お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
不況のときこそ、営業努力!
2009年03月04日 (水) | 編集 |
もできりこです。こんばんわ。
LiSAのみなさま、春休みをどうお過ごしですか?

さすがに今週に入ると、図書館に来てくれる学生さんの数も減ってきました。
さみしぃ(;;)もんです。
でも、黙っていても、毎日、学生さんでにぎわっている時期ではない今だからこそ、
営業努力が大事なのではっ!と思いついたのは、昨日の大学食堂でのことでした。

たしかに、キャンパス内に、お茶大生の姿はぐっと減ったのです。
しかし、なぜか、大学食堂には、そこそこの人がいるのです。
「1個目のカニクリームコロッケ」を食べながら、じっと観察しました。
おぉ!!そうなのです!!
普段にはいないようなメンバー、つまり学外の方がいらっしゃるではありませんかっ!!

で、「2個目カニクリームコロッケ」を食べながら、さらに考えました。
そうです。学外の方がなぜ、この時期、お茶大に多いのか!?
それは、研究会だったり、セミナーだったり、つまり、そういう行事でお集まりなのです。

で、「食後のお茶」を飲みながら、さらに考えました。
そうよっ!学外からいらした方だって「食後のコーヒー」が飲みたいにちがいないと。
しかし、学外からいらした方にとって、お茶大のキャンパスは「気のきいた喫茶」ひとつない
キャンパスに見えちゃうはずなのです。

いやいや、お客様、そんなことはございませんって!!
図書館には「カフェ」、「カフェ」があるんですぅぅぅ!!
と、今ここで(大学食堂)で、何名かの方に直接営業するのは簡単なことですが、それじゃ、せいぜい
数名しか釣れない、じゃない、お誘いできないじゃないですか!!

そこまで思いついて、飛ぶように事務室に戻って、ものすごい勢いで、
ポスター作成の指示を出して、作って、外に出したのが、下の看板。
そうよ。もう、内部の人にとっては、図書館でコーヒーが飲めるのは周知の事実ですが、
初めて本学を訪問してくださってる方には、決してわからないことですよね。
外に看板ださなきゃ、そのことさえ、お知らせできないのでした。

これが、大学図書館がやることかっ!?という真面目なご批判はあるでしょうが、
キャンパスに来てくださった方はどなたも本学にとって大事なゲストです。
お茶の水女子大学の職員として、おもてなしの心を最大限発揮するのは、当たり前のことだと思います。

↓なんか気になる看板がっ!!
CIMG0624.jpg

↓アップ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック