お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
LiSAの業務についての体験
2019年07月24日 (水) | 編集 |
初めまして、LiSAの許です。

台湾から参りました交換留学生ですが、
本が好きなので、今期、LiSAに応募させていただき、
本に関する様々な業務を体験してみました。

その中で、私は一番印象的だったのは、書架整理というお仕事です。

私は台湾の図書館で書架整理のボランティアをやったことがありますが、
お茶大図書館での請求記号は台湾の図書館とは違っていて、
アルファベット二つ以上も使っているということを
LiSAの経験を通じて、初めて気づきました。

また、ここで書架整理する時では、順番に並べ直すだけではなく、
埃を取りながら、本を綺麗に並べるのも仕事のポイントなので、
とてもやりがいがあると感じました。

その他、資料管理や図書装備等の仕事もやらせて頂きました。
本に背ラベルやバーコードを貼りつけたりするという仕事です。
少し細かい作業なので、いつも間違いのないように取り組んでいます。
そして、作業が終わったとき、とても達成感があります。

留学がこの夏で終わり、そろそろ帰国しますが、
この半年、お茶大の図書館でお仕事ができて良かったと思います。

図書館の雰囲気がとてもよくて、職員さんたちも親切に接してくれましたので、
毎回楽しくお仕事ができました。
私にとって、これはとても貴重な経験になりました。
本当にありがとうございました。