お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
学生協働ワークショップin東京2019に参加しました!
2019年12月20日 (金) | 編集 |
こんにちは☀
LiSAの富安です。

12/18(水)に東京大学で行われた、学生協働ワークショップin東京2019に参加してきました!

…どんなイベントかといいますと、

近年大学図書館で広がりを見せる「学生協働」について、東京近郊の大学図書館の事例を持ち寄り、より多くの学生と、学生協働に関わる教職員がお互いの活動について情報共有し、自らの取組みを更に活性化することを目指すものです。学生協働ワークショップin東京 2019 HPより)

小難しいですね|д゚)

私なりに説明すると、

「東京近郊の大学で、大学図書館を活用しつつ、学生と教職員が一緒になって何か取り組みをしている団体同士集まって、お互いの活動を知って自分たちの活動に生かそう!」

という会でした!

私はお茶大図書館LiSAとして、LiSAの活動紹介と、他大学の方々との交流グループワークを行いました。

ws2019_2_poster_5_20191220160919495.jpg
(LiSA活動紹介ポスター)

結論から申しますと、
大変楽しく、学びの多い会でした!

大学によって、「学生協働」の形は非常に多様でした。

図書館で脱出ゲームを行なわれている方、
図書館で映画の上映会を行なわれている方、
月1~2回ブックトークを行なわれている方、
毎週決まった曜日にミーティングをされている方、
ラーニングアドバイザーとして活動されている方、
PCサポーターとして活動されている方
、、、などなど。

ひとえに学生協働といっても各大学に特色が見られ、
お互いの活動内容を知れたことはとても面白かったです!

会の後半で行われたグループワーク、
「図書館の見方が増えるワールドカフェ」
では、東京学芸大学stellaさんによる運営の元、
これまでの活動を振り返りながら、私たちの活動におけるキーワードを考えました。

ws2019_worldcafe_72.jpg
(グループワークの様子)

非常に個性的で癖の強い、面白いキーワードが生まれて、終始楽しい時間でした(´▽`*)

今回、この学生協働ワークショップに参加したことで、
「そんなことも図書館でできるんだ」と見方が広がったり、
「LiSAのここがいいと思ってもらえるんだ」と自分たちの活動を見直せたりと、
多くの学びを得ることができました。

また、
「これを機会に出会った他大学さんとのつながりを大切にしたい」と思いました。


またこのような会があれば参加したいと思います!