お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
総合展・ポスターセッション
2009年10月31日 (土) | 編集 |
もできりこです。こんばんわ。

はやいもので今年の図書館総合展も、もうすぐです。
今回は、チャレンジブルにもお茶大はポスターセッションに2件出します。

そりゃもぉ・・・お茶大図書・情報チームでは、日々のお仕事の合間に、いつものごとくのみんなで大騒ぎしつつ、鋭意作成中です。<ポスター 

先日は、業務に来ていたLiSAちゃんを捕まえ、
「チェックして、分かりづらいとこ、指摘して!!」とお願いするにいたりました。
その切は、大変ありがとうございました。大変、重要な指摘事項でした。本当に助かりました。

「ポスターセッションの極意」-図書館総合展/学術情報オープンサミット事務局ブログ-
に、「コツ」が書かれていました。なるほどと納得の「コツ」たちです。

当日の在席時間に関しては、スタッフ当番制にしても、なかなか厳しいことになりそうなので、
パッと読んでいただければ、主張したいことは分かっていただけるということを目指したポスターを目指そうと目論んでいます。
初陣!!私ヒョードー、木戸公ご出張をお見送りいたします!
2009年10月31日 (土) | 編集 |
こんにちは、ヒョードーです。

本学に木戸孝允肖像画が寄贈されてから、1年5ヶ月。
歴史資料館で大切に展示されておりましたが、
このたび、博物館関係者の目にとまり、オファーを受けて、
衆議院憲政記念館へめでたく初の出張です!

11月5日~27日に開かれる「激動の明治国家建設」(特別展)で、展示されるのです!!
「維新の三傑」としてご一緒した西郷隆盛どんや大久保利通さんと、久しぶりの再会です。

私ヒョ「殿、出陣でござる。」
孝「うむ。」
いよいよ、社交界デビューだああああっ!

って、シチュエーションいささか変ですが、
マジメな話、木戸孝允肖像の油絵は日本に3点しかなく、
これまで山口県立山口博物館と京都市美術館に所蔵されている2点については広く知られていたものの、本学所蔵の肖像画は本学に寄贈される前は個人所蔵だったので、
まったく世に知られていなかったんですね。
それがこのたび大役の白羽の矢がたったのは、憲政記念館の担当者の方がインターネットで検索して、
本学にこ~んな素晴らしい木戸公がいることを文字通り発見してくださったから、なんです!!!
で、本学の自慢の木戸公、学外での初のお披露目。

それって、それって、うちのデジタルアーカイブズのお手柄かもー!!!!(←さりげなく宣伝)
   
ハロウィンランタン セブン ハロウィンランタン ゼロワン
ということで、それに先立ち、ある晴れた日の午前中、
憲政記念館の担当者さんと、日通の美術梱包専門業者さんが
木戸公をお迎えに見えました。

ケースをはずす
展示されてから1年2ヶ月ぶりに専用ケースから出て、久々に外の空気を吸ってほっと一息。

うつぶせ
と思いきや、すぐにうつぶせにされて、ちょっと苦しい。

梱包1
大事に包んでもらう。

梱包できあがり
旅支度整う。ちょっと暑い。

トラック内
エアーサスペンション付きの専用トラック内に収まる。
ぐるぐる巻きに固定されて、…じゃなくって、シートベルトを締めてもらって、車中の人に(中央奥)。
空気バネと空調設備の整った車内は、振動と温湿度の変化を防ぎ、居住性快適!
(私ヒョードー、こんなリムジン乗ったことないぞ。)

トラック
これがウワサの専用トラックだ!私ヒョードーも運んでもらってみたいものだ。

お見送り
「いってらっしゃ~い!」 門から出ていく木戸公のお車をお見送りして手を振るTLと私ヒョードー。

かぼちゃ おまけ

憲政記念館の担当者の方がですね、特別展開催にあたって事前に開かれる内覧会に
本学の学長先生と、なななななんと!この私ヒョードーあてに、招待状をご用意してくださいました!!
ほら見て、これ見て!ほらほら、これ!!うそじゃないでしょ!!!

招待状

本学でたった2通、学長先生とわわわわ私ヒョードーに!
あああ、学長先生とならんで、いよいよこの私ヒョードーが本学を代表する立場に………

………ボカスカ、ぎゃー!ごめんなさい、うそですー!
         (↑周囲から袋だたきにあった音) 

おーいててて、冗談ですってば、もちろん!(くすん)
まったくもって非常に恐縮です。

私ヒョードーこと、ひょうどうのりかず
(陣中見舞い、行きますぜ。)