お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
平成25年度国立大学図書館協会協会賞の表彰状を掲額しました!
2014年06月18日 (水) | 編集 |
こんにちは。
企画・契約係 えとりです。

早いもので、去年の6/20にお茶大E-bookサービスが平成25年度国立大学図書館協会協会賞を
受賞してからもうすぐ1年を迎えます。

・2013.6.20 図書館ニュース 
 http://www.lib.ocha.ac.jp/topics/2013/20130620award.html" target="_blank"> 「お茶の水女子大学E-bookサービス」が平成25年度国立大学図書館協会協会賞を受賞しました。」


受賞後2作品を出版し、現在、最新作『古今和歌六帖全注釈 第二帖』の刊行が秒読み段階です。
その次の作品の刊行準備も進んでいますので、お楽しみに♪

と、新刊にワクワクしている中、とっても素敵なプレゼントが届きました。
『古今和歌六帖全注釈』の著者のお一人でいらっしゃる本学名誉教授の平野由紀子先生が、
協会賞の表彰状のための額を贈ってくださったのです!

平野先生からいただいた額20140616
お忙しい平野先生の代理で額をお届けくださったお茶の水学術事業会の石原さまとわたし。
事業会の方にはE-bookのオンデマンド出版でも大変お世話になっています。

いただいた額は、事務室に掲額させてていただきました。きらきらしてます。
keigaku20140617.jpg

E-bookサービスがここまで評価をいただいたのも、発案者の近藤先生をはじめ、
立ち上げに尽力されたもでき元TL、えがわ元TL、ひろたさん、著者の方々、
歴代のTeaPotグループメンバーのみなさまのおかげです。
これからもみなさまに愛されるサービスとして末永く続き、次の世代に引き継げるよう、
現メンバーもがんばります。

学内の方で原稿をお持ちの方、本にしてみたい企画がある方、どうそお声がけくださいね。
ISBNがついた電子書籍として、お茶大E-bookサービスから出版いたします



法人文書管理効率化プロジェクト??
2014年06月18日 (水) | 編集 |
こんにちは。総務係のはやしです。
チーム内プロジェクトというと、企画展示やリテラシー教育など、わりと分かりやすいものがありますが、
中には「これ、何やるの?」といった、少し分かり難いものもあります。
“法人文書管理効率化プロジェクト”
確かにです。
本学で扱う公文書(国立大学法人なので法人文書)について、その作成や保存、廃棄等の規則が
定められているのですが、それを図書・情報チーム全体でいかに効率的に行なっていくか、
というプロジェクトです。
法人文書、といっても一言で説明するのは難しいですが、ざっくり、
「事務を進めるために必要な文書」
と言っておきましょう。
例を一つ挙げますと、LiSAの皆様には各期の最後に「参加証明書」をお渡ししていますが、
それを作成するために、“第○期LiSAの参加証明書を作成してよろしいか”といった
伺いの文書(起案文書と言っています)を作っています。(要は裏方の文書ですね!)
こういった多種多様な法人文書がありまして、その分管理も大変になります。
先日、このプロジェクトのミーティングを行ないました。
法人文書管理効率化P1

今年度初めて実施するので、メンバーみな試行錯誤しながら行なっていくことになりますが、
少しずつでも前進していければと思っています。
法人文書管理効率化P2

以上、図書館にはこのような裏方のお仕事ある、というご紹介でした。