お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館に楊逸さんがいらっしゃいました!
2009年02月02日 (月) | 編集 |
ご指名いただきました、ひろたです。

講演会の後、図書館キャリアカフェで楊逸さんを囲む会が開かれました。
「図書館にお迎えしたい!」という夢が素敵な形で叶いました~

(講演会で仰っていらしたのですが、昨秋久しぶりにお茶大にいらした際、
キャンパスの変化(なかでも生協と図書館が明るくなったこと)にビックリされたとか。
今回は、外からご覧いただくだけでなく、図書館で歓談のひとときをお過ごしいただけました。)

↓オサダさん作キュートな「熱烈歓迎!」。楊逸さんが「持って帰りた~い」と大感激されていました★
楊さん@図書館4

講演にあわせ、12月まで開催していた企画展示が、一部再展示されました。
↓「楊逸さん展示コーナー」(オサダさん こばやしさん力作)を覗き込まれる楊逸さん。
楊さん@図書館2

楊逸さんのあたたかな人柄あふれる素晴らしい講演を拝聴した直後、
ご本人を囲んで環になり、お茶をしながら歓談という素敵な企画!
(この場を設けられた講演会実行委員の方々、楊さんのご配慮に脱帽です)

楊さん@図書館1

参加者の方々の(留学生、地理学科ご卒業のOGなど)の喜びが場全体に溢れていて
キャリアカフェでこんなに和やかなひとときを共有できたことにも、喜びひとしおでした。

楊逸さんの「時が滲む朝」と最新刊「金魚生活」にサインをいただきました。
まもなく、閲覧室に並びます。こちらもお楽しみに♪


関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
楊さんのご講演の中で、お茶大で地理を勉強できて本当によかったこと、具体的にいつ役立ったというのではないけれど、そのときの経験がなければ今の自分はいない、と何度かおっしゃられていたことが印象に残りました。
また、女子大学で学ぶ利点や少人数制教育の良さについても語ってくださいました。

大学での学びが何かにすぐに役立つことは少ないかもしれないけれど、その人の深いところに蓄積され、その後の豊かな人生の助けになるものだということを実感しました。

キャリアカフェでの楊さんを囲む会も同席させていただきましたが、卒業生のみなさんや在校生のみなさんの楊さんへのメッセージにも心を打たれました。
キャリアカフェが温かな空気で満ちあふれていて、ほんとうによい時間でした!
2009/02/02(月) 16:57:03 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
No title
タムラ@現代GPさぁーーーん!!
お読みになりましたっ!?

本当にねぇ、土曜日は、キャリアカフェがさらにいつもに増して、キャリアカフェの名にふさわしい雰囲気だったんです。

図書館にキャリアカフェ置いてもらって良かった!としみじみと感動してました。
2009/02/02(月) 21:50:58 | URL | もできりこ #-[ 編集]
素敵です(^^)
もできさーーーん!!
拝読いたしましたっ! (遅くなってスミマセンxx)

本当に、私も読みながらその光景をイメージし、「これぞホントにキャリアカフェだなぁ」ってしみじみと感動しておりました。

こんな素敵な卒業生の姿に在学生もスタッフもいっぱいパワーをもらえる機会、これからもどんどん繰り広げて行きたいですね(^^)
2009/02/04(水) 22:26:40 | URL | タムラ@現代GP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック