お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「Nineteen Elephants Project」、本日を持って終了♪
2009年03月30日 (月) | 編集 |
こんにちは。

情報サービス係 えとりです。
はにゅう先生に続き、わたしも「うわぁーーい!」と言っちゃいます♪

2つ前のエントリーでTLが速報くださったように、2月半ばから始まった書庫と開架資料の入替え作業、通称「Nineteen Elephants Project」が、予定日より1日早く、本日3月30日(月)にめでたく終了しました!

入替え自体は先週金曜日に終わっていますので、今日は最後の調整日。
寝ても覚めても引越し、引越し、で明け暮れたこの1ヶ月半...
引越し隊長のお役ももう終わりかと思うと、感無量です。

これで新学期を迎えた在校生のみなさんや新入生のみなさんを、ぴかぴかの図書館でお迎えできます!うわぁーーい!

思い起こせば、今回の入れ替え作業の前段階では、LiSAちゃんたちの力もたくさんお借りしました。
学科から移された図書の重複チェック(Webcat検索の達人になりましたよね!)、
重複図書の廃棄処理のお手伝い(ラベルを剥がしたり、お持ち帰りコーナーに並べていただきました)、図書館への受け入れが決まった図書への楽しい楽しいタトル入れ...
これらの地道な準備作業があったからこそ、今回の大がかかりな引越しが実現できたのです。
どうもありがとうございました!

そして、実際に作業くださった業者さんたちにも感謝の気持ちで一杯です。
すばらしいチームワークで毎日こつこつと入れ替えを進めていただきありがとうございました!
きれいに配架するコツも伝授していただきましたので、この美しい書架を保てるようみんなでがんばります。

TLがアップしてくださった写真の通り、書架整理がおいつかなかった開架書架が見違えるようになり、本たちも心なしか誇らしげに見えます。一方、書庫に降りた本たちは、第一線から退いて、書庫でほっと一息といったところでしょうか。
でもでも、落ち着いてはいられません。GW明けには書庫も学生さんに開放して、自由に手にとっていただけるようになるんです。

ちなみに、書庫の名前は、「1階オープン書庫」
(「自由にみんなが入れる書庫」ということが明確かつ斬新な響きのこのネーミングを考案くださったのは、謎の総務係ヒロセさんです!)

ということで、引越し隊長免除の次は、1階オープン書庫開放準備隊としてのお仕事が待っているのでした。

あとは、元大学院図書室にあった参考図書を2階の参考図書コーナーに組み込んだり(そういえば、参考図書の背ラベルにRを付ける、というのもLiSAちゃんにやっていただきましたね!)、書架の横につける分類の掲示を新しくしたり....と、開架資料をより充実させたり、使いやすくする作業も残っています。
これらについては、第4期LiSAちゃんたちの力も借りたいな、と思っていますので、どうぞよろしくお願いします♪

以上、引越し隊長の肩書きが案外気に入っていたえとりでした。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
質問
貴行の図書館は
一般の人でも
借りられるということですか!?
2009/03/30(月) 20:39:23 | URL | 高校1年生!! #EBUSheBA[ 編集]
ごめんなさい。
高校一年生!!さん、コメントありがとうございます。

ごめんなさい。一般の方への貸し出しは、登録いただいた文京区民の女性の方のみに限らせていただいています(4/1より開始。有料です)ので、ご了承くださいね。

学外の方の利用については、HPでご案内しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。
http://www.lib.ocha.ac.jp/gakugai.html
(文京区民の方へのサービスについては、4月にアップします)

今後も当ブログをどうぞご愛読ください♪
2009/03/31(火) 12:50:30 | URL | えとり #ZsThrMTw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック