お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
お茶娘タイムズ第2号でLiSAが紹介されてます!
2008年12月25日 (木) | 編集 |
もできりこです。久々の登場です。最近は、『ヒョードー(代筆おくだ)さん』に主任ライターの座を奪われそうになっていて(これも一種の下剋上 か!?)焦っておりました。

さて、
お茶娘タイムズ第2号(2008年12月19日発行)です。
「図書館で働く・学ぶ」という記事で、LiSAのことを大きく取り上げていただきました。
ほんとうにどうもありがとうございます!!

お茶娘タイムズ

「お茶娘タイムズ」は、「D-cha」(でぃーーちゃっ!と発音するらしい)という、お茶大の学生さんの企画プロジェクトチームが制作された学内新聞です。「D-cha」プロジェクトは、その目的を、
 「私たち(「D-cha」)の目的は、お茶大生のみなさんに「愉しみ」と「気づき」、「広がり」のきっかけを提供し、大学全体を盛り上げることです。多様性を知り、視野を広げられるよう、様々な事業を展開していく予定です。
とありますように、なんというか、壮大な野望をかかげたグループです。
 #できれば、私も特別会員か何かで入れていただきたいもんです。

で、記事のほうですが、11月の末、ちょうどLiSAちゃんと図書館スタッフが「タトルの時間」(12月15日のえとりさんの記事参照)で盛り上がっていたときに、取材に来てくださいました。
突撃取材記者は、文教育学部人文科学科1年のたなかひなこさんです。
たなかさんは取材に来たはずなのに、気がつくと、なぜかタトルの時間の作業のお手伝いをしていただいてました。
作業手伝ってくださるたなかさんの姿を見て、「一石二鳥」とほくそえんだのは言うまでもありません。

「お茶娘タイムズ」記者のみなさま、またいつでもお越しください。
図書館は常にいっぱい新鮮なネタが提供できます。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック