お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
2月の京都での講演記録をTeaPotに載せました
2009年04月13日 (月) | 編集 |
もできりこです。こんばんわ。
2月23日に京都大学図書館機構の主催で開催された講演会で「幸せな図書館のつくりかた~ラーニング・コモンズは図書館を救うか?~」という話しをさせていただきました。本日、この時の講演記録をTeaPotに搭載しました。京都大学図書館のなかむらさまをはじめ関係者のみなさま、いろいろとお世話になりました。そちらでのアップを待ちきれずに先にアップさせていただきます。

 →TeaPot(お茶の水女子大学教育・研究成果コレクション) http://hdl.handle.net/10083/35018" target="_blank" title=" http://hdl.handle.net/10083/35018"> http://hdl.handle.net/10083/35018

A4で11枚というちょっとした長さですが、ま、元々が調子よく(ご機嫌に)しゃべったことの記録なので、読んで「難しいぃ(><)」ということはないはずです。私と面識のある方が読むと、声が聞こえてきそうという文体でもあります。(それはちょっとコワイかも(^^;
さらに言うと、事前に原稿も作らず90分もご機嫌にしゃべれるもんだという自画自賛記録でもあります。

さて、講演中にも大活躍の「だるまちゃん」一体、どう語られたのかっ!その真相は!?
だるま「わたしたちが主役ですかっ!!!」
20090223-2.jpg
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック