お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館のおしごと【選書(せんしょ)】:それは、「セレクトショップ」
2008年01月24日 (木) | 編集 |
図書館のもできです。

考えてみたら、LiSAのみなさんはすっごく多忙なんですよね。
授業と授業の合間にLiSAの業務についてもらってるわけですし、そういや、試験も近いし・・・

ということで、しばらく、わたくし、みなさんへのメッセージを送るつもりで書きます。
(拍手!とかコメント!とかいただけると嬉しいです)

さて、選書なんですけど、これがないとスタートしないんですよ!図書館のお仕事って。
で、結構、度胸がいるというかそういうお仕事です。
例えるなら、野球で1回表、まずはピッチャーが初球を投げてくんなきゃどぉーーしようもない!っていうのに近いです。自信があろうがなかろうが、とにかく誰かが投げなきゃ始まらない!そういうもんです。

で、「誰が選書するか!?」なんですが、教員からの推薦ってのが日本の大学図書館では昔から強いわけですが、お茶大では、昨年度から図書館職員の推薦による学生図書選書ってのを頑張っています。頑張ってますけど、やっぱりなかなか難しいです。日々、勉強です。

で選書するってことは、お店やさんで言うところの「店長のお勧め!」とか「○○さんセレクト!」とか「バイヤーが直接パリで買い付けてきた一品です」とかそういうもんです。
なので、自分で推薦した本がめでたく通って、書架に並びますと、毎日とぉーーても気になります。
わが子のデビューを見守る心境です。
誰かに読んで欲しいと新着図書コーナーの柱の陰からこっそり念を送ったりします。本当です。(^^)

ですが、残念ながら(?)書架に並んだ本には誰が選んだか!の印はついていません。
OPACにもそんな情報は出てません。
で、ここまで書いて思ったんですが、そういやなんで出ないんでしょうね?なんか出てもいいような気がしてきた・・・

国内外問わず、そういうOPACがあったら、ぜひ情報ください。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
けっこう前にアップされていた記事なのだけど、よくよく考えて見ると非常に面白いのではないかということに気がついたので紹介。 お茶の水女子大学附属図書館LiSA活動日誌  図書館のおしごと【選書(せんしょ)】:それは、「セレクトショップ」 ですが、残念ながら(?)
2008/01/28(月) 06:08:13 | かたつむりは電子図書館の夢をみるか