お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
多和田葉子さんご本人が展示を見に来てくださいました!
2015年08月05日 (水) | 編集 |
多和田さん来館2
こんにちは、LiSAのみやくぼ・おおさわです。
昨日(8月4日)、大学本館で多和田葉子さんの講演会「犬婿から白熊へ 本という不思議な動物」が行われました!
講演会はとても盛況で皆さん多和田さんのお話を熱心に聞いていらっしゃり、お話自体も興味深くて時々会場に笑いが起こるような楽しいひと時でした。多和田さんへの質問のコーナーの際には多くの人が手を挙げて思い思いの質問を投げかけていました。(なんと質問した方には先着で多和田さんからの著書のプレゼントもあったのです!うらやましいですね!!)

さて、この講演会に連動して開催していました、LiSA自主企画「多和田葉子さんの《本の世界》(どうぶつえん)」ですが、多和田さんご本人にお目にかけることができました。
なんと多和田さんはこのブログを事前にご覧になっていたそうです。なんとも畏れ多いことで、ネットに情報を発信することの重大さに震える思いです。
また、講演会にいらした方々にも展示をご覧いただきました。学内だけでなく、学外の方々にも展示を見ていただくことができて我々LiSAも頑張って作った努力が実り、とてもうれしく思います。
我々が描いたPOPも喜んでいただけたようで、何よりです。

多和田さんを始め、たくさんの方々にご好評いただきました企画展示ではありましたが、昨日をもちまして開催終了、本日午前中に撤去いたしました。
展示していた本で、図書館に配架されている物は今日から貸出ができますので、夏休みのお供にどうぞ!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
みやくぼさん、おおさわさん、さっそく記事をUPしてくださって、ありがとうございました。
多和田葉子さん、谷口先生、そして多和田さんの作品を世に出している出版社の方々が、とても熱心に、かなり長時間、じっくりご覧になられていましたよ!
そして、記事にも書いていただいたとおり、事前にブログも見てくださっていたんです。
「準備してくれている姿が可愛かった!みなさんによろしくお伝えください」とのことでした。

「本」を介して、著者と読者、読者同士が繋がる・・・そんな素敵な場を作ってくれた皆さんに感謝です!ありがとうございました。
2015/08/05(水) 13:03:33 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック