お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
もしかして、初めての・・・
2009年03月05日 (木) | 編集 |
こんにちは、日文3年LiSAのたなべです。

今日は個人的に「きゃっ(>▽<)」ということがあったので記事を書かせてください。


今日は午後からLiSAの作業に入っており、最初は寄贈図書関係の作業をしていました。
杉山さんの指示のもと、ひたすら魯迅本とにらめっこ・・・寄贈図書に蔵書印を押したり寄贈箋を貼ったりしていたのですが、途中から廃棄本の作業をすることになったのです。
杉山さん「じゃあ少し休憩したら今度は総務の方で廃棄本の作業を・・・」
たなべ「(謎の)総務?」
(もしかして・・・LISAとして(謎の)総務係さんのもとへ作業をしにいくのは初めてなんじゃないか私!?
あれ?でも廃棄本の作業ってラベルをガリガリ削ったりするアレよね・・・ん?丁度1年前同じ作業を今の書庫6でやったことがあるけれど・・・そのときは総務係さんの指示のもとじゃなかった気がするなあ・・・。じゃあやっぱり初めてなんだ!!)以上心の声。

そう、1期からLiSAをやらせていただいていますが、今日はLiSAとして(謎の)総務係さんのもとでの初作業をしたのです。

あまりに驚いたせいか嬉しかったせいか、はたまた緊張したせいか、総務のヒロセさんに「すっすみません・・・」と声をかけた後、言葉が続かなくて金魚みたいに口をパクパクさせてテンパってしまいましたが、久しぶりのラベルはがし、そしてヒロセさんとお持ち帰りコーナーに本を並べたこと、どれも楽しかったです。


因みに、聞こう聞こうと思って聞きそびれてしまったのですが、今回の廃棄本はどれも貸し出し処理をしないとゲートでブザーが鳴ってしまう魔法がかけられていない本ばかりでしたけれど、もし、その魔法がかけられている本を廃棄する場合、そのまま古紙回収に出してしまっても問題ないのでしょうか?タトルは異物にはならないのでしょうか。
ちょっと気になりました。


最後に宣伝を。
春休みのせいか、お持ち帰りコーナーの本の減りが普段より少ない気がします。
こちらのコーナー、思わぬ掘り出し物があるかもしれません。学生の皆様、是非是非覗いてみてください!場所は図書館2階クワイエットスタディルーム(学習室)入り口です。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
管理係の杉山です。

そうでしたか…。
田辺さんはそれまで総務係で仕事をしたことがありませんでしたか…。
管理係の業務の来たLiSAの方に1時間ほど総務の仕事に回っていただくことが最近多いので、田辺さんもそれを経験しているものだと思っていました。
総務の仕事をお願いしたときの反応がなんか妙な感じだったので気になったのですが、廃棄本に関する仕事をやったことあると言われたので、経験があると独り合点してしまいました。
それが去年の話だったとは…、確かにやりましたね。
あの時も総務係の業務の応援だったような気がしますが、当時はまだ総務係が神秘のヴェールに包まれていたので、LiSAの方々にはどの係の業務かわからなかったのかもしれません。

2009/03/07(土) 10:34:40 | URL | 杉山裕治 #-[ 編集]
No title
基本的にいつも挙動不審(?)なLiSAのたなべです。

杉山さん、コメントありがとうございます。
実は、2月中は殆どLiSAの業務に入っていなかったので、そのような仕事の流れになっているとは全然知りませんでした。(管理係のお仕事を業務計画に入れたのも1月以来ですね。)
妙な反応をしてしまいすみませんでした・・・。あちゃあ・・・LiSA業務の流行(!?)に乗り遅れてしまっていたのか・・・。
2009/03/08(日) 00:13:30 | URL | たなべ #-[ 編集]
トレンディ総務!?
あらっ!(^^)
そうよ。今のはやりはねぇ、総務係のお仕事補佐ですの。

たぶん、大学図書館で学生さんがなんらかの形で業務の補助をされているところは多々ありますけど、「総務係」のお仕事までできるのは、お茶大LiSAだけだと思います。
2009/03/08(日) 20:56:59 | URL | もできりこ #-[ 編集]
やっぱり謎らしい
総務係のヒロセです。
たなべさんとの初仕事、なんとなく私もキンチョーしてしまいました!

LiSAのみなさんにはここのところ、除却本の処理を手伝っていただいてます。ついに総務係も役に立てて嬉しいです!
いつもながら、サクサクと作業を進めてくださって、たいへん助かっています。
除却本の中には、もう触るのもイヤっていうほどボロボロになったものもあれば(某Yさん、先日はお疲れさまでした・・・)、
複本があるために泣く泣くサヨウナラする本もあり、
意外に後者が多かったりもするのです。

ぜひ、第2の人生を送らせてあげるべく、お持ち帰りコーナーの本たちを拾ってあげてくださいね♪

ちなみに、たなべさんご指摘の「貸し出し処理をしないとゲートでブザーが鳴ってしまう魔法」ですが、今まで考えたこともなかったのでした。
アレはおそらく、磁気テープですから金属のはず・・・まずくない!?
実際今までの除却本では、アレが入っていた数は少ないはずなのですが、
ひとまず、お持ち帰りコーナーに「魔法がかかった本」がないかどうか確認し、既に棄ててしまったものはごめんなさいということで、今後は注意をすることにします!
さすがたなべさん、良い点に気づいていただいて、感心しました。
2009/03/09(月) 20:33:22 | URL | ヒロセ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック