お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
大分日帰り公演「ただいまぁ~」
2009年03月05日 (木) | 編集 |
こんばんわ。もできりこです。

本日は、雨雲を追いかけたり、追い越されたりしながら、大分まで日帰りで講演に
行ってまいりました。
ちょうど、↓LiSAのたなべさんが「きゃっ(>▽<)」とか思ってるときに、
私ははるか西の地で、LiSAについて、熱く語っていたのでした。

そのほかに熱く語ったことは、義理人情とか、ま、そういうことです。
昨年、今年とあちこちで講演に呼んでいただきまして、だいたい、テーマとしてお願いされるのは、
似たようなことなのですが、
よくも、毎回、毎回、新しい切り口で語れるもんだと、自分ながら感心する思いです。
 #私の講演を誰よりも楽しんでいるのは、私かもしれません。(^^)

さて、大分空港というのは、海の上にありまして、ちょうど空港とは対岸にある大分市に行くのに、
バスだと軽く1時間、道路が込むと大変なことになってしまうのですが、
「ホーバークラフト」という水上ジェットバスみたいなのに乗りますと、30分で着いちゃうのです。

行きは、万が一にも講師が遅刻しては困るという配慮からか、大分大学の図書館の課長さん(じつは私のお友達)がマイカーで向かえにきてくれ、会場の日本文理大学まで連れていってくださいました。
  #なんというか、地元の興行主が空港まで(タレントが逃げないように)迎えに来た
   という図にみえなくもない。と思った。

帰りは、なにせ飛行機に乗り遅れては一大事ですので、ホーバークラフトを利用しました。
で、空港駅で、ホーバークラフトを降りて、パッと目についたのが、ホーバークラフトのポスターだったのです。
このコピーに、「きゃっ(>▽<)」「きゃっ(>▽<)」「きゃっ(>▽<)」と感じいってしまったので、
本日のネタとして提供します。

《道がないから、近道なんです!》
いい言葉だと思いません?

本日の講演のテーマのひとつが「前例がないことをやるのは、楽しい!」でしたから、
要するに、翻訳すると、《道がないから、近道なんです!》ということなのです。


 平成20年度 大分県大学図書館協議会研修会
 会場:日本文理大学情報センター7階 プレゼンテーションルーム
 プログラム:
   開会挨拶 日本文理大学図書館長 小幡 章
   講演会
    「壁を壊した図書館:ラーニング・コモンズ、キャリアカフェ、お茶大図書館のチャレンジ」
    茂出木 理子(お茶の水女子大学図書・情報チームリーダー)

   質疑応答

↓ 地元の興行者のお一人が、出演者を紹介する図
20090305-00.jpg

↓ 「前例がないことをやるのは、楽しい!」と語る図
20090305-01.jpg

↓質問「なにか苦労されたことはないですか」 My Answer「ありませんっ(^^)」の図
20090305-02.jpg

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック