お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「世界の子どもの本」ありがとうございました!
2014年03月28日 (金) | 編集 |
こんにちは。LiSA2年のきたむらです。

およそ3週間にわたる
企画展示「世界の子どもの本~ようこそお茶大へ~」
無事に展示終了しましたことをお知らせします。

今日片づけを行い、すっかり元通りです。
少しさみしい気もしますが、たくさんの方に楽しんでいただけていたら幸いです。

13959298956210.jpg

展示を見にお越しくださいました皆様、
展示にあたりご協力いただきました皆様、
本当にありがとうございました!



そして嬉しいニュースをひとつ。
24日に、作家・上橋菜穂子さんが国際アンデルセン賞、作家賞を受賞されました!
日本人では1994年のまど・みちおさん以来2人目の快挙となります。
この時期になんて素敵なニュース…!

メールサービス切り替え説明会
2014年03月27日 (木) | 編集 |
こんにちは。チームリーダーの森です。

この年度末に、お茶大はメールサービスが自前サーバから外部のクラウドに切り替わることになりました。

情報基盤センターのほうで、重要事項をまとめたチラシと詳細なマニュアルは用意してくださったのですが、やはりちょっと不安があるということで、急遽、情報基盤係のヒョードー係長を講師として、事務職員向け説明会を実施いたしました。

場所は、図書館のキャリアカフェ♪
普段、職員の皆さんは図書館に来てくれることが少ないですし、ましてやキャリアカフェのイベントに参加するなんてこともないので、図書館の良いところを見てもらおうと、ちょっと張り切って飾り付け。

Mail-setsumeikai20140327-2.jpg Mail-setsumeikai20140327-1.jpg

ヒョード-係長のスライドとホワイトボードの図を駆使した、わかりやすく軽妙なプレゼンテーションで場も和み、参加者も20名となかなかの盛況でした。

補助テキストは、サイトに追加で揚げてもらいました。これでスムーズに切り替え作業がしてもらえるといいですね。

来年度は、更に職員さん向けのセミナーをキャリアカフェで実施することを、妄想中です。
お茶大図書館の大切な仲間たちの門出
2014年03月25日 (火) | 編集 |
こんにちは、チームリーダーの森です。

3月は別れの季節・・・今年も、お茶大図書館の大切な仲間たちから、3名が新天地に向けて旅立ちました。
少し前に3人の門出を祝う会を催していただきました。
それから、ひろたさん、うえむらさんが旅立って、今日、きたのさんが旅立ちました。

★うえむらさん★
 目録のエキスパート。図書の分類など「とにかく仕事が速い!」と、たかはし係長のお墨付きです。
 プロジェクトグループでは、館内マナーと英文利用案内作成に参加していただきました。
 新しい職場でも、目録を担当されると聞いています。
 持ち前の向上心を発揮して、更に・更にご活躍くださいね!

uemurasan-2.jpg uemura-san.jpg

★きたのさん★
 サービスのエキスパート。図書館のカウンターでも、事務室でも、愛子スマイルでいつも場を和やかにしてくれました。
 「繋げる・繋がるお仕事」という目標持って、仕事のマニュアルや動画などを残してくださいました。
 プロジェクトグループでは、情報リテラシー、館内マナー、英語版図書館ガイド、ピアノコンサートに参加していただきました。
 新しい職場では、目録を主に担当されるとのこと。新たなステップアップですね!

kitanosan-2.jpg kitano-san.jpg

★ひろたさん★
 13年間、お茶大図書館で中心的存在として頑張ってきてくれました。
 特に機関リポジトリのTeapotやお茶大E-bookサービスは、立ち上げから軌道に乗せるところまで、学内外のいろいろな部署の方、先生方と協働しながら、他にない素晴らしいものを作ってくれました。
 お茶大E-bookサービスが、国立大学図書館協会賞を受賞できたのも、ひろたさんの頑張りがあったからこそです。
 E-bookサービス立ち上げ時に図書館長だった近藤先生にもお会いできてよかったですね。
 丁寧なお仕事、あらゆることを考え抜く粘り強さとしなやかさ、そして何よりも素敵な笑顔で周囲を和ませてくれました。
 これから更に・・・と大きな期待を寄せていただけに、とても残念ですが、信念を持って新しい道を選択されたひろたさんを、心から応援したいと思います。

hirotasan-2.jpg hirotasan.jpg

 チームリーダーとしてお茶大図書館に着任して1年。
 慣れないことばかりでアタフタする私を、図書館長の鷹野先生はじめ、チームの皆さんが支えてくださいました。
 素晴らしい仲間達と出会い、一緒に楽しく仕事をし、時には宴を催してお互いに新たな側面を発見する日々でした。

 いつかは別れの時を迎えると解っていてもなんだか実感が持てなくて、でもそれはきっと正しい感覚なんです。
 必ずまたどこかで巡り会えると信じて、笑顔で見送りたいと思います。

 皆さんの、これからの幸せとご活躍を祈念しています。
 そして、これからも、お茶大図書館を見守っていてくださいね!


企画展示ミーティング「ようこそお茶大へ2014~Library is always with you~」
2014年03月25日 (火) | 編集 |
こんにちは。
総務係のもりたにです。

この度、企画展示グループのメンバーに加わることになりました!!
まだ分からないことだらけで右往左往しておりますが、
メンバーの皆様、よろしくお願い致しますm(__)m

さてさて、第29回企画展示のテーマは
「ようこそお茶大へ2014~Library is always with you~」です。
お茶大に新しく入学される学生の皆様にむけた展示です

ここでは…
①新入生の皆様に読んでもらいたいオススメ本の紹介
②図書館で活躍しているLiSAとは…?
③新しいサービス始めました!!LALAによる学生支援サービス
について紹介しています

本日はそのミーティングを行いました!!
ミーティングの様子です↓↓↓
ミーティング風景

皆さん一生懸命アイデアを出し合っています
今回はオススメ本のポップをLiSAちゃんと企画展示グループだけでなく
図書館スタッフの皆様にもご協力頂きました
ご協力ありがとうございましたm(__)m

ようこそお茶大へ

新・企画展示


「ようこそお茶大へ2014~Library is always with you~」
4/1(火)~5/25(日)開催しております!!

ぜひ皆さん図書館へお越しの際は足を運んでみて下さい
平成25年度卒業式
2014年03月24日 (月) | 編集 |
LiSAを卒業する皆さまへ

こんにちは、チームリーダーの森です。

今日は、お茶の水女子大学の卒業式でした。
そして、LiSAの卒業式でもありました。

みなさん、ご卒業おめでとうございます!
今年は、6名のLiSAちゃんたちが、名残惜しい中にもさわやかに、軽やかに卒業していかれました。

LiSAは半期ごとの活動で、期ごとに「参加証明書」をお渡ししていますが、今回の証明書と今までの証明書は、見た目は同じですが、その意味は異なるのです。

これまで、LiSAとして勤めてきてくださった感謝とともに、オリジナルのキーホルダーをお渡ししました。
キーホルダーの作成は、いのうえさんです。

そして、6名のLiSAちゃんの業務報告書をじっくり読みながら、お一人お一人のお顔と活動を思い出しつつ、小さなカードにメッセージをしたためました。
LiSA卒業20140324

LiSAとしての活動をとおして、サービスをする立場で物ごとを考え、仕事を行い、仲間達と交流するという経験をしていただきました。
これから社会に巣立つ皆さんにとって、LiSAであったことが、自信と、悩んだ時の拠りどころになってくれたらいいなと願っています。

LiSA卒業20140324-2 LiSA卒業20140324-3

LiSA卒業20140324-5 LiSA卒業20140324-4

LiSA卒業20140324-6 LiSA卒業20140324-7

巣立っていく皆さんを、少し淋しい気持ちと、とても誇らしい気持ちで見送りました。
図書館のメンバー一同、皆さんをいつも応援していますよ。また遊びに来てくださいね。


グローバルスタディコーナー
2014年03月19日 (水) | 編集 |
情報サービス係のみはらです。
カウンター窓から見える八重桜のつぼみに、開花が待ち遠しい今日この頃です。

さて!新しいスペースのご紹介です。
グローバルスタディコーナー
正式名:Global Studies Corner
Helene: The University Library World Language Learners' Workspace Annex
のガラス仕切工事が済み、コーナーのサインができました。
P1070274.jpg
このたび 図書館にEラーニングシステムが入ることになりました。
集中して発音などができるように仕切りを設け、他の利用者に配慮した空間となっています。P1070277.jpg
ここには語学習得への資料がさまざまな言語で配架されています。P1070276.jpg
カウンターにも近く、DVD等の付属資料の貸出希望もしやすい環境かと思われます。

図書館の使い道がまたひとつ
広がって、活性化につながってくれたらいいな
、と願っています。P1070271.jpg
(図書館マスコットのおかめちゃんと地球ものびのび飛んでいます。…文字はまっすぐ貼るのがなかなか難しく... ご協力いただいた、酒巻さん、藤井さん
ありがとうございました。)

[READ MORE...]
「世界の子どもの本」ぞくぞくと…
2014年03月13日 (木) | 編集 |
こんにちは。LiSA2年のきたむらです。
「世界の子どもの本~ようこそお茶大へ~」開始から1週間あまり経ちましたが…

DSC02974_convert_20140313131426.jpg

たくさんの方にお越しいただいています!
附属のみなさま・保護者様、そして一緒に送り迎えにきた妹さん・弟さんにも見ていただけているそうです。
ありがとうございます。
今日の展示の整理中にも、高校生さんが本を手に取ってくれていました。
大学生もゲート付近で少し足をゆるめてくれる人が多い気がして、嬉しい限りです。

展示は3月26日(水)まで続きますので!
まだの方も、2回目の方も、ぜひ来てくださいね!お待ちしています。

キャリアカフェ文庫再開しました
2014年03月12日 (水) | 編集 |
こんにちは。LiSAの三田です。
整備のため貸し出しを停止していた図書館1Fのキャリアカフェ文庫コーナーを再開しました
DSC02975.jpgDSC02984.jpg
このコーナーに置いてある本にはCareerCafeシール(右のシール)が貼ってあり、そのうち、LiSA(図書館の学生アシスタント)が選書した本には、LiSAセレクトシール(左のシール)が貼ってあります。


左の棚は「くつろぐ」(背ラベルはオレンジ色)(詩集、小説等)
DSC02978.jpgDSC02979.jpg


右の棚は「知る」(背ラベルは青色)(就活本、キャリア関連本等)
DSC02980.jpgDSC02981.jpg
というふうに本を大まかに分類し、五十音順に並べています。

貸し出し方法は
DSC02977.jpg
まず借りたい本を選びます。裏表紙をめくると貸し出しカードが入っています。
DSC02985.jpgDSC02986.jpg
カードの左上には書名頭文字、中央には書名と著者名、右下には「知る」「くつろぐ」の区別が記されています。書名頭文字に従ってカードを箱の中に入れ、本を借ります
DSC02976.jpg
返却するときは、箱からその本の貸し出しカードを探し、本の裏表紙内側のオレンジのポケットに戻し、本を元の場所に返します。
(返却の際はできるだけ、「知る」「くつろぐ」の区別に気を付け、五十音順に沿って本を戻して下さい)



また、ガラスの展示ケースでは現在、キャリア支援チームと図書館の合同企画として、以前にお茶大で講演会をなさった方々の著作(編集、監修、訳書を含む)を特集しています。
DSC02983.jpgDSC02982.jpg
ジャンルとしては、キャリア関連の本や、環境問題を取り扱った本、日中韓の外交関係を扱った本等があります。
どれもLiSAが選書した今読んでおきたい本ばかりですので、ぜひこちらもお手に取ってみてください。

このキャリアカフェ文庫コーナーは、面白い本やためになる本を、みなさまに気軽に読んでいただきたいという図書館の思いから2008年に設置され、(本の管理方法などを試行錯誤しながら)今まで続いてきました。
現在はLiSAが中心となって管理し、心を込めて本の選書や紹介を行っています。
本は装飾品ではなく、読まれてこそのものです。
ぜひ、どんどん、このキャリアカフェ文庫コーナーの本を活用してください。
みなさまがこのキャリアカフェ文庫コーナーで「読んでよかった」と思える本に出会ってくだされば、わたしたちもとてもうれしいです。
これからもキャリアカフェ文庫コーナーをよろしくお願いいたします。
ケルン文化会館図書館その2
2014年03月12日 (水) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです

ケルン文化会館図書館見学レポの続きです。
いくつかトピックをあげてレポートしようと思います。

◯蔵書データ
ケルン文化会館図書館の蔵書データは、国立情報学研究所の書誌データベース「CiNii」で調べられるようになっています。
また、今年1月下旬からは、ケルン大学共同目録「KUG」でも蔵書検索が可能になりました。

◯ILL(文献複写・図書貸借などのサービス)
ILLの対象はドイツ語圏のみならず、欧州各国・日本まで及んでいます。
ただ、日本との図書貸借は、申込や輸送が円滑にいかないことが多いのが現状のようです。
日本の大学図書館がなかなか海外まで本を貸してくれない、というのも困っている点だそうです…
(日本と海外との図書貸借がよりスムーズになれば、海外の人たちに日本のことをもっと知ってもらえるのではないでしょうか??)

◯他の図書館との連携
ドイツ語圏の日本専門図書館・大学の日本学科図書館との協力関係を保つために、
日本資料図書館連絡会(Arbeitskreis Japan-Bibliotheken)という会があります。
会議(年2回)やメーリングリストで、情報交換を行っているそうです。
(充実したサービスのためには、こういった横のつながりがとても大事なのですね。)

今回の見学で、海外にある日本の図書館は、海外の人たちに日本についての正確な情報を届けるために、とても重要な役割を持っているのだなぁと感じました。

以上、ケルン文化会館図書館見学レポでした!

「アジア経済研究所図書館との相互利用に関する覚書」締結
2014年03月11日 (火) | 編集 |
アジ研図書館さんとの連携が始まります!
2月28日(金)はその記念すべき調印式大学会議室にて関係者により
とりおこなわれました。
大学会議室のしつらえは、昭和初期の建築様式を残したまま、
改装されていて、とても格調高く、美しいもので、今回の調印式の雰囲気にとても合っていました。

DSC02873_convert_20140415094300.jpg

調印式にはアジア経済研究所図書館長の泉沢先生と、
お茶の水女子大学附属図書館長の

鷹野先生、
アジ研図書館村井課長、お茶大森図書・情報チームリーダー
により
なごやかな雰囲気の中、執り行われました。

DSC02871_convert_20140415094117.jpg


アジ研図書館は開発途上地域の経済、政治、社会等を中心とする諸分野の学術的文献、
基礎資料、及び最新の新聞・雑誌を所蔵する専門図書館です。
国際的なことに関心のあるお茶大生には
アジ研の持つ膨大な統計資料83カ国の新聞を過去50年にも渡って
調べたりできるのはとても魅力的です。

図書館 さかまき。



ケルン文化会館図書館その1
2014年03月04日 (火) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです

図書館見学海外編!
今回は国際交流基金ケルン日本文化会館図書館の見学レポです。
見学にあたっては、主任司書の蓮沼さんに色々とお話を伺うことができました。
(蓮沼さん、ありがとうございました!)

ケルン日本文化会館は、1969年に設立されました。
なぜケルンに設立されたのかというと、
立地条件の良さ(当時の首都ボンや、州都であるデュッセルドルフから近い)や、
既に数カ国の文化会館の所在地であったことなどが理由だそうです。
図書館では、ドイツ語圏における日本文化の理解促進・日本語学習者や日本学研究者の支援のために、約2万4千点の資料を揃えています。

さて、私が気になっている本の並べ方ですが、
ここでは一部を除いてNDC(日本十進分類法)で並べられていました。
資料は日本語の他、ドイツ語や英語で書かれたものもありますが、
あえて区別せずに並べているそうです。

そして、この図書館ではマンガを借りることができます!
2011/12年度から、日本のポップカルチャーを理解してもらったり、日本語学習に役立ててもらったりするために、マンガ・アニメDVDなどを置くようになりました。
これらの資料は、来館時にすぐ目につくように、入口近くに並べられています
(入ってすぐの目立つ所に何を配置するか?工夫することで、より魅力的な図書館になるのですね!)

今回はここまで!
インターネットの活用や他の図書館との連携など、興味深い話がまだまだあるので、
次回はそれらについて書きたいと思います

ちょっと席を外したいときに…ミニバッグ、設置しました!
2014年03月04日 (火) | 編集 |
LiSA4年のおかだです。
今回も図書館からのお知らせをアップさせていただきます

閲覧室にいる時に、
「ちょっとお手洗いに行きたい…」とか
「ちょっと飲み物を飲みに行きたい…」なんて、
思ったことはありませんか?

そんな時のために!
席を外す際に貴重品を持って行きやすいように、
「ミニバッグ」
が設置されました

mini bag2

これは、図書館2階・閲覧スペース内の3か所に設置してあります。

・閲覧スペース入ってすぐ、自動貸出機横の案内図の下
mini bag1

・閲覧スペース中央、案内図の下(文庫本コーナー近く)
mini bag3

そして、
・閲覧スペース奥、オープン書庫へ行く階段前にある、検索用PCの下

です!

少し席を外すだけでも、貴重品は必ず持ち歩きましょう
ぜひご利用ください

始まりました!『世界の子どもの本』
2014年03月04日 (火) | 編集 |
こんにちは。LiSA2年のきたむらです。

とうとう!完成しました!
DSC02914_convert_20140303155914.jpg DSC02908_convert_20140303153327.jpg


『世界の子どもの本~ようこそお茶大へ~』
3月4日(火)~3月26日(水)
附属図書館2階にて

「国際アンデルセン賞」「IBBYオナーリスト」世界のおすすめ絵本・児童書が集まりました!
さまざまな言語に触れるもよし、
童心にかえって絵本を眺めるもよし、
邦訳版で読み応えのある小説に挑戦するもよしです。
留学生さんやLiSAの手作りポップにもぜひ注目してみてください!



それではこの場をお借りして、今日のまとめを簡単にさせていただきます。
(他のメンバーもより詳しく書いてくれると思いますので…)

午前中は、展示に先立ち、文部科学省・JBBYから講師の方をお招きしてミニレクチャーを
行いました。現代の読書事情からIBBYや国際アンデルセン賞の歴史まで幅広いお話を伺うことができました。
(このミニレクチャーのまとめも展示してあります!)

そして午後はいよいよ展示作業を行っていきました。
たくさんの本が届きましたので、国や地域の分類も思っていたより時間がかかりましたが
あーでもない、こーでもないとみんなで和気藹々と作業できて楽しかったです。
お手伝いに来てくれたLiSA、留学生の方のご協力もあり、とうとう形にすることができました。
2ヶ月あまりミーティングや準備を重ねてきたので、無事に完成できてほっとしています。
初めての自主企画で、右も左もわからないところからスタートし、
チームリーダーや国際交流チームはじめたくさんの方々のご協力、
また頼りないリーダーをサポートしてくれたメンバーのおかげでここまでできたと実感しています。本当にありがとうございました。今回の経験を次の機会にも生かしていけたらと思います。

まずは何よりたくさんの方々に楽しんでもらえますように…





「世界の子どもの本」展示準備完了です!
2014年03月03日 (月) | 編集 |

皆様こんばんは。
LiSA2年の五斗です。

今日は自主企画「世界の子どもの本」の展示準備作業をしてきました。
無事に終わり、明日から展示開始です!

午前中は文部科学省に西さんとJBBYの鳥塚さんにお越しいただいて
ミニレクチャーをしていただきました。
日本の読書の現状や課題、今後の取り組みなど普段聞けない貴重なお話を
聞くことが良かったです。
日本は読書ができる環境が非常に整っているのに不読率が高いのは本当に
もったいないなと感じました。
その内容も簡単ですが、ポップにしましたのでぜひご覧くださいね。

留学生さんやほかのLiSAさんも交えて展示準備を行いました。
机やいすを運ぶ少し大変な作業もありましたが、みんなで協力しました。
装飾なども頑張って準備したのでそこにも注目してみてくださいね。

この自主企画が始まった時にはうまくいくか不安でしたが、なんとか展示を
開始することが出来て良かったです。
本当にたくさんの方の協力があってここまでこれたと思います。
ありがとうございます。
あとは少しでも多くの方に展示を見てもらえることを願うばかりです(><)

お時間、興味のある方は是非お越しください!!

Attachment-1 (5)
DSC02898_convert_20140303152904.jpg
DSC02914_convert_20140303155914.jpg