お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
新企画打ち合わせ&東京女子大学さんを見学
2015年08月06日 (木) | 編集 |
こんにちは。LiSAのおおさわです。

来る9月16日開催のビッグイベント「学生協働ワークショップin東京 2015」で、LiSAがポスター展示と口頭発表を行うことになりました。
このイベントは、東京近郊の大学で図書館の活性化のため活動している団体が会し、交流を図るものです。
昨年はお茶大で実施されました。その際の記事のリンクを張っておきますね。
 http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-965.html
 http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-966.html
 http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-968.html


さて、このイベントで何を発表しましょうかということを、昨日8月5日に話し合いました。
他校とLiSAの違いを洗い出すべく「LiSAをやっていて楽しかったこと」「これからやってみたい業務」「新規業務のアイディア」をLiSAメンバーとスタッフさんとで話し合っていたら、発表内容そっちのけで新しい業務内容の話し合いになっておりました。これを機に、新企画が3つほど生まれるやもしれません。(毎回思うことですが、お茶大図書館の企画進行のスピードはすごいです。ふとした時に我々が「こうだといいな」とつぶやくと、スタッフさんが「じゃあやりましょう」と瞬く間に企画にしてくださるのです。
20150805141844785_20150807084725444.jpg


さらにその後、東京女子大学で行われたワークショップ打ち合わせにもお邪魔しました。学生協働ワークショップは東京女子大、早稲田大、お茶大の三校が主催校なのです。東京女子大の学生アシスタントさん、早稲田大のLIVS (Library Volunteer Staff)の皆さん、および各大学の図書館スタッフさんと、ワークショップ当日の段取り、グループワークのテーマなどを話し合いました。テーマ設定に関われるなんて主催校の特権ですね
そして打ち合わせ会場になった東京女子大の図書館ですが、おしゃれ!この一言に尽きます。ビタミンカラーをあしらった内装はまるで流行りのカフェ。1910年代から使われているという木製の長机は、歴代の学生さんが大事に使ってきたのでしょう、目立つ傷や落書きもなく、そんなに古いものには思えませんでした。

図書館を見学するとき、いつもワクワクします。私事ではありますが、高校受験のときも、大学受験のときも、志望校を見学するときは何よりも図書館が気になっていました。「絶対に合格してあの図書館に入り浸る!」そう思って受験を乗り越えたものです。学生協働ワークショップは「ウチの学校の図書館」を大いに自慢し合う場となることでしょう。当日が楽しみです。