お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
平成19年度学術情報基盤実態調査(旧大学図書館実態調査)
2009年04月13日 (月) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ
またも予約投稿です。

本日から授業が始まりました。
朝から図書館は大勢の学生さんで活気づいてます。
16時現在で、すでに入館者数は1500名です。つまり大学院まで含めて、全学生の半分が来館したという数字です。
お茶大図書館の風景をいちばん支えてくれているのは、学生さんの姿だと実感します。

さて、えらく硬いタイトルとなりました。
4月10日付けで文部科学省研究振興局情報課学術基盤整備室からの報道発表資料として、「平成19年度学術情報基盤実態調査(旧大学図書館実態調査)」が発表になっています。
  →  http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index20/1260269.htm

それでですねぇ、
この中の「平成19年度「学術情報基盤実態調査」の結果報告(その2) (PDF:1358KB) 」の方には、
「大学図書館や情報関係施設の特色ある取組」が参考資料として載っているのですが、そのトップ
記事として、調査回答をした全国747の大学図書館のトップとして、お茶の水女子大学附属図書館のラーニング・コモンズ、キャリアカフェ設置のこと載っているのです。
  →  http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2009/04/10/1260269_2.pdf

先日、某所で「いつまでもラーニング・コモンズやキャリアカフェだけで騒がれたくないんですよねぇ!」などとクールに言い放ったことも忘れて、朝から「くふふふふふ」としてしまいました。
>ITセンターのみなさま、現代GPのタムラさん
どうぞご覧になってくださいなぁ~
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック