お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
卒業を前に
2016年03月22日 (火) | 編集 |
こんにちは、LiSAのたしろです
長いようで短かったLiSAとしての活動も、
いよいよ先ほど終えた業務で最後となりました。
せっかくなので、今思うことを書こうと思います。

○業務を全て終えて
どの業務も非常にやりがいがありましたが、
自分が装備や修理に携わった本、
選書ツアーなどの機会に自分でお茶大図書館のために選んだ本が書架に並ぶ、
こういった自分の作業が目に見える形で残ることがやはり感慨深いです。
また、自主企画は大変であると同時にいつも楽しかったです!
頼もしい先輩の背中を追いかけて、
気づいたら自分が後輩LiSAちゃんと一緒に企画をひっぱる立場になっていました。

「つなぐ」「伝える」
LiSAの目標となっている言葉です。
通常業務では職員さんから教わった作業の手順を、
後輩LiSAちゃんに教えること。
自主企画では来期以降に同じ企画が立ち上がった時に、
過去の事例として参考にしてもらえるように書類を整えること。
社会に出てからも大切になる力を、LiSAの活動を通して身につけることができました。

そしてこのブログやtwitterで「つなぐ」こと。
過去のブログにさかのぼると、ただ日々の記録をしているだけではなく、
職員さんやLiSAが感じたこと、考えたことが書かれています。
私もブログをたくさん書き、時々twitterでつぶやきましたが、
その時その時の思いが、後輩LiSAちゃんに「伝わって」くれれば嬉しいなと思います。
(小声:LiSAの皆さん、昔のブログ記事をぜひ読んでみてください!)

○図書館見学海外編
留学中にブログを書かせていただきました。
一口に図書館と言っても、様々な図書館があることを
グローバル感覚で捉えることができました。
帰国してからも、遠出する機会があると「この土地にはどんな図書館があるかな…」と
つい探してしまいます

○卒業生カード
卒業生も利用者カードを作れば卒業後もお茶大図書館を利用できると最近知りました
このカードを持っていると、「卒業してもまた来よう!」と思えます
http://www.lib.ocha.ac.jp/sotsugyou.html

○図書館と私
卒業後のことについて考え、進路を選択した時、
「図書館とこれからどう関わっていこう?」という問いをずっと抱えていました。
そんな時、もり課長が何度もおっしゃっていた「Library is always with you!」という言葉を思い出しました。
LiSAとしてできる活動からは卒業となりますが、
自分のこれからの周りにある図書館とはこれからも様々な形で関わっていきたいと思います。

長々書いてしまいました…!
これまで私の投稿を読んでくださり、ありがとうございました。
そして5年間、お世話になりました!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
LiSA最終業務、お疲れ様でした!
たしろさん、これまでの5年間の振り返りをありがとうございました。
私がお茶大に着任した時には、田代さんはもうLiSAとして活動されていて、しっかりしているなぁと感心していました。
出逢った後も、LiSAの活動や留学、卒論執筆を通してぐんぐんと成長して行かれる様子に間近で接することができて、本当に幸せでした。
これからのご活躍を、心からお祈りしていますね。
そして・・・合言葉は、そう。"Library is always with you!" ですね!
2016/03/23(水) 09:14:50 | URL | 森いづみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック