お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
学生協働ワークショップ in 東京 2017
2017年12月20日 (水) | 編集 |
こんにちは。LiSAのしほしです。
クリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日参加させていただきました、学生協働ワークショップ in 東京 2017(以下学生協働WS)について、簡単にご報告させていただきたいと思います。(゚∀゚≡゚∀゚)

学生協働WSとは、「近年大学図書館で広がりを見せる『学生協働』について、東京近郊の大学図書館の事例を持ち寄り、より多くの学生と、学生協働に関わる教職員がお互いの活動について情報共有し、自らの取組みを更に活性化することをとして開催するイベント」です。
今回のWSは、2017年12月13日(水)にTRC図書館流通センターで行われました。
10大学から学生と教職員合わせて30~40人が参加し、大学ごとで決められた場所に団体の広報ポスターなどを掲示して各団体の魅力を紹介したり、参加者からの質問に答えたり、学生同士でグループに分かれてワークショップを行ったりしました。

20171213-3.png

私は、このような図書館関係の活動を行っている団体が集まるイベントに参加したのは初めてだったのですが、大学ごとに名前や業務内容、構成員や期間などの活動が違っていて、非常に興味深かったです。
例えばLiSAは数十人規模で活動していますが、大学によっては現在メンバーが2人だけで大学側もシステムの維持が難しく、今期が最後の活動となるというところもありました。
他にも、司書課程の学生の身で構成されているところや、図書館の業務は全く行わずに図書館で行うイベントの発案と運営のみを行っているところなど、活動形態は本当に多種多様でした。

20171213-2.png

個人的に他団体の活動で特に興味深かったのは、図書館全体を使った脱出ゲームです。
脱出ゲームそのものはもちろん、図書館の構造や本のだいたいの位置などを楽しみながら覚えることができ、とても楽しそうだと思いました。
お茶大の図書館は来春リニューアルオープンする予定ですし、新しい図書館でこういうことができれば楽しいだろうなあ…(」゚ロ゚)」ヤッテミターイ!!

WSの後半では、別の大学の人と一緒にグループワークを行いました。

20171213-1.png

連想ゲームのような形で、図書館でしたいイベントについて考えたのですが、まさに三人寄れば文殊の知恵(4人のところもありましたが)。
次々に様々なアイデアが出てきて、とても楽しかったです。
「その発想はなかった」「なにそれめっちゃ面白そう」と思えるような、なおかつ現実的なアイデアもいくつも出てきました。
今回のグループワークで出てきたアイデアのいくつか実現できたら絶対楽しいだろうなあ…(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」ヤッテミターイ!!(2回目)

今回のWSで、短い時間ながらも多くの気づきや学びを得ることができました。
また、LiSAとして図書館のお手伝いを続けることのモチベーションもさらに高まりました(もともと高い)。
これからも、このように他大の団体さんと交流ができる機会があれば積極的に参加したいと思います。

長くなりましたが、そろそろこのへんで。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(ノ゚ω゚)ノ*.Thanks*.
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック