お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
キャリアカフェ文庫再開しました
2014年03月12日 (水) | 編集 |
こんにちは。LiSAの三田です。
整備のため貸し出しを停止していた図書館1Fのキャリアカフェ文庫コーナーを再開しました
DSC02975.jpgDSC02984.jpg
このコーナーに置いてある本にはCareerCafeシール(右のシール)が貼ってあり、そのうち、LiSA(図書館の学生アシスタント)が選書した本には、LiSAセレクトシール(左のシール)が貼ってあります。


左の棚は「くつろぐ」(背ラベルはオレンジ色)(詩集、小説等)
DSC02978.jpgDSC02979.jpg


右の棚は「知る」(背ラベルは青色)(就活本、キャリア関連本等)
DSC02980.jpgDSC02981.jpg
というふうに本を大まかに分類し、五十音順に並べています。

貸し出し方法は
DSC02977.jpg
まず借りたい本を選びます。裏表紙をめくると貸し出しカードが入っています。
DSC02985.jpgDSC02986.jpg
カードの左上には書名頭文字、中央には書名と著者名、右下には「知る」「くつろぐ」の区別が記されています。書名頭文字に従ってカードを箱の中に入れ、本を借ります
DSC02976.jpg
返却するときは、箱からその本の貸し出しカードを探し、本の裏表紙内側のオレンジのポケットに戻し、本を元の場所に返します。
(返却の際はできるだけ、「知る」「くつろぐ」の区別に気を付け、五十音順に沿って本を戻して下さい)



また、ガラスの展示ケースでは現在、キャリア支援チームと図書館の合同企画として、以前にお茶大で講演会をなさった方々の著作(編集、監修、訳書を含む)を特集しています。
DSC02983.jpgDSC02982.jpg
ジャンルとしては、キャリア関連の本や、環境問題を取り扱った本、日中韓の外交関係を扱った本等があります。
どれもLiSAが選書した今読んでおきたい本ばかりですので、ぜひこちらもお手に取ってみてください。

このキャリアカフェ文庫コーナーは、面白い本やためになる本を、みなさまに気軽に読んでいただきたいという図書館の思いから2008年に設置され、(本の管理方法などを試行錯誤しながら)今まで続いてきました。
現在はLiSAが中心となって管理し、心を込めて本の選書や紹介を行っています。
本は装飾品ではなく、読まれてこそのものです。
ぜひ、どんどん、このキャリアカフェ文庫コーナーの本を活用してください。
みなさまがこのキャリアカフェ文庫コーナーで「読んでよかった」と思える本に出会ってくだされば、わたしたちもとてもうれしいです。
これからもキャリアカフェ文庫コーナーをよろしくお願いいたします。
ケルン文化会館図書館その2
2014年03月12日 (水) | 編集 |
こんにちは、LiSAOGのたしろです

ケルン文化会館図書館見学レポの続きです。
いくつかトピックをあげてレポートしようと思います。

◯蔵書データ
ケルン文化会館図書館の蔵書データは、国立情報学研究所の書誌データベース「CiNii」で調べられるようになっています。
また、今年1月下旬からは、ケルン大学共同目録「KUG」でも蔵書検索が可能になりました。

◯ILL(文献複写・図書貸借などのサービス)
ILLの対象はドイツ語圏のみならず、欧州各国・日本まで及んでいます。
ただ、日本との図書貸借は、申込や輸送が円滑にいかないことが多いのが現状のようです。
日本の大学図書館がなかなか海外まで本を貸してくれない、というのも困っている点だそうです…
(日本と海外との図書貸借がよりスムーズになれば、海外の人たちに日本のことをもっと知ってもらえるのではないでしょうか??)

◯他の図書館との連携
ドイツ語圏の日本専門図書館・大学の日本学科図書館との協力関係を保つために、
日本資料図書館連絡会(Arbeitskreis Japan-Bibliotheken)という会があります。
会議(年2回)やメーリングリストで、情報交換を行っているそうです。
(充実したサービスのためには、こういった横のつながりがとても大事なのですね。)

今回の見学で、海外にある日本の図書館は、海外の人たちに日本についての正確な情報を届けるために、とても重要な役割を持っているのだなぁと感じました。

以上、ケルン文化会館図書館見学レポでした!