お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
斥候!!私ヒョードーも、行ってまいりました!
2009年01月29日 (木) | 編集 |
こんにちは、ヒョードーです。

「じゃ、10時に原宿駅改札でね。」

ふふふ、私ヒョードーにも、たまにはこういうことがあってもいいはずです。
そう、今日は10時に待ち合わせて、明治神宮文化館の宝物展示室の見学に行ったのです!
TLと、情報基盤係の私ヒョードーともう1人、そしてMMCさんの4人の総勢7人です。
TLが「これはライバル視察よっ!」とおっしゃるので、
私ヒョードーは、忍者の気分になって、黒っぽい服装で出かけました(結局いつもと同じ格好)。

展示の様子は、私ヒョードーがご報告する前に、すでにおくださんがお書きになっていらっしゃいますが、たしかになんだか見たことあるものがいっぱいあって、嬉しくなってしまいました。
昭憲皇太后の解説文に、「皇太后は大変謙虚な方でいらした」旨が述べられており、
「わぁーーーい!私ヒョードーとおんなじ!」とまたまたハッピーになりました。
もちろんTLもとなりで「わぁーーーい!」と同意してくださいました。

私どもが展示室で見学していると、どやどやと団体客が入ってきました。
TLが「負けないわよ!」とおっしゃるので、
私ヒョードーも気合を入れて見ました。

(中略)

こうして、うるわしい品々を堪能して、出てまいりました。
最後に買ったカタログにある、美しい皇室女性のドレスをTLがお気に召され、
職場では邪魔になるであろうその長い裾を、
私ヒョードーが持って付き従うという新たなお役目も頂戴しました。

続いて、ミュージアム・ショップへ。
と思ったら、そこは、博物館のお店、というより、明治神宮のお土産屋さんでした。
TLは図書館職員の皆さんにお土産のお菓子を購入されたのですが、
(まっさきに総務係に届きましたよね?ね?はやしカカリチョー?)
TLが最初にねらいをつけた「明治神宮限定 ○竹」というお菓子は、
並んでいるTLの目の前で、団体客の人々によってあっという間に売り切れてしまったのでした。
なななんと、うちのTLが、こんなところで負けるとは!
(どなたか、こんどTLに○竹を差し入れてください。絶対、ウケます。
 注意、日持ちがしないので、日々の入荷が少ない。)
TLが購入されたお菓子はもちろん私ヒョードーがお持ちしました。
裾もお菓子も、持つんです。

そしてっ、店を出る時、店頭に飾られていた「牛」模様の手拭いのキャプションに、
とつぜん私ヒョードー、反応!!!!

「ぎゅうぎゅうづめ モウォー、ぎゅうぎゅうです!!」

TLと私ヒョードーと3人で(絶対に3人なのです!)
ツボにはまって、笑い転げてしまいました。
手拭いの柄は、牛がぎゅうぎゅうと描かれているものなんですが、
この、カタカナの使いっぷりといい、「!!」の打ち方といい、
この表現法が、なんだか私ヒョードーの文体と似通ったところがあり(自分が書いたのかと思った)、
とても見逃すわけにはいかなかったのです。
見てください!これです↓。

もーぎゅぎゅう

「さ、原宿でランチしよ!!」

ふふふ、この明るいイメージ、オシャレな響き。
私ヒョードーも、たまにはこういう昼ごはんがあってもいいはずです。
見学が終了し、ランチタイムとなり、連れて行ってもらったのは、
原宿駅前の路地をちょっと入ったところの、ランチ・ビュッフェのお店。

ランチ・ビュッフェ 女性1,300円、男性1,500円、……あれっ!
「ヒョードーさん、「私ヒョードーは、心は女性です」って言えば平気ですよ!」
「女装すればいいんですよ!スカート、スカート!」
「じゃ、女性7人ってことで!」
と、皆さんに親身のご助言をいただいたのですが、
私ヒョードー、このたったの200円で、失うものがあまりにも大きすぎると判断し、
ちょっぴり未練はありましたが、やっぱり勇気がなくて、
いさぎよく1,500円払いました(偉いぞ、自分!)。
ああ、TLの女装命令が出なくてよかった~。
(そもそもTLは決して無理無体なご指示は出されないのです。信じています。)

でもお料理はおいしくいただき、たくさん食べて、おかわりもして、
デザートも飲み物もちゃんとゲットしたので、後悔はありません。
ただ、私たちのテーブルのあった1フロアで、お客は女性が25人ほどいる中に、
男性は私ヒョードーただ1人。
他のフロアにも、すこーしだけカップルの男性がいる程度で、
圧倒的に女性客ばっかりであることには、ひたすら気づかないようにしていました。

「ジャニー○・ショップへゴー!」

ふふふ、食事が終わって、まだ昼休み時間が残っていたため、
ランチのお店のとなりの、ジャニー○・ショップへ。
(ランチのお店のとなりに偶然ジャニー○・ショップがあったのか、
 それとも、ジャニー○・ショップのとなりだから、ランチのお店に選んだのか?)

もちろん、私ヒョードー、人生初めてのジャニー○・ショップです!
緊張して足を踏み入れると、そこはもう、芸能界!(なのか?)
顔と名前が一致しない私ヒョードー、博学のTLに
「これが○○くん、こっちが△△くん」と教えていただき、必死に暗記。
一番難しいのが、グループがだぶってる、ってやつですかね。
(こんど私ヒョードーに、テストしてみてください、頑張ります。)

しかし、店内は若い女性でいっぱいで(TL含む)、
黒い忍者姿の私ヒョードーは、思いっきり浮きまくり!
平日の昼になんでここにこんなに人がいるんだ!と思ってましたが、
平日の昼になんでここにこんな人がいるんだ!と思われていたに違いありません…。
気のせいか、店員さん(男性)にマークされていたような。

戸惑いまくりの私ヒョードーでしたが、
そんなに困るなら店外で待ってりゃよかったじゃんねえ、と言われるまで、
そんなことには全く気付かず、律儀に店内に留まっていたのは、
そんなには困らなかった、ってことですかねえ。

とはいえ、私ヒョードーも、もともと仕事熱心ですから、
ここでも、TLの主導のもと、「大学のホームカミングデイで、いかに大量の写真を効率よく売るか」
という戦略を、ジャニ-○・ショップの手法に学びつつ、練っていたのであります。
「大人買い」のしかたも、TLから習いました。

さいごに、矢印マークのペンライトを売っていたのを見つけ、
TLが「ヒョードー、これ持って歴史資料館へのお客さまの誘導をするっていうのは、どう?」と
発案なさったのですが、公費では買っていただけそうになかったので
(どんなもんでしょうかね?はやしカカリチョー?)
一応やめときました。

私ヒョードー、いつもはメガネを使用しないのですが、
ここぞっ、という時は、メガネをかけます。
今日は朝10時の集合時から、メガネをかけて臨みました。
展示もランチもショップも、ばっちりです。
(そして午後職場で平常業務に戻った私ヒョードーは、
 もうメガネをかけてはいなかったのでした。)

今日の展示見学は、たいっへん勉強になりました。
資料展示の方法とか、キャプションのつけ方とか。
おかげさまで、明治天皇も、昭憲皇太后も、大学資料も、原宿も身近に感じられるようになりました。
これからは1人でも原宿に行けそうです。
このような機会をいただいて、ありがたく思っております。(←謙虚!)
ホントにホントーです。

私ヒョードーこと、ひょうどうのりかず
(本当に本物)




関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
これをお読みになられたみなさまは(多くの読者の方は、同業他社の方だと思いますけど)、たぶん3つのことをお感じになられたでしょう。

1)このエントリーとひとつ下のおくださんの記事は。ほんとうに同じ日の同じ人たちによる同じ行動を記しているものか?

2)同じグループの行動だとして、短時間にあまりにもすごくないか?

3)そして、なんで毎日お茶大図書館はこんなに楽しそうに暮らしてんだ?

上記答えは、すべて「Yes」です。
ほら、アメリカの新大統領もおしゃっているではありませんか。「Yes We can!」って。
やろうと思えばできるもんです
2009/01/29(木) 23:53:05 | URL | もできりこ #-[ 編集]
矢印マークのペンライト!?
ところで、誰からもツッコミがないので、自らフォローしておきます。
「ジャニー○・ショップで売っている矢印マークのペンライト」ですが、工事現場グッズ屋があるまいし、矢印マークのペンライトが売っているはずはないのです。
では、矢印マークのペンライトとはなんなのか!?
頭文字が「A」のついたグループいますね?はい。わたくしも最近目をかけているあの5人組です。
あのグループ用のペンライトを想像してみましょう。そして、「A」の文字を90度倒してみましょう。
ほらっ!「歴史資料館はこちらです!」に使える矢印マークのペンライトに早変わりです。

矢印マークのペンライトが欲しいっ!!
そして、この発想の柔軟さを誰か誉めてっ!!
2009/02/01(日) 23:01:36 | URL | もできりこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック