お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館のおしごと【選書、蔵書構築】:ローマは一日して・・・
2008年02月17日 (日) | 編集 |
もできりこです。もう少し日を空けずに書きたいとは思っているのですが、なんだかんだで時間が過ぎてしまいます。毎日、絵日記をアップしたり、ブログを書かれている方を心底尊敬します。毎日、サボらずなにかやるというのは、まとめて一気になにかやるより偉大です。

さて、大学図書館の底力というのは「蔵書構築」にこそあるのでは?と思っているのですが、教養が学問というものが地味な努力の積み重ねであるように、「ローマは一日にして成らず」とか言われるように、日記は毎日書いてこそ日記であるように、蔵書構築というものも、真摯な選書の積み重ねの結果です。
たまたま、予算配分がごきげんな年があって、その時にだけ「がぁーーー」と本を買えばいいというものではありません。
真摯に選書を重ねてきた大学図書館とそうじゃなかった図書館の蔵書構築は、当然ながら差が出ます。

しかしながらですねぇ・・・どんなに真摯に選書を重ねてるつもりでも、金にものを言わせて「がぁーー」と本をそろえてみても、利用者である学生からの投書「図書館に本がない」がなくなることはたぶんありません。
こういう投書がくると、図書館職員というものはへこみます。が、へこんでばかりじゃ仕事にならないのでなんとかせねばっ!奮起します。奮起したチームリーダーは、予算の調達に学内を走り回ったりするわけです。
それでも思うことは、選書し、蔵書を充実させていくということは、今の学生さんに満足してもらうことももちろん大事ですが、50年後の学生さんにも貢献したいと思うのです。

さて、話はコロリ変わりますけど、お茶大図書館では、2月の週末を利用して1階の学生スペースのカーペットや壁紙の張替えを行っています。こういう仕事は、一気呵成に「がぁーーー」といくべき仕事の代表です。
毎週、利用者の方に「うわっ!また綺麗になった」とか驚いてもらうのが楽しみです。

LiSAのみなさんには、図書館のおしごとって、地味な積み重ねだけではなく、ダイナミックな大胆さだけでもなくというところを少しでも感じ取っていただけたらと思ってます。

そして、図書館では、来週の3日間でまた大掛かりな引越しを予定しています。乞うご期待!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック