お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
実るほど頭が下がる稲穂かな
2009年01月28日 (水) | 編集 |
もできりこです。

ひとつ前のエントリーにあった「イベント報告」ですけど、LiSA活動も1年でここまで発展できたかと思うと感無量です。
企画&主催のお二人の頑張りももちろんですが、現代GPさんのご支援のおかげですし、
なによりも、一橋大学図書館の方と国立国会図書館の方のご親切に心から感謝しています。

と、なぁーーんと、私には珍しく謙虚な記載でありましょうか!!
そうなのです。つい10分前から、いきなり「謙虚こそ美徳」という気分になったからなのです。

といいますのも、最近すっかり有名人になった”私ヒョードー”さんですが、
実際、かれは本当によく働き、学内でもとっても頼られている存在なのです。

彼の席と私の席はとっても近いため、(これもこのブログで明らかになってますね)、
自席にいると”私ヒョードー”さんの言動がよく見えるのです。

彼のところには、学内から「パソコン関係のお助け電話」がしょっちゅうかかってきます。
つい10分前にもありました。で、彼は電話で説明するわけですよ。
「画面右側の○○のボタンありますね。そこをクリックしてみてください。そしたら、次は・・・」

で、こういうヘルプをやったことがある方はおわかりだと思いますけど、これは結構大変な仕事なのですよ。
”私ヒョードー”さんは、この私がとなりで聞いていても、親切でとても上手い説明をするのですが、(今まで私が知ってる中では、3本指に入る上手さです)
それでも、電話先の相手が解決しないことが、ままあります。
つい10分前の電話の相手もそうでした。
で、彼は結局、相手先まで実際に行くことになるのですが、電話を切るとき、いったいなんと言ったかというと
「私ヒョードーの説明が下手で申し訳ありません。時間外ですが、今からそちらに伺ってよろしいですか?」

ひぇーーー!!
きっと私が口にしたら、「嫌み」にしか聞こえないこの台詞を、心底誠意を感じさせるように言える人物が身近にいるとは!!

というような経緯があり、つい10分前から「謙虚こそ美徳」を信条にしようと決意したのであります。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
感激しました。
ヒョードーさんは、きっと「いえ、私ヒョードーは、そんな」とおっしゃるかと思いますが、私はこの文章を拝見して、大変感激いたしました。

ヒョードーさんをご存じの方ならば、皆さん、うなずかれていることでしょう。本当にあたたかい光景であり、またあたたかい文章です。

ヒョードーさんのお人柄ともに、このようなことに目を止められ、寄稿されたTLに対しても、尊敬
の念をいだかずにはいられません。


2009/01/28(水) 20:25:36 | URL | おくだ #-[ 編集]
恐縮です。
いえ、私ヒョードーは、そんな…。
2009/01/28(水) 20:27:23 | URL | ヒョードー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック