お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
ケルン文化会館図書館その1
2014年03月04日 (火) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです

図書館見学海外編!
今回は国際交流基金ケルン日本文化会館図書館の見学レポです。
見学にあたっては、主任司書の蓮沼さんに色々とお話を伺うことができました。
(蓮沼さん、ありがとうございました!)

ケルン日本文化会館は、1969年に設立されました。
なぜケルンに設立されたのかというと、
立地条件の良さ(当時の首都ボンや、州都であるデュッセルドルフから近い)や、
既に数カ国の文化会館の所在地であったことなどが理由だそうです。
図書館では、ドイツ語圏における日本文化の理解促進・日本語学習者や日本学研究者の支援のために、約2万4千点の資料を揃えています。

さて、私が気になっている本の並べ方ですが、
ここでは一部を除いてNDC(日本十進分類法)で並べられていました。
資料は日本語の他、ドイツ語や英語で書かれたものもありますが、
あえて区別せずに並べているそうです。

そして、この図書館ではマンガを借りることができます!
2011/12年度から、日本のポップカルチャーを理解してもらったり、日本語学習に役立ててもらったりするために、マンガ・アニメDVDなどを置くようになりました。
これらの資料は、来館時にすぐ目につくように、入口近くに並べられています
(入ってすぐの目立つ所に何を配置するか?工夫することで、より魅力的な図書館になるのですね!)

今回はここまで!
インターネットの活用や他の図書館との連携など、興味深い話がまだまだあるので、
次回はそれらについて書きたいと思います

ちょっと席を外したいときに…ミニバッグ、設置しました!
2014年03月04日 (火) | 編集 |
LiSA4年のおかだです。
今回も図書館からのお知らせをアップさせていただきます

閲覧室にいる時に、
「ちょっとお手洗いに行きたい…」とか
「ちょっと飲み物を飲みに行きたい…」なんて、
思ったことはありませんか?

そんな時のために!
席を外す際に貴重品を持って行きやすいように、
「ミニバッグ」
が設置されました

mini bag2

これは、図書館2階・閲覧スペース内の3か所に設置してあります。

・閲覧スペース入ってすぐ、自動貸出機横の案内図の下
mini bag1

・閲覧スペース中央、案内図の下(文庫本コーナー近く)
mini bag3

そして、
・閲覧スペース奥、オープン書庫へ行く階段前にある、検索用PCの下

です!

少し席を外すだけでも、貴重品は必ず持ち歩きましょう
ぜひご利用ください

始まりました!『世界の子どもの本』
2014年03月04日 (火) | 編集 |
こんにちは。LiSA2年のきたむらです。

とうとう!完成しました!
DSC02914_convert_20140303155914.jpg DSC02908_convert_20140303153327.jpg


『世界の子どもの本~ようこそお茶大へ~』
3月4日(火)~3月26日(水)
附属図書館2階にて

「国際アンデルセン賞」「IBBYオナーリスト」世界のおすすめ絵本・児童書が集まりました!
さまざまな言語に触れるもよし、
童心にかえって絵本を眺めるもよし、
邦訳版で読み応えのある小説に挑戦するもよしです。
留学生さんやLiSAの手作りポップにもぜひ注目してみてください!



それではこの場をお借りして、今日のまとめを簡単にさせていただきます。
(他のメンバーもより詳しく書いてくれると思いますので…)

午前中は、展示に先立ち、文部科学省・JBBYから講師の方をお招きしてミニレクチャーを
行いました。現代の読書事情からIBBYや国際アンデルセン賞の歴史まで幅広いお話を伺うことができました。
(このミニレクチャーのまとめも展示してあります!)

そして午後はいよいよ展示作業を行っていきました。
たくさんの本が届きましたので、国や地域の分類も思っていたより時間がかかりましたが
あーでもない、こーでもないとみんなで和気藹々と作業できて楽しかったです。
お手伝いに来てくれたLiSA、留学生の方のご協力もあり、とうとう形にすることができました。
2ヶ月あまりミーティングや準備を重ねてきたので、無事に完成できてほっとしています。
初めての自主企画で、右も左もわからないところからスタートし、
チームリーダーや国際交流チームはじめたくさんの方々のご協力、
また頼りないリーダーをサポートしてくれたメンバーのおかげでここまでできたと実感しています。本当にありがとうございました。今回の経験を次の機会にも生かしていけたらと思います。

まずは何よりたくさんの方々に楽しんでもらえますように…