お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
国立国会図書館見学に行ってきました!
2019年01月07日 (月) | 編集 |
こんにちは。あけましておめでとうございます、LiSAの福山です!

本日は、昨年12月26日に行ってまいりました、国立国会図書館見学会について書きます( ̄^ ̄)ゞ

国立国会図書館とは、国会に属する唯一の国立図書館で、国内で出版されたあらゆる出版物が収められています。
明治時代の新聞から、区報やバイト雑誌(たとえばan)、漫画雑誌(ジャンプやなかよし)まで、その数約4000万点以上‼Σ(゚Θ゚)

蔵書の多くは東京都千代田区永田町の東京本館にあります。
今回は、館内だけでなく、普段利用者としては見ることのできない東京本館の書庫の中も見学してまいりましたヽ(´∀`)ノ
圧倒的な蔵書量に開いた口が塞がりませんでした!世の中にこんなに出版物があるのかと思うと、なんだかワクワクしてきますね.゚+.(・∀・)゚+.
実際に利用する場合には、必要な本を申し込んで、職員さんに探して持ってきていただく形になります。

見学を終えた後は、お茶大OGの職員さんのお話をお聞きすることもできました!
みなさん様々なところで活躍されていて、憧れますね(´∀`*)
国立国会図書館の業務は、非常に多岐にわたることがわかりました。みなさんがどのようにして職員さんになられたのか、大学時代にやっておくべきだったと思うこと、などもおうかがいし、国立国会図書館についてさらによく知ることができました(´ω`人)

このたびはとても有意義な経験をさせていただきました!m(_ _)m
今回の経験は、LiSAとしてだけでなく、これからの大学生活や就職活動にもおおいに役立ちそうです(*´v`)
お茶大生のみなさんもぜひ、国立国会図書館を利用してみてください!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック