お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
創立140周年記念特別展 お疲れ様でした!&ちせちゃん、しほりちゃん大躍進のこと。
2015年01月23日 (金) | 編集 |
情報基盤担当 やなぎだです。

創立140周年記念特別展は先週末で無事特別公開期間を終えました。
計337名の方に来て頂き盛況のうちに会期を終えました。

展示自体は年内は維持されますが、今後は特別公開日(改めてHP等でお知らせします)を除き見学には事前のお問い合せと申請が必要となります。

さて、今回の展示で大活躍だったちせちゃん。
そしてLiSAのイメージキャラクターしほりちゃんは大学のTwitterやFacebookで大活躍だった彼女たちは多くの人の目に止まり大人気でした。

先日、学内図書館をテーマとした毎日新聞の記事が掲載されたのですが、その取材の際に記者の方が掲示していたちせちゃんに興味を持って頂き、なんとちせちゃん、しほりちゃんが新聞デビューを飾りました!
http://mainichi.jp/edu/univ/news/20150113org00m100017000c.html

この時の記事は「ちせちゃんと創立140周年記念展」がメインだったので、
(この記事を見て来場して下さった方がいた事で上記の盛況に繋がったのでした。)
紙面の関係でしほりちゃんの誕生や制作過程については紹介できなかったので、ブログで少しご紹介したいと思います。



図書・情報課は図書館に係る事務を業務としています。
しほりちゃん、ちせちゃんのキャラクター設定および原画を担当している
いそはたさんは元々は図書館の総務担当、
私やなぎだも情報基盤担当として全学のWebシステム関連の事務の補佐や
Webデザイン・制作やDTP(印刷物)デザインの制作を行っています。

すぐに対応しないといけない業務が多いため、
後回しにせざるを得なかった「イラストの作成」だったのですが、
いそはたさんのおかげでコラボレーションの実現にいたり
以前の記事の経緯に至ります

最初は業務時間外に絵を描いてくれていたいそはたさんでしたが、
総務担当係長にもお願いし「業務」として認めて頂いたことで、
業務内に時間をとって制作作業ができるようになりました。
また、その事で私自身も「メインの業務に負担を与えないように、
効率よく作業をする」工夫ができるようになったとおもいます。

具体的に手順をご紹介すると、
絵の種類に応じて

①いそはたさんはまずラフを描き、鉛筆書きで清書する。
②線画をそのまま使う時…やなぎだがPhotoshopで線画を補正、Illustratorのライブトレース機能でパスに変換しライブペイントツールで色を塗る
01.jpg 02.jpg 03.jpg04.jpg

拡大して使う時…Illustratorのペンツールでトレースして色を塗る
といった形になります。
05.jpg06.jpg
07.jpg
しほりちゃんはさらにこのあと丸襟とリボンがつきます…

Illustratorはベクターデータといって、どんなに拡大してもなめらかな画像が作れます。
キャラクター画像作成の時には割と一般的な手法かと思いますが、
まさにアナログとデジタルの連携!

こんな感じで気づけばいろいろなバージョンのキャラクターを作成してきました。
(そのうちギャラリーとか作りたいですねー)

そして、さらに「漫画を描いて欲しい」「しほりちゃんを動かして」などの依頼が聞こえてきて?
アニメーションソフトや3Dソフトを練習している今日このごろです。

また、みなさんに受け入れられてきたしほりちゃん達を
さらに魅力的に見せるためのアイディや広報!もさらに力を入れていきたいなと思っています。
(その手段として大活躍しているTwitter業務のことについても改めて書きたいと思います)

それぞれの得意分野を連携させて大きな成果を生むことができる
お茶大図書館は素晴らしい環境だなといつも思っています。

おつかれ
日々の業務で快く提案や協力しているスタッフやLiSA&MuSAちゃんに感謝の気持ちを込めて…
自分でも少しずつ絵の練習中です。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック