お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
準備万端(13日はライブラリカフェの日)
2009年03月08日 (日) | 編集 |
こんばんわ。もできりこです。

さて、今度の金曜日は、ついに「お茶大ライブラリ・カフェ」の日がやってきます。
お席のほうも完売ですし、こちらの諸準備も、ほぼ整いました。
お茶大図書館として、せいいっぱいのおもてなしをしますので(なんたって、はにゅう館長がおもてなし代までポケットマネーでくださったしぃ。ふふふふふっ)、いらっしゃる方もどうぞ楽しみにウキウキとご来館くださいね。
「狭いながらも楽しい図書館」を体感していってください。

さて、講演ですが、私の場合は、2時間しゃべるにしろ、20分しゃべるにしろ、
「なにをしゃべるか」ということは、おおよその筋道が頭の中で組み立てられたら、もうOKなんですが、
その日の「キーフレーズ」を何にするかは、最後の最後まで迷うところです。
場合によっては、直前の講演者の言葉に触発されて、「キーフレーズ」を変更したりもします。

今回の「キーフレーズ」は、昨夜、帝国劇場でフライングする光ちゃんを観劇しながら、ひらめきました。(^^) もう、何があっても変えません!
 (ところで、「帝国劇場でフライングする光ちゃん」で、すぐに意味がわかる方います?)

職場で、机で、出張先のホテルで、ウンウンうなっていても、思いつかないことを、意外な場でひらめくもんです。
そういう意味でも、図書館員こそ、図書館外に飛び出すべきでは!と思います。
だから、実験室や研究室で、煮詰まった感がある方は、ぜひ、図書館へGOっです!!(^^)
特に、キャリアカフェ文庫とか、リベラルアーツコーナーとか、自分の分野とは関係ない本をぱらぱらしてると、なんかひらめくことがあるんじゃありませんかしら??

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック