK!
2階カウンター前の自動貸出機とコピー機をご利用くださいね。

2年前の4月までは図書館事務室だったこの場所。
昨年3月に集密書架が立ち、大学院図書室や学科からの移管図書を運びました。
今年の3月には「Nineteen elephants project」の集大成としてそれらの図書と開架図書を入れ替え、掲示や片付けなどをして書庫内を整備し、昨日のオープンに至りました。

長いようであっという間だった2年間。
LiSAちゃんたちの協力も得て、無事にオープンできました。
ありがとうございます!
(この書庫に関しては、まだ少し入れ替えが残っているので、そちらも今期のお仕事でお願いする予定です)

書庫に関するお知らせをもうひとつ。

雑誌のバックナンバーや大学紀要などが並んでいる書庫1~3も、1階オープン書庫の開放に併せて閉室時間を延長しました。
今までは9:00~16:50でしたが、昨日からは図書館閉館の10分前まで入室できます。

どちらも書庫もどうぞご利用くださいね。