お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
お茶の水女子大学論に登場
2017年04月24日 (月) | 編集 |
こんにちは。お久しぶりの、LiSAで瑞島です。

4月19日水曜日、天気晴れ、お茶の水女子大学論がいつも通り開講され、いつもと違うのは今回LiSALALAMuSAについての授業ということで、LiSA耳塚さんとお邪魔してきました。

瑞島お茶大論瑞島2耳塚耳塚さん

実はわたくし去年も登場しております。1年後(正しくは11ヶ月後)の今回は、「プチ司書講習」というLiSAの自主企画についてお話しました。私は第3回、第4回プチ司書講習の企画メンバーとして活動したのですが、上手くいかなかったことを次につなげて改善し、プチ司書講習が成功したというお話をしました。LiSAとして活動するということは、職員の方の中で働くので社会人としての勉強になりますし、自主企画ではグループワークを通してチーム作業の経験ができます。これぞまさに「社会人基礎力」!!!耳塚さんは通常業務についてのお話、LiSAの活動で得たものは就職活動でも役に立つというお話をされていました。

つまり、LiSAをやることで多くのことを学ぶことができるのです。

元LALAとしてお話をされた、現在PCサポーターの荒木さんは、学内インターンをすることの意義、LALAさんのお仕事についてのお話をされていました。MuSAさんからのお話は今回はありませんでしたが、いつも歴史資料館でお仕事をされています。

残念ながら今期のLiSAの募集はなかったのですが、今後図書館ホームページに募集のお知らせが出た際は、是非応募してくださいね♪(/・ω・)/ ♪

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック