お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
LiSAの役割って?(シンポジウムのご報告・発表編)
2013年09月27日 (金) | 編集 |
こんばんは。LiSAのとえだです。
シンポジウムのご報告、今回は私たちの発表についてです...が、
色々と(主にシンポジウムの準備中ほっぽり出していたあれやこれや)が忙しく、
前回の投稿から約2週間あいてしまいました...。申し訳ありません...。


--------------------
私たちは、
セッション1
学生目線でつくる新しい図書館の形
というテーマで発表したのですが、
セッションの説明を見ると、
図書館サービスや業務の改善を学生協働スタッフ自らが
企画して実施する内容の活動が対象」
とあります。


さて、私たちはここでつまずいてしまいました。

私たちは、図書館を改善しているの?

これは重大な問題です。
他の学生協働さんは、当たり前のように図書館の改善の為に
活動しているのかもしれません。

しかし、私たちの普段の業務は、
図書装備・書架整理・図書修理といった
図書館業務です。
そこに創意工夫の余地がないわけではありませんが、
身も蓋もない言い方をしてしまえばルーチンワークというものです。

じゃあ、自主企画は?
※自主企画…自分たちのやりたいことを企画から実行まで全て有志で行う活動
今まで私たちが行った自主企画といえば、
・企画展示
・図書館関係の就職説明
・図書館見学
なんかが真っ先に思い浮かびます。
…これは改善とは言えませんね。
昨年やったキャリアカフェ文庫の改革なんかは改善に近いですが、
まだその効果は確認できていません。
(この作業は、今後のLiSAの自主企画においての課題となりそうです。)
つまり、私たちは、図書館の改善といえる活動をしていないのですが、
これは何故なのでしょうか?
その答えは、LiSAの活動の動機にありました。
多くのLiSAは、
本・図書館が好き!
図書館の裏側を知りたい!
というような理由からLiSAを始めています。
図書館を良くしたい!
と思ってLiSAを始めているわけではありません。
そのため、自主企画は、
自分たちの好奇心を満たすための活動
が多いのです。
図書館の改善のための活動ではありません。
それが悪いというわけではないのですが、
今回のシンポジウムでは、そこが大きな壁となってしまいました。

2人での話し合いで(かなり脱線しつつ)ここで行き詰まった
私たち(おのでらさんととえだ)は、
図書館の職員さんとの話し合いでこの思いを(多少脱線しつつ)正直に報告しました。



すると、職員さんから返ってきたのは、

そんなことはないわよ!

という言葉。

「LiSAの皆さんの存在は、一番身近なお客様であり、共に図書館を
 良くしていってくれるパートナー。
 『思いつきで言ったことが、こんなにすぐに実現するなんて』
 と言ってくれたLiSAちゃんがいましたが、関わってもらえる時間が
 限られているから、できることは迅速に実現したいのです。
 一人一人と向き合いつつ、横の連携と縦の繋がりを大切にしていきたい。
 これ、どこかで聞いたことありません?『時間と空間を超えて』」
「毎期末に提出される業務報告書から改善のヒントをもらったり、
 こんなことを感じていていてくれたのか、と感動して涙ぐんだり、
 たくさん刺激をもらっています」
「LiSAのみなさんとのやりとりを通じて、お茶大生全体への
理解や信頼が深まり、よりよいサービスに繋がっています」
「いつもLiSAの皆さんがキレイに書架整理をしてくれているおかげで、
 見学にいらした学外の方からも書架の本がキレイと褒められます」
「LiSAの皆さんにお仕事の説明をすることで、私たち職員が自分の業務を
 見直すいい機会になっています」
「日常業務をLiSAの皆さんがやってくれることで、私たち職員がほかの
 業務にチャレンジできる余力が生まれています」


これらは全て、職員さんにいただいた言葉です。

簡単にまとめますと、
・人手が必要な通常業務をLiSAがやることで
  基本のサービスが充実する!
・そして、職員さんに余裕ができ、
  発展的なサービスもできるようになる!
・学生と図書館関係者の両方の視点を持ったLiSAだから、
  図書館の改善すべき点を発見できる!
・そして、職員さんとの距離が近いから
  発見した事をすぐに伝え、実現に直結できる!

というようなことです。

これを聞いて、とえだとおのでらさんは本当にビックリしました。
私たち、図書館の役に立っていたのか....!
今回、自分たちについて改めて見つめ直し、疑問を職員さんにぶつけたことで、
初めてそこに気付くことができました。

そう、そもそも私たち(LiSAの全員、というわけではないかもしれませんが)には、
「自分たちが図書館の役に立っている」という自覚が薄かったのです。
結果として」図書館を改善していた、というのは悪い話ではありません。
しかし、それだけでは勿体ない!と思うのも事実。
これからは、
積極的にアプローチして」図書館を改善する!
つまり、図書館の内部に入り込んでいるLiSAという立場を
意識的に活用して図書館をより良くしていきたいのです。
--------------------



ここまでがシンポジウムでスライドショーを作成して発表した内容なのですが、
これを実行するためのもう少し具体的なお話もしたいと思います。
(当日も口頭でお話しましたが...。)

第一歩として、私たちが「LiSAについてもっと知る」必要があります。
自分たちについて見つめなおし、他の人にもLiSAについて知ってもらおう!
という内容の企画展示を11月から予定しています。

そして、この企画展示では、「段取り力をつける」ことを意識して取り組むことを
目標としています。
これもおのでらさんと話していて出たことなのですが、
LiSAには名目上のリーダーがおらず、企画がなかなか進まないことが多いのです。
(リーダーがいないことで、LiSAの1人1人が図書館の中に入り込んで
職員さんと接する事ができているという面があるので、
リーダーがいないことが悪いというわけではないのですが。)
詳しくは、チームリーダーのこちらの記事をご覧ください。

上記のとおり、まずは13期始まってすぐの自主企画である企画展示で、
・LiSAとしての自覚を育て、
・企画力、実行力を高める

ことを目標としていきます。
そこから、図書館への更なる貢献を目指して
LiSAの活動の多様化・活性化を目指していきたいと思います。

と、いうことで!
 そんなLiSAの活動に一緒に取り組んでみませんか?
 ・今までも自主企画に取り組んできた!
 ・LiSAはやっていたけど、自主企画はそんなに参加してなかったかも
 ・今までLiSAはやっていなかった...
 どんな方も大歓迎です!
 ぜひぜひ!お茶大図書館を私たちとより良くしていきましょう!

という宣伝をしつつ久々のブログ投稿とさせていただきます。
長文、失礼いたしました!



[READ MORE...]
オビで本を選んでみませんか?
2013年09月26日 (木) | 編集 |
こんにちは。
少し前まではあつ~い日々が続いていましたが、
気が付くとあっという間に秋の気配ですね

秋と言えば読書の秋
みなさん、本を読んでいますでしょうか!?

…図書館のHPを見に来てくださる方は
本 好 き
なので、きっとたくさん読まれているでしょうね。

でも!
ご自分の研究に関するものが多いですよね!?
たまには、ちょっとそこから離れた読書もいいのでは??

そんなわけでお茶大図書館では、
「オビで本を選んでみよう!」
といった企画展示を開催中です。

tenji25_1_convert_20130926131531.jpg


図書館職員が、
「この本って、どんな内容なの?」
「ちょっと気になる!」
なオビを厳選しました。

※あ、オビって知ってますか?
本に巻かれていて、
キャッチコピーとか、推薦文とかが印刷されていて
本の内容を伝えてくれるものです。
別名「腰巻」などとも言われています。
図書館ではあまり見かけないけれど、
本屋さんではよく目にしますよね。


たまには図書館でも、オビを見て、
インスピレーションで本を選んでみてはいかがでしょうか。

オビを見ての職員の一言もあわせ見て
「そうだよね~!」
「私もそう思う!」
などと共感いただければ幸いです。
(もちろん、
「そんなこと思わな~い」
と思っていただいても構いませんよ。)

さらにさらに、今回の企画展示は
参 加 型
です!!

今回厳選したもののなかには、
皆さんから見ても気になるオビがあるはず。

展示ケース中央にパネルをご用意しましたので、
どの本のオビがおもしろかったか、気になったか、
ぜひシールを貼って教えてください!

企画展示_convert_20130926131622
残念ながら、まだポツポツといったところ。
ちょっとサミシイ状況です…(泣)


開催期間は10月11日までです。
何点でも、何枚でもOK!
あなたの推しオビ、お待ちしております。


入らないでいた資料の配架が終わりました!
2013年09月24日 (火) | 編集 |
こんにちは。

はじめまして、6月より入職しました藤井です。
普段は総務の作業していますが、
午前10:00~11:00の時だけ、
情報サービスのみなさんと一緒に
作業させていただいています。
どうぞよろしくお願いいたします。

先生からたくさんの資料を寄贈していただきましたが、
書架の空きがなく・・・
違う請求記号の空き棚をつめていました。

こんな感じで入りました。
DSC01301_convert_20130920130000.jpg
ご協力ありがとうございました

DSC01304_convert_20130920130201.jpg
本の移動で位置がかわったものがあるので
ちゃんと表示みてね

DSC01305_convert_20130920130353.jpg
ここにたくさんあったブックトラックは
綺麗さっぱりなくなりました
今年最大のピンチと思いきや…
2013年09月24日 (火) | 編集 |
情報基盤係のやなぎだです。

机の上の惨状を見て毎年恒例の大忙しシーズンを実感する今日このごろですが、
今年はさらにお茶大の縁の下の力持ちと言っても過言ではない
ヒョードー係長が三ヶ月の長期研修に行ってしまわれました。

え?すごいピンチじゃないの?と思ったけど、意外にもなんとかなっているのでびっくりしました。
もちろん、ヒョードー係長の代理で来ていただいているうおずみさん(そのうちご挨拶お願いします♪)が頑張ってくださってたり、引き継ぎやフォロー体制が上手く行ってるからこそなんだろうなとは思いますが、
実はなるようになるものって結構あるんだなあ、と思った次第です。

と言うか、かくいう自分もなんかてんてこ舞いで、なんとか作業をこなしてはいたんですが、
なんと忙しすぎてデザインが浮かばない、手癖でやっても全然まとまらないという
いわゆるスランプに陥っていました。
が、〆切を守らないと不都合があるもの(展示系とか)以外のものについては何とか周りに泣きついて少しだけ忙しさを穏和でき、なんとかピンチを脱出できました。
皆様、ありがとうございます。今は嘘みたいに快調です。

そして、少し余裕ができた隙に13期LiSAちゃんの募集準備です。
今回はLiSAちゃんにとっても年齢が近いいそはたさんにイラストを書いてもらいました。
IMG_2693.jpg

いろいろ無理な注文を聞いてくださりありがとうございます;;
デザインするの楽しかったので、この募集が始まったら改めて
今回のいそはたさんとのコラボの話がしたいなあ、と思っています。

LiSAちゃんたちも名札デザインとか感想やご意見があったら参考にしたいので、
ぜひ聞かせてくださると嬉しいです。
[READ MORE...]
絵本の魅力
2013年09月24日 (火) | 編集 |
情報サービス係のみはらです。

9/22、国際こども図書館の”世界をつなぐ子どもの本 ―2012年国際アンデルセン賞・IBBYオナーリスト受賞図書展”を見に行ってきました。
(井上さま、お知らせくださりありがとうございました。)

どんなふうに展示されているのか、案内文やポップは...に注目しつつ。
絵本はコの字に配置、こどもが手に取りやすい低めの位置に。そばにはスタンド式のかわいい各国の国旗が。
壁には世界地図、該当の絵本がどこの国のものかわかるよう地図に色があり、絵本を手に取るとその下に紹介文が見えるように置いてありました。

スロバキアの”夕ごはんまでの五分間”という絵本が、ほっこり和めるおはなしで私は魅かれました。
ママの夕ごはんのこしらえによっては、その五分間は伸び縮みする...というような女の子のことばについ、そうそう、と共感しました。伝えるものをしっかり持っている絵本は、おとなにとっても
読みごたえのある本なのかな..と感じました。


”日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み”の展示会も別室にあり、懐かしの
”いやいやえん”や、那須正幹さん特集〈ズッコケ三人組〉シリーズがありました。
たのしい本の世界にこども時代に戻ったような気持ちになりました。
ドキドキの対面☆
2013年09月19日 (木) | 編集 |
こんにちは。
情報サービス係のきたのです。

昨日のニャンコ先生です
DSC01300_convert_20130920095255.jpg
風が涼しくなってきて、ニャンコ先生も過ごしやすそうです。
ですが…
実は、図書館玄関の自動ドアの目の前なんです
DSC01299_convert_20130919120208.jpg
このようにお昼にしっかり寝てたので、
ニャンコ先生も満月の中秋の名月しっかり鑑賞できたことでしょう

9/11に生まれたばかりの赤ちゃんに会いに、
図書館スタッフの有志で病院へ向かいました!
無事出産されたお母さんは、情報サービス係のとよださんです
産休に入られるまで、大きいお腹でもカウンターでお仕事してくださっていたので
心配してくださっていた方も多いかと思いますが、
母子ともに元気です!とのことでした。
そして、実際にお会いして元気&キラキラされていて
こちらまで幸せオーラに包まれました☆
IMG_20130919_090026_convert_20130920150919-2.jpg

赤ちゃんは、私達の話し声をきにせず
すやすやと可愛い寝顔を見せてくれました
男の子なのですが、
たまに伸びをしたり目を開いたりしてくれて
我々を虜にしていました☆
素敵男子になること間違いなしですね

IMG_20130919_090101_convert_20130920151359-3.jpg
カメラマン:チームリーダー

とよださん、また写真送ってくださいね
みちや君、すくすく元気に育ってね
シンポジウムのご報告(とえだ編その2)
2013年09月13日 (金) | 編集 |
こんにちは。LiSAのとえだです。
水曜日の午後もやはり会議(丁度今更新された記事です)
に聞き耳を立てながら作業を進めていました。
ついに、ポスターのまとめ作業も終わり、
無事島根大学さんに提出することができました。
これで、シンポジウム関係の作業は大体終わりました。
後は記録を残すこと...!
ということで、ご報告その2です。
「お茶大のラーニングコモンズ」以外の話題です。

*「人を惹きつける図書館」とは?*
前のブログでおのでらさんが書いていましたし、
それに対して同意のコメントをされていた方も
何人かいらっしゃいましたが、同じ考えを、
私もワールドカフェで知りました。
それが、
「人が人を惹きつける」
というもの。
図書館はあくまでハードウェアであり、
その中で活動するソフトウェアである人間が重要である。
図書館ではたらく人が魅力的であれば、図書館に訪れた人がまた訪れてくれる。
訪れている人が魅力的であれば、他の人も来てくれる。
逆に、どんなに整備されたきれいな建物でも、
そこにいる人が好きになれなかったら訪れる気にはならない。
確かに、その通りだと思います。
これが「人を惹きつける図書館」に対する解答の一つなのでしょう。
しかし、私個人としては、それだけでは納得できない部分も残っています。
図書館で一番私のテンションをあげるものは今も昔も「本がずらっと並ぶあの光景と、そこに漂う匂い」です
その思いはまとまったものではなく、今上手に説明することはできませんので、
これからのLiSAの活動やその他の活動でまとめていきたいです。

*私って図書館好きなんだ!*
2日間、
色々な団体の発表を聞き、
色々な方(学生、職員、教員と本当に様々な方と!)とお話し、
図書館を見学し、
自分が、自分が思っていた以上に図書館が好きなのだということを
発見しました。
もちろん私がLiSAを始めた大きな理由は図書館や本が好き、
というものなので、わかっていたことではあるのですが、
他の人の図書館についての話を私がこんなに真剣に聞けるということも、
自分が図書館についてこんなに話すことがあったということも、
今まで知りませんでした。
だからこそあの2日間は本当に楽しくて、
ぜひとも来年も参加したい!
むしろ関東でこんなシンポジウムを開催したい!
と思っています。
きっと、私以外にも似たことを感じた人はいると思うので、
その発見をたくさんの人に広めていきたいものです。

*こんなことやってみませんか*
ここまでは自分の思ったことが主だったのですが、
後の2つは、LiSAとして、実際の活動につながる話をします。
まず、他の学生協働さんの活動を聞いて、
「LiSAでもやってみたい!」と思ったことの中で、
比較的実現できそうなものです。
1.オープンキャンパスでの図書館ツアー
 せっかくオープンキャンパスで図書館を解放しているのだから、
 職員さんだけでなく、学生からも図書館を紹介したらよいのでは?
2.豆本作り
 図書修理を行っている団体さんの中に、本の構造を知るために
 自分で実際に豆本を作っているところがありました。
 本の構造って(少なくとも私は)あまり知らないので、
 同じく図書修理を行うLiSAでも行ったら得る物は大きいのでは?
とりあえずはこの2つです。
他にもあるのですが、
・「他の学生のために行う」活動から1つ(正確には未来の学生、ですが)
・「自分たちの活動をよくするため/自分の好奇心を満たすため」の活動から1つ
挙げてみました。
(この分類の仕方は、私たちの発表からきているのですが、そのあたりはまた後日...)

*これからシンポジウムに参加する人たちへ*
今回のシンポジウムで得ることのできた物は大きく、
心の底から「参加してよかった!」と思っているのですが、
反省点も多々あります。
特に思ったことは、
「もっと勉強しておけばよかった!」
ということです。
図書館についても、お茶大(の図書館)についてもです。
自分の知識(とコミュニケーション能力)が不足しているので、
思っていることを上手く表現できない、と感じるシーンが何度かありました。
今回は色々と忙しく、発表とポスターの準備で手一杯だったので
仕方のない部分もあるのですが、それにしても自分の知識が
お粗末なものでした。
もっと勉強したいと切実に感じました。
とりあえず、これからLiSAとしてこのようなイベントに参加する機会が
(自分自身でも、自分以外の人でも)あったら、
お茶大の図書館の案内だけは絶対に持っていくべきでしょう。

とりあえず、こんなところです。
次回は、私たちの発表について、その内容と
その裏話を報告できたらと思います。
ウチの総務係さん自慢(情報リテラシーを考え直す会の裏舞台)
2013年09月13日 (金) | 編集 |
このあいだ、前々チームリーダーのもできさんが、Facebookでこのようにコメントされていました。

総務係さんが常に充実感と一体感を醸し出されている図書館は健全だと思います。判断材料のひとつです」
これって至言ではないでしょうか?

今回も、会議に集まってこられる方々のために、机の配置だったり、カンバンの設置だったり(設置場所によってちゃんと矢印の向きと形が工夫されているところが芸が細かい!)、はてはお茶菓子のサーブまで。総務係さんには大活躍いただいたのです。これぞ、ホスピタリティ♪

リテラシー検討会_カンバン

リテラシー検討会_ソムリエ


総務係さんは、こうした縁の下の力持ちというだけではなく、図書館の中で庶務や人事や会計を担当してくれているし、学内のスペシャリストの方々との繋ぎ役という、HUB的なすごく大切な役割を担ってくださっているんです。

もちろん、会議の準備のような力仕事は、総務係さんだけではなく、館内のほかの係のみんなも率先して手伝ってくれます。そこにも健全さのバロメータがあるんじゃないかなと思います。

ともあれ、みなさま、ありがとうございました!


情報リテラシーを考え直す会
2013年09月13日 (金) | 編集 |
2013年9月11日、お茶大図書館を会場として、国立大学図書館協会 教育学習支援検討特別委員会の情報リテラシー教育検討小委員会、キックオフミーティングが開催されました。

リテラシー検討会


#ふぅ。国大図協とか審議会がらみではいつも思うんですが、この漢字が10個も20個も並ぶの、何とかならないかしらん?


全国の大学から、情報リテラシーにはこだわりがあるという部長課長係長係員さん、そして専門の先生が集まって、今後のことを話し合いました。

イマドキの情報リテラシースタンダードを作ること。それをローカライズして使ってもらうことにはとても意味がありそう
みんなの悩みは少しずつフォーカスが違いながらも、かなりの部分共通しているよね(頑張ってるんだけど「もやもや感」が拭えない)
ローカライズのモデルも併せて示せると、使ってもらいやすそう
スタンダードはきちんと大学教育の見取り図の中に位置づける働きかけをしないと、本当の意味では機能しないよね

ということなどなど、今後に向けての共通理解が得られたかなと思います。

ワーキンググループは、明確な目標設定とメンバーのモチベーションが一番大事なのは言うまでもありませんが、事務局的な立場の方々や、外部有識者の方々の存在がすごく大事です。
なぜなら、議論の材料がいかに準備されているかで、密度の濃い議論ができるかどうかがかなり違ってくるからです。
それから、事務局からの宿題。会って話せばいくらでも楽しく話ができるんですが、形にするためには孤独な作業も必要。事務局さんから厳しくタスクとリミットが示されることによって、メンバーはシャキっとするものですね。
その点、このグループはすごく恵まれていると思います。^^
これから形にしていく作業、一緒に楽しみながらやっていきたいです。

さてさて、お茶大の情報リテラシーも、この秋リニューアルする予定なんですよ。
その目玉の一つが、博士論文提出予定者への著作権ガイダンス」(9月18日(水)15:00-16:30)の実施です。

これまで「図書館を知ってもらいたい」「図書館を使いこなしてもらいたい」というところに目標設定があったのですが、もっともっと利用者の皆さんのニーズ・シーズに沿った取組みができないか、ということで新しい方向性を模索していきますので、ご期待ください!


お茶大新図書館構想WGとは!?
2013年09月10日 (火) | 編集 |
新図書館構想WGキックオフミーティング ブレスト中


こんにちは、チームリーダーの森です。
今日は、新図書館構想WGの第2回目でした。

新図書館構想WGとはいったい何か?! ということを、今回はご紹介します。

お茶大図書館は、これまで今ある建物を最大限活用し、壁を取り払ってラーニング・コモンズやキャリアカフェといった学習空間を作り出してきました。

また、学生用の図書や、研究用の電子ジャーナルなどのコンテンツ拡充にも努めてきました。

そして、そこを利用する学生さんをサポートしてくれる院生さん(ラーニング・アドバイザー)、図書館を一緒に良くして行ってくれるLiSAの学部学生の皆さんがいてくれて、空間やコンテンツが生かされてきました。

これらの活動は、LiSAブログの過去の記事を見ていただくと、すごくリアルに記録されていて、今の私達を勇気付けてくれます。

この、学習空間、コンテンツ、人的支援 という三つの要素は、8月に出た学習環境充実のための学術情報基盤の整備について(審議まとめ)にも言及されている、これからの大学図書館を考える上での重要なキーワードなんです。

我らが新図書館構想WGは、お茶大図書館を更にバージョンアップするべく、2013年6月に発足し、「蔵書」「空間」「人材」という3つのサブグループを立てて、今鋭意活動しているところです。

メンバーは、教員と職員が半々。そして今日は、とえださんにもスポットで参加していただき、先日の学生協働シンポの報告をしていただきました。

学生と教員と職員が、同じテーブルについてざっくばらんな意見交換ができるって、なかなかいいなー、こういう機会を増やしたいなーと思いました。

もちろん、この三つの要素の裏側には、財源の問題や場所の問題などなど、難しい課題が山積しているのですが、それはそれとして、まずは「理想」を形にすることが大切だと思っています。

未来の図書館創り。LiSAの皆さんに参画していただく機会も設けたいと思っているので、楽しみにしていてくださいね。

補足:写真は、キックオフミーティングのときのブレストの様子です。みんなでアイデアを出し合っています。



シンポジウムのご報告(とえだ編その1)
2013年09月10日 (火) | 編集 |
こんばんは。LiSAのとえだです。

チームリーダーの記事にもありましたが、昨日(もう昨日となってしまいました...)の午後、
新図書館構想WGに少し参加させていただきました。
私のような若輩者がお邪魔してしまい申し訳ありませんでしたが、
私が思っていること/シンポジウムを通して思うようになったことを
お話することができ、とても楽しかったです。ありがとうございました。
(自己満足に終わっていなければいいのですが...。)
それ以外の時間は、近くで行われている新図書館構想WGに聞き耳を立てながら
作成したポスターを修正&統合しつつ、pdfを作成していました。
今日も作成することでしょう。
メモリが足りない...!進まない...!



さてさて、今日のお話から始めてしまいましたが、
そして私用によりブログ投稿が遅れてしまい申し訳ありませんが、
シンポジウムの報告(とえだ編)を始めさせていただきます。
シンポジウムの流れについてはおのでらさんが書いてくださったので、
私は自分の思ったことについて書かせていただきます。

2日間のシンポジウムを通して、
「お茶大図書館/LiSAでもこんな企画やってみたい!」
「こんな考えもあるのか!」

等々、たくさんの発見と次へのアイディアをもらうことができたのですが、中でも
「お茶大図書館って○○なんだ!」
という発見がたくさんあったことが印象的です。
他の事例について知ることで、自分のところについて深く知ることができる
よくある話ですが、こんなにも強くそれを感じたのは初めてでした。
特に、ラーニングコモンズに関して、それを強く感じました。
WGでもお話させていただいたのですが、特にLiSAの方々にも知っていただきたいと思うので、
「そんなこと知ってる!」と思われる方には申し訳ありませんが、
ちょっと詳しく記事を残すことにします。
結構長くなってしまったため、追記にたたんでおきます。
そして、ラーニングコモンズ以外についての感想はまた別に記事を作ることにします。
セッション1の発表が当日を迎えるまで、についても記事を作りたいです。
(と公開することで、自分を追い込むことにします。)

[READ MORE...]
島根旅行ニッキ
2013年09月09日 (月) | 編集 |
LiSAのおのでらです。
怒涛の三連投。

こちらはおまけのようで、実は大事かもしれない島根旅行記です。

せっかく島根に行かせていただいたので、もう一泊して観光してきてしまいました。

土曜日は朝から出雲大社とその周辺に行ってきました。
旧大社駅まで行き、そこから稲佐の浜まで歩き、展望台にのぼり、出雲阿国のお墓に向かい、出雲大社、お隣の博物館にも行き…。
朝から歩き回って観光もしっかり満喫しました。



そちらももちろん楽しかったのですが、特記したいのはシンポジウム終了直後に観光した揖屋(いや)での出来事。

松江市内の観光とも迷ったのですが、どうしても黄泉の国の入り口(黄泉比良坂)に行きたくて電車で二駅の揖屋まで移動。

そこで出会った人たちの温かさににとっても感動したのです。

目的地のパンフレットをもらいに行ったところ道順を優しく説明してくださり、しかも荷物まで預かってくださった道の駅の方、
すれ違いに「こんにちは」と声をかけてくださった町の方、
地図を見ながらふらふら歩いていた私に「どこ行きたいの?」と道を案内して下さった工事中のおじさま、
優しくお話してくださった神社の方、
帰りに乗る電車を教えてくださった駅の方…

ここ、もう一回来たいな、と思いました。

電車も一時間に一本というところでしたが、
出会った人たちの温かさでもう一度来たい、と思ったのです。

そして、図書館もこれかもしれない!と、その日の午前中出なかった答えが、自分なりの答えがみつかった気がしました。

人を惹きつける図書館、それは結局人なのかもしれない、ということです。

人を惹きつけたその先までは今の私には見えませんが、
もう一度来たいと思わせるのは、素敵なイベントや居心地のいい空間だけではなく、
そこにいる人なのだと思います。

どんな素敵な場所も、いい出会いがなければ「もう一度」とは思えないような気がします。
いらっしゃる人へのおもてなしの心。
当たり前なのかもしれないけれど、当たり前のことって意識しないとついつい存在感が薄くなってしまうと思います。
だから、私は人を惹きつけるために自分がおもてなしの心をもつ、
ということを図書館カフェのテーマの自分の答えにしようと思いました。


そんなちょっとした気付きも得ることができた島根旅行でした。


以上3つの記事で私のこのたびのシンポジウムの記録を終わりにしたいと思います。

とっても楽しくて、とっても有意義な時間をありがとうございました。



シンポジウムの記録2日目
2013年09月09日 (月) | 編集 |
LiSAのおのでらです。
2日目の報告いきます♪

*セッション4:図書館カフェ*
ワールドカフェ形式での話し合い、少人数で
「人を惹きつける図書館をつくるためにあなたは何をしますか?」
というテーマで話し合いました。

イベントの計画や居心地の良い空間をつくる、などなど色々な案が出てきてとても興味深く面白い話し合いができました。

印象的だったのが「人を惹きつけたその先になにがあるのか」という話でした。

惹きつけてどういう図書館にしたいのか、
どこで人を惹きつけていると判断出来るのか、
…難しい問いでした。

今LiSAも学内で「LiSAをもっと知ってもらう(自分たちがLiSAを理解するということも含む)」ということで企画を進めていますが、
その先にどうしたいのか、ということも少しずつ考えながら企画をすすめてみるのも必要かもしれない、と感じました。

また色々考える機会をいただきとっても貴重でした。
テーブルホストだから話をしきる、なんて、全然うまく出来なかったのですが、
一緒のテーブルで一緒にお話しさせていただいたみなさま、どうもありがとうございました。


…こんな感じの二日間。

最初にこのシンポジウムのお話を森チームリーダーからいただいたとき、
「自分が行きたい!」という気持ちと
「後輩に行ってもらって将来にきちんとつなげてもらいたい!」
という両方の気持ちがありました。
結果的に若い2年生と一緒に出席することができ、とっても嬉しく思いました。

出席したものとして、これからのLiSAとお茶大図書館にきちんと還元していけたら、と思います。





13期も継続させていただくつもりなので、あと半年のLiSAでの活動。
あと半年で自分がやらなきゃいけないことはLiSAに自分がやってきたことを全部置いていくことだと思っています。

もしかしたら私が残していこうとしなくても、優秀な後輩のみなさんはもう色々活動していく中、自分自身で体得しているのかもしれません。
私自身もあこがれの先輩の背中をみて「こうなりたい」と思いながらずっと活動を続けてきました。
4年になってから、私は業務をするときあまり誰も着ない緑のエプロンをつけています。
それも、昨年卒業して、今は大学図書館でお仕事なさっているあのあこがれの先輩のように自分もなりたい、
そう思って、その先輩がよく着ていたエプロンなので着ています。

それぞれそういう目標を持っている人もいるでしょうし、自分で目標をさだめて活動している人もいると思うので、余計なおせっかいなのかな…という気もしますが。

しかし!
自分たちのすぐ下の代が自分たちがやってきたことに興味をもって、それを続けたいと考えるかどうかは分からない。
もしかしたら何年も後になって、今私達がやっていることからヒントを得て何か新しい活動をしよう、と思う人たちもいるかもしれない。

将来を広げられる可能性を残すために、過去の記録は残すべきものだと思います。
それが参考になったり、反面教師になったりしてくれるはず。

だから自分が迷って悩んだこの4年間(←まだ経っていませんが)をありのまま残していきたいと思います。

以上2日間の記録でした。
お茶大職員のみなさま、
主催大学のみなさま、
そして今度のシンポジウムでめぐりあった全ての方に感謝しています。
ありがとうございました!!
(まだ記録はちょっと続きます)


*追記*
すっかり書き忘れていた大事なこと

*島根県立大学 おはなしレストランライブラリー見学*
素敵な空間でした。
読み聞かせをしていただいた、島根県立大学のみなさまありがとうございました。
おはなしレストランライブラリーの名前の由来も、前日の交流会で教えていただいていたので、
読み聞かせを聞いた時、みなさまの想いがより一層伝わって、
空間のあたたかさに感動しておりました。

附属図書館も見せていただき、図書の展示の仕方もとっても参考になりました。



ふー危ない、追記終了。
シンポジウムのご報告
2013年09月09日 (月) | 編集 |
LiSAのおのでらです。
無事に土曜日、東京に帰ってきました。


初飛行機の感想:雲の上は晴れている!
…当たり前なんでしょうが、行きも帰りも地上は雨が降っていて、だから雲の上の明るさにちょっと感動していました。
それにしても人生二度目の飛行機で一人とは…。私の飛行機人生のジャンプアップの仕方が急激すぎて自分がついていけていないですね。

それでは、二日間のシンポジウムの報告をします♪

●1日目●
*セッション1:スライド発表*
不思議なほど緊張しませんでした。
むしろ飛行機乗るときの方が緊張してました。(本当です)

練習のときにたくさんの職員さんに聞いていただけたからだと思います!
大きな失敗もせず、本当によかったです…。

実は私そんなに練習していかなかったんです。
なんとなく言うことをざっくりまとめて、その場で言葉を選んで言ってました。
(言うこときちんと書いて、しっかりまとめてくると私はしゃべれなくなってしまうのです。真逆の私ととえださん。)

そのため、前日のリハーサルで言っていなかったことを本番でバンバン言っていた気がします。ごめんなさいね、とえださん。
「そんなこと昨日言ってなかっただろ!」とか思っていたらごめんなさい。

そんなこんなの発表でしたが、思っていることは一生懸命伝えられた気がします。



そして、他の大学の発表を聞いて思ったこと(セッション3のスライド発表も含む)。
これからのLiSAではこういう「学生さんのため」と思って行う企画もやっていきたいな、ということです。
交流会でとある大学の職員さんとお話させていただいた中であったのですが、
やはり他の大学の学生さんたちは、学生さんのために図書館をよくしよう!という立場で、普段から学生さんのそばで活動をなさっているから、そういった企画がたくさん生まれるのでしょう。

普段のお仕事であまり学生さんと関わることのない私たちだから、わりと今までは内向き志向の企画が多くなっていたのでしょう。

どちらがよくてどちらが悪いということはないと思います。
それぞれの形態がありますからね。

でも、そんな自分達の形態を見極められたところで一歩新しいところへ踏み出してみるのもよいかな、と思いました。
LiSAのみなさま、まずはキャリアカフェ文庫の経過をきちんと検証してみるところから始めてみませんか?
そして学生のために自分たちができることも少しずつ始めてみましょう!


*セッション2:ポスター発表*
質問していただいたみなさま、ありがとうございました!
スライド発表ではLiSAの普段の活動についてあまり詳しくお話しできなかったので、本当にわずかではありますが、仕事について紹介できてよかったです。
「参考になりました。」と言ってくださる方もいて、とっても嬉しくなりました。


今ごろは島根大学にまだ飾られているのですね。
とえださんの力作で本当に素晴らしいポスターになりました!(スライドと同様、横からあれこれ言っていただけの私…)

そして今ごろUSBからモザイク加工したポスター写真が見つかったので、あげておきます。
これ↓
ポスター 縮小


モザイクかけすぎてなんだかよくわからないですね。
モザイクだからそれでよいのでしょうか。
きちんとした写真もあるので、それもアップします(もう発表終わった後だし、いいですよね…)

ということでそれがこれ↓
posuta-_convert_20130909124707.jpg


私もこんな風にPCが華麗に使いこなせるように頑張ります。(人並みには使えますが、人並みにしか使えないのです。)



*島根大学附属図書館見学*
とってもキレイな図書館でした。
吹きぬけの解放感と展示室の存在がとっても印象的でした。
そして案内の中で大型本の別置が学生さんには分かりにくいらしい、というお話を聞いて、
「どこに何が置いてあるのか、分かりやすくすることも大事なお仕事だな」と思いました。
(私自身も一般図書にある文庫をみて、「これは文庫コーナーになくていい本なんだっけ…」とOPAC調べた事もありました。)


*交流会*
色んな学生さんや職員の方とお話できてとても楽しかったです。
図書館に思いをもっている人がこれだけいて、これだけの人が情熱をもって図書館に向き合っていて、
そして同じような人はきっとまだまだたくさんいて…
そんなことを考えていたら、自分がこの世界の隅っこで活動していることが改めて誇らしく、ちょっと嬉しく、
そしてより一層頑張ろうと思うことができました。
素敵な時間を本当にありがとうございます。
(おしゃべりしつつお寿司がおいしくてパクパク食べていた私)


…長いですね。2日目はまた別の記事にいたしましょう。

シンポジウム無事終了との連絡アリ
2013年09月06日 (金) | 編集 |
こんにちは。チームリーダーの森です。

さきほど、いのうえさんから「シンポジウム無事に終わりました」との連絡を
いただきました。

おのでらさん、とえださん、ほんとうにお疲れ様でした。
いのうえさん、2人のサポート役を果たしていただき、ありがとうございました。

何よりも、電話口の声がとても明るくて、やりきった感が伝わってきました
LiSAの皆さん、スタッフの皆さんへのご報告を楽しみにしています。

無事に帰ってくるまでが遠足ですから。 気をつけて帰ってきてくださいね。
第三回学生協働交流シンポジウム 1日目
2013年09月05日 (木) | 編集 |
こんばんは。LiSAのとえだです。

さてさて、今日は学生協働シンポジウムの1日目でした!
私たちの発表は1日目、ポスターセッションも1日目。
つまり、私たちの大きな出番は、2つとも今日だったのです。

発表やポスターの内容など詳しくはシンポジウムが終わってから報告することにしますが、
(現在、ホテルのパソコンで「キーボードもマウスも無線だ!すごい!」と一人で興奮しながらこの記事を書いています)
今日はとりあえず、「無事発表もポスターセッションも終わりました!」という報告と、
今書かないと忘れてしまいそうな思ったこと・感じたことだけ記録をしておきます。
あ、無事終わった、と書きましたが、もちろんうまくいかなかった...という後悔と反省もあります。
一番の反省である、発表でおかめちゃんについて述べ忘れた、という点についてはtwitterで補完しました。
そのあたりも追々記録しますが、
自分のとても低い能力値やその他もろもろを考慮すれば悪くはなかったかな?
と思える程度の出来だったように思えるので、とりあえずは引きずらずに明日に臨むこととします。
大きな出番は今日、といいましたが、実はおのでらさんと私には、
明日のワールドカフェでテーブルホストという役割が与えられるようですので、
お茶大の名前を背負っていることを忘れず、気を引き締めて、明日もがんばります!

そうそう、大事なことを忘れていました。
昨日(今日)のブログでおのでらさんも書いていましたが、
私たちが(一応)無事に発表とポスターセッションを終えることができたのは、
お茶大図書館の職員の皆様のおかげです。
アドバイス、ご指導、励ましの言葉...
すべてが私たちの力になりました。本当に、本当にありがとうございます!(まだ過去形にはしません!)







追記にて、今日の感想をガガっと書きなぐります。
[READ MORE...]
つなぐこと 伝えること
2013年09月05日 (木) | 編集 |
こんにちは。
情報サービス係 えとりです。

おのでらさん、とえださん、発表おつかれさまでした!
レポート楽しみにしています~

昨日は、おふたりの練習を見せていただたり、
学外からのお客さまとお話ししたり、外語大図書館におじゃましてお話しを
伺ったりする中で、たくさんの気づきがありました。
まだ頭の中がぐるぐるしてます。

LiSAブログの中でも、次世代に活動をつなぐために記録が大事だよね、
という話が出ていましたが、今やっていることや思いを繋ぐためには
いろんな形があるんだなと思いました。

繋ぐ相手が誰だかはっきり分かっていて、その人に繋げるために記録を残す、とか、
誰か分からないけれど、受け取ってくれる人に繋いでほしいなと思ってメッセージを残す、とか、
あえて記録は残さないとか。
言葉は無くても、その人の姿勢から伝わってくるものあるし。(そうすると受け手の問題になるかも?)

いろいろ書きましたが、おのでらさんととえださんのLiSAへの思いは昨日の発表練習で
とっても伝わりました。今現在のスタッフだけではなく、これまでLiSAに関わってきたみんなの思いも
しっかり受けとめてくれているんだなと思って嬉しくなりました。

ぜひ他のLiSAちゃんたちにも聞いてもらいましょうね(^^)

20130904.jpg
ぐるぐる考え中のライブラリアンたち@外語大図書館事務室


いよいよ明日(というか今日)
2013年09月05日 (木) | 編集 |
こんばんは。
毎度毎度深夜に登場のLiSAおのでらです。



いよいよ明日は島根に旅立ち、シンポジウムにいざ出席。



本当はもっと早い時間にすべての支度を済ませ、
万全の状態で今日のブログを書いているはずでした。

ですが…


USBを一本データ破損、一本物理的に破損(データはまだよめる!!)
帰り道でサンダルが壊れて、大変な思いをして帰る、
そのせいで蚊に10か所ほど刺される


と、こうなってもう気持ちが下向きすぎてどうにもこうにも準備がはかどらず、
結果この時間となりました。
(おうちのPC使ってもやっぱりだめでした…。ヒョードさん、本当にありがとうございました…m(_ _)m)




なので、詳細な報告は後日当日の報告も含めて記入します。

(せっかくやなぎださんに教えていただいて、ポスターのモザイク写真も作ったのに、なぜかUSBに入ってないし…)



☆お礼☆
職員のみなさま

本当にお忙しい中発表の準備や、ポスター製作に協力していただきありがとうございます。
チームリーダーをはじめ、同行してくださるいのうえさん、ポスターの恩人やなぎださん、
えとりさん、ひろたさん、はやしさん、お世話になりました。

そして、今日「明日がんばってくださいね」と声をかけてくださったみなさま、
発表練習を聞いてくださったみなさま、
本当にありがとうございます。

あまりお話したことない職員さんにも声をかけていただき、
私はとっても舞い上がってました。

一生懸命やってきます!!



それではもう寝ます。
明日無事にたどり着いて発表できますように…♪
(人生初飛行機で、のれるのかどうか不安になっているおのでらです。)

筑波大学から「ラーニングコモンズの質的調査」
2013年09月03日 (火) | 編集 |
こんにちは。チームリーダーの森いづみです。

今日の午前中は、筑波大学から、前職(NII)でとってもお世話になったI先生と、院生さん、学生さんが4人でお茶大にいらっしゃいました。
修論の調査の一環で、「ラーニングコモンズ」の設置から数年たった大学への質的調査ということで、インタビューを受けました。

今の職場に来て5ヶ月。
今、お茶大が注目されているのは、図書館長の先生、前々任のもできさん、前任のえがわさん、スタッフやLiSAの皆さんがゼロから始めてやり遂げられてきたことに対してです。それを引き継いで、今の私に何ができるのか。
変わりゆく環境の中で、お茶大図書館の次のステージを、みんなと一緒に作って行きたい。 そんな風に、改めて気持ちを新たにした2時間でした。インタビューに来られた皆さま、ありがとうございました。

難しいこともいっぱいしゃべった気がしますが、基本は利用者である学生さん、先生方の「ハッピー」をめざすこと。そしてそこに、やりがいと成長感があること。追求すべきはそれだけなんですよね。

ブログを読んだり、普段のみなさんとの会話の中から、やりがいやワクワク感を感じることが、私のハッピーです。

ジェンダー書架に見出しをつけました
2013年09月02日 (月) | 編集 |
情報サービスの三原です。

ジェンダー書架側面に見出しをつけました。

この件は、平成25年度「学生懇談会」開催に当たり、事前に寄せられた要望の
一つを受けて、対応したものです。
(それは、”ジェンダー研究センターの蔵書・ナンバリングがわかりやすくなるよう、
本棚横に書誌分類を書いて下さい”
というものでした。)

そこで写真のように、資料を探しやすくするために分類番号を記載した表示を
つけました。
DSC01182_convert_20130903115627.jpg DSC01184-2_convert_20130903115744.jpg

Lisaちゃんも、分類番号のチェックと用紙差込などを一緒に進めてくださいました。

私はこちらに入職して1か月ですが、お茶大の図書館のみなさんがどんどんいろんな
企画をグループで進めておられるのに 刺激を受けっぱなしの日々です。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。