お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
この夏、お茶大が暑い!新フンボルト入試プレゼミナール2015開催
2015年07月29日 (水) | 編集 |
こんにちは。図書・情報課の森です。
海の日の3連休にオープンキャンパスが行われたのに続き、2015年8月24日(月)、25日(火)には、 新フンボルト入試プレゼミナール2015が開催されることになりました!

来年度(平成28年度)から、現行のAO入試を大きく変え、新型AO入試(=新フンボルト入試)を実施するのですが、今年のプレゼミナールは、いわばその前哨戦。

プレゼミナールしほりちゃん

例えば・・・今年のプレゼミナール2日目(25日(火))「図書館情報検索演習」は、来年の入試本番・文系二次選考の「図書館入試」の模擬体験ができる、という位置づけです。
8月25日(火)は、図書館も臨時閉館し、情報基盤センターやLALAさん(Library Academic Learning Adviser)にもご協力いただいて、スタッフ総出でこのイベントに参画します。

事前の打合せで、関係の先生方と話していて思ったのは、「ペーパーテストでは測れない、皆さんの持つ可能性や潜在的な力を丁寧に見極める」ということに、本気で取り組んでおられるのだな、ということです。

そして、今回のプレゼミナールについては「いろいろな意味で一人一人にお土産を持ち帰ってもらいたい」とのこと。
例えば「図書館情報検索演習」は・・・
①情報検索力や自分の考えを論理的にまとめる力は、これからいかなる場面でも必要になるスキル
②入試を受ける・受けないにかかわらず、この演習を受けることは今後の学習にとってプラスになるはず

という想いが込められているのです。

ここまで言っていただいたら、図書館としても発奮しないではいられませんよね!
参加してくださる皆さんに、「参加してよかった!」と思っていただけるよう、図書館としても全力で取り組みたいと思っています。


(ヒトリゴト:私が高校生の頃は、オープンキャンパス自体がなかったんです。
そして、小学5年生の夏休みに(いまは亡き)父に連れられて、「娘が来年受験するので」と言って(どう考えても無理 ^^;)、キャンパス内を見せてもらったのが、・・・懐かしい思い出です。

理系は「実験室入試」、文系は「図書館入試」という愛称が付いているお茶大新フンボルト入試のプレゼミナール今回のプレゼミナールの参加対象は、高校の先生、高校2年生と3年生です。先生と3年生にとっては、「アカデミックなオープンキャンパス」として。そして、2年生にとっては、来年に向けたチャンスとして。
ぜひご参加ください。 お待ちしています!

プレゼミナールちせちゃん


※詳しい情報はこちら:「 新フンボルト入試プレゼミナール2015」パンフレット(PDF)
※パンフレットには、図書館キャラクターのしほりちゃんと、歴史資料館キャラクターのちせちゃんも登場しています。




関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック