お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館のおしごと【選書の方法】
2008年02月17日 (日) | 編集 |
もできりこの連投です。
「だれか、助けると思って割り込んでくれぇ~」と心から思ってます。へるぷ・みぃです。>LiSAのみなさま、お茶大図書館のみなさま

1分前に「毎日こつこつ何かを続けることは、一気にまとめてやるより数段立派!」と書いたばかりですが、働く女には「休日にまとめてがぁーーと一気に片付ける」という才覚も欠かせません。

さて、
2日前の金曜日、東北大学の図書館職員から、本学図書館の見学に見えられました。東北大学さんといえば、「「大学生のための情報検索術」などというブログを続けられていて、また、「漱石羊羹」などというものを売り出されたりしていて、私が心ひそかにライバル!と思っている大学図書館さんのひとつです。
 正確に言うと「東北大学には負けないわ!」と常日頃騒いでいるので「心ひそかに」というのはウソです(^^;

そこから、見学にいらっしゃるというので、どれだけ嬉しく晴れがましく思ったか想像いただけるでしょうか?
で、こちらの図書館のスタッフも交えて、いろいろと意見交換をする中で「図書職員の選書」のことに話しがおよびました。
つまり「で、具体的にどうやって選書していますか?」ということです。

ま、いろいろな方法があるでしょうけど、私の場合、最後の最後は現物を見ないと自信が持てないので、大きな本屋を数軒回って現物を見るというのも手段の一つです。
新橋~銀座~有楽町~日比谷~東京駅あたりが、私のお買い物スポットですが、その周辺の書店で、どうみても場違いな主題の棚でステップ上段によじ登ってメモをとってる怪しげな女がいたら、それは私かも・・・
来年度からはもうちょっとスマートな選書方法を考えてみたいもんです。

もう一つは、学内の選書担当の教員に「○○の分野が少ないですけど、もっと他になにかないんですかぁ!!」と督促するのもリーダーのお仕事のひとつです。(たぶん)
その甲斐あっていくつかの分野でまとまった推薦をいただきました。

ということで、今日のテーマは、ステップによじ登る行動力と蔵書データの分析力は図書館のお仕事にかかせないというお話しでした。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック