お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館のおしごと
2008年01月21日 (月) | 編集 |
図書館のもできです。

たぶん、図書館にかぎらず多くの職業は、客として(利用者として)見ていたときには思いもしなかったお仕事で支えられてるだろうと思います。
なので、あこがれの職場に就職しても「こんなはずではなかった!」というようなギャップは今も昔もあります。

私は幼少のころから、ものを並べるのが好きだったので、それで図書館のおねえさんを目指したのですが、(ところで他にものを並べる職業って何かありますかね!?今からでも転職できるでしょうか
で、紆余曲折もなく、ほぼストレートの王道でめでたく大学の図書系職員として採用されて、もう20年も働いているのに、念願だった「本を並べるお仕事」ができたのは新人のころだけのわずかな期間でした。

当時は1人職場だったので、自分がやらなきゃなにも動かない。ぜぇーーーんぶ1人で取り仕切っていたんですけど。(取り仕切っていたのは今も昔も変わらないのね!と外野の声が聞こえますが、今はイキイキと取り仕切り、昔は「なんで1人でやんなきゃいけないのよぉ」と泣きながら取り仕切っていた違いがあります。)

で、たぶん、いまではLiSAのみなさんの方が本を並べる作業には長けていらっしゃるのではないかと思います。

なんだかよくわからい書き込みになりましたけど、(^^;・・・
仕事は個々の作業にしちゃうと大したことがないと思えるでしょうが、組み合わせってのが職業人としての醍醐味で、またいろいろ若い時に体験しとくのは悪くないということと、若い時に体験したことは何一つ無駄にはならないということを、本日はお伝えしときたいと思います。

寒い日がつづきますけど、風邪引かないでくださいねぇ~
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック