お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
古典籍翻刻プロジェクト 徽音祭での発表を終えて…
2017年12月26日 (火) | 編集 |
第20期LiSAのごうです!
久々の更新となります

すっかり遅くなってしまったのですが…
古典籍翻刻プロジェクトの徽音祭での発表についてのご報告です!

かねてからお知らせしておりました通り、LiSA自主企画「古典籍翻刻プロジェクト」は
徽音祭・学術企画ブースで展示をさせていただきました。

古典籍翻刻プロジェクトは、
お茶大にある古典籍(明治維新以前の書物)でインターネット上に画像公開されたものを
翻刻(崩し字などで書かれた字を今読める形に直すこと)して発表するという企画です。

お茶大の古典籍やLiSAについて、
皆さんにより知ってもらおうという企画意図がありました。

題材とした古典籍は
『古今和歌集』(仮名序及び和歌部分)
『平家物語』
などの有名なものや

『人間一生胸算用』
『歴世女装考』
など、あまり知られてはいないものの挿絵が目を引くものを選びました。

展示用の模造紙には、
原文と翻刻したものを並べ、解説を加えました。

a.jpg

↑展示した模造紙(一部)
 上に原文のコピー、下に翻刻したものを並べて貼りました。

これらをまとめて、
当日は本館にて展示をさせていただきました。

IMG-6648.jpg
↑一枚目にはLiSAや崩し字についての解説を、
 二・三・四枚目には翻刻を載せました。
 三・四枚目は徽音祭の2日間で入れ替え制です!

当日はたくさんの方に見ていただいたようで、
プロジェクトメンバー一同うれしく思っています

お茶大の古典籍やLiSAについて、
より多くの方に知ってもらえたり興味を持ってもらえたりしたならばありがたいです。

とはいえ、これは初めての企画…未熟な点も多々ありました。
改善して、今後も繋げていけたらと思います!

古典籍翻刻プロジェクト
これからもどうかよろしくお願いいたします
学生協働ワークショップin東京2017その2
2017年12月22日 (金) | 編集 |
こんにちは!LiSAの瑞島です。お久しぶりです。

前回のk...あっ! しほしさんに続いて学生協働ワークショップについてご報告したいと思います。

ガラス張りのエントランスから見える本棚につられて、図書館だと思って入口に近づいたら扉が開かなかった新発見から(普通の会社ですから当然です)約2年後、あこがれのTRCさんのビルに入ることができました(^-^)/

各地の大学図書館にもやはり学生ボランティアがいて、面接で選ばれた精鋭が集まるところもあるらしいなど噂は聞いていたのですが実際にこのようなイベントでお目にかかることができて、とても刺激になりました!
20171213_02.png
職員さんも交えて

造語を使って新しい図書館の活動を考えるワークショップ。「図書館とは全くつながりがなさそう」な単語と図書館を結び付けた言葉から新たな図書館像を考えます。私のグループでは、「アパレル図書館」と「封印図書館」という言葉から考えました。
20171213_03.png

①アパレル図書館といえば...「図書館員が声をかけてくる図書館」
普通、図書館員から利用者に積極的に声をかけることはあまりないですよね。そこで、アパレル店員さんのように、おすすめの商品(図書館の場合は本)、着心地(本の場合は内容や感想)を積極的に進めたら、新しい図書館になるのではないか?ということで話が進みました。自分が何の本読もうかな・・・と本を探していたら図書館員に突然声をかけられ、突然本を進められた...!こわいかな(○´・Д・`)ノ

②封印図書館といえば...「皆の黒歴史ノートから本を選ぶ図書館」
封印したいことって、過去の自分の黒歴史がありますよね。そこで、図書館にある「黒歴史ノート」に自分の黒歴史とその時期に読んでいた本であるとか、黒歴史時代の自分に読ませたい本を利用者の方に自由に書いてもらうんです!もちろん匿名。後からそのノートを読んだ人は、そこから読みたい本を探すこともできるし、単純に交換ノートみたいにして使ってもよいのです(=゚ω゚)ノ
20171213_01.png


どうです?実現可能かな・・・?

他のグループでは、利用者1人につき1人アンドロイド(人工知能)が付き、本探しのお手伝いをする! という革新的なものや、おすすめ本コーナーにシリーズの真ん中の本を置いて、前後の本も気になるように「仕組む」など、様々な面白いアイディアが上がっていました!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
造語を使って新しいことを考えるという方法が今後にも生かせそうだなと思いました。
お会いした皆さま、本当にありがとうございました!!


学生協働ワークショップ in 東京 2017
2017年12月20日 (水) | 編集 |
こんにちは。LiSAのしほしです。
クリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日参加させていただきました、学生協働ワークショップ in 東京 2017(以下学生協働WS)について、簡単にご報告させていただきたいと思います。(゚∀゚≡゚∀゚)

学生協働WSとは、「近年大学図書館で広がりを見せる『学生協働』について、東京近郊の大学図書館の事例を持ち寄り、より多くの学生と、学生協働に関わる教職員がお互いの活動について情報共有し、自らの取組みを更に活性化することをとして開催するイベント」です。
今回のWSは、2017年12月13日(水)にTRC図書館流通センターで行われました。
10大学から学生と教職員合わせて30~40人が参加し、大学ごとで決められた場所に団体の広報ポスターなどを掲示して各団体の魅力を紹介したり、参加者からの質問に答えたり、学生同士でグループに分かれてワークショップを行ったりしました。

20171213-3.png

私は、このような図書館関係の活動を行っている団体が集まるイベントに参加したのは初めてだったのですが、大学ごとに名前や業務内容、構成員や期間などの活動が違っていて、非常に興味深かったです。
例えばLiSAは数十人規模で活動していますが、大学によっては現在メンバーが2人だけで大学側もシステムの維持が難しく、今期が最後の活動となるというところもありました。
他にも、司書課程の学生の身で構成されているところや、図書館の業務は全く行わずに図書館で行うイベントの発案と運営のみを行っているところなど、活動形態は本当に多種多様でした。

20171213-2.png

個人的に他団体の活動で特に興味深かったのは、図書館全体を使った脱出ゲームです。
脱出ゲームそのものはもちろん、図書館の構造や本のだいたいの位置などを楽しみながら覚えることができ、とても楽しそうだと思いました。
お茶大の図書館は来春リニューアルオープンする予定ですし、新しい図書館でこういうことができれば楽しいだろうなあ…(」゚ロ゚)」ヤッテミターイ!!

WSの後半では、別の大学の人と一緒にグループワークを行いました。

20171213-1.png

連想ゲームのような形で、図書館でしたいイベントについて考えたのですが、まさに三人寄れば文殊の知恵(4人のところもありましたが)。
次々に様々なアイデアが出てきて、とても楽しかったです。
「その発想はなかった」「なにそれめっちゃ面白そう」と思えるような、なおかつ現実的なアイデアもいくつも出てきました。
今回のグループワークで出てきたアイデアのいくつか実現できたら絶対楽しいだろうなあ…(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」ヤッテミターイ!!(2回目)

今回のWSで、短い時間ながらも多くの気づきや学びを得ることができました。
また、LiSAとして図書館のお手伝いを続けることのモチベーションもさらに高まりました(もともと高い)。
これからも、このように他大の団体さんと交流ができる機会があれば積極的に参加したいと思います。

長くなりましたが、そろそろこのへんで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(ノ゚ω゚)ノ*.Thanks*.