お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
椅子も象も天から降ってきたわけではない
2009年02月18日 (水) | 編集 |
もできりこです。
事務室寒いです。
でも。東京の寒さで文句言ってたら、北の地方の同業者に申し訳ないので我慢します。

昨日(2月17日)も夕方からご見学のお客様がお見えになりました。
関連業界の民間企業の方です。
こういうお客様も、緊張もしますけど大変嬉しいです。
わざわざお越しいただきありがとうございます。

で、民間企業の方にご説明するのもお恥ずかしいのですが、
制約がある中でいかに問題を見つけ、すばやくスマートに解決する方法を考えるか?
問題解決と同時にスタッフのスキルアップ、モチベーションアップを図るか?
予算をどうやってうまく持ってくるか?
等々をお話しさせていただきました。

理論的にきちんとつめて日々仕事しているわけではないですが、
ちょっとずつ振り返ると、点、点、点が線になり、面になり、立体になってきたな
ということを実感しました。
 #はい。人に説明していると実感するのです。不思議なもんです。

最近のエントリーで
「椅子が来た!」だの「象19頭!」だのはしゃいでますが、
ぼぉーーと待ってて、椅子や象が天から降ってきたわけではないのです。

これを、「仕込んでいないぼた餅は、棚から落ちてはこない」と表現した方がいます。
秀逸な表現だと思います。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック