お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「第4回タトルの日」開催
2009年04月24日 (金) | 編集 |
もできりこです。こんばんわ。

↓フレッシュほんださんの清風吹き渡るような書き込みのあと、(拍手もいっぱい来てますね)
誰もが遠慮して、書き込みをされないようなので、わたくしが書き込みます。

本日は、『第4回タトルの日』を開催しました。
多くのLiSAちゃんに参加いただき、図書・情報チームのスタッフも空き時間を見つけて参加したりで
賑やかに、かつ、粛々を諸作業が進み、ブックトラック数台分のお仕事が片づきました。
すばらしい団体戦でした。

>こばやしさん、参加のLiSAちゃん、参加した図書館スタッフのみなさま
 ぜひ、コメントを

作業中のおしゃべりの中で語ったことなんですが、私の経験上、1人でやると20時間分の仕事があった場合、2人でやると、1人10時間以下ででき、5人でやると、1人4時間以下でできるもんです。
この場合の要件として、①仕切りがしっかりしていること。②作業者が多様であること。があげられます。(あくまで、私の経験上です)

②の要件について、「ツブは揃ってた方が、作業がはかどるのではないのか!?」というご意見もありましょうが、あくまで、経験上、メンバー構成に経験の差、バックボーンの差があった方がはかどります。

自分が係員時代に、もう「ひぇーーーー」というぐらい毎日忙しかったとき、「自分があと5人いたら(もっと楽にはかどるだろうに)」と夢見たことがありましたが、それはひとえに自分が未熟だったのでそう思ったのだと思います。
とはいえ、10年後の自分がこのことについて、どういう意見であるのか、それは自分でも今から楽しみです(^^)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
日文4年LiSAのたなべです。

もともとこの時間帯に作業を入れていたのですが、タトルの時間に参加させていただきました。ありがとうございます。
途中少し抜けたので残念ながらTLのお話は伺えなかったのですが、色んな方とお話できて楽しかったです。

肝心の作業の方ですが・・・めくるのが難しい(?)本に当たってしまい、何冊か本の表紙を破壊してしまいました・・・。ごめんなさい。


個人的な話をしますと、タトルの時間を含めて、最近ひろたさんとお会いする度にお話をさせてもらっています。
色々と心が折れそうなことが多い中、癒されます。ありがたいです。
(余談ですが・・・)
Tシャツの件、当たったらLiSAの作業のときに来て行くことをブログ上でも誓います。

2009/04/24(金) 19:46:13 | URL | たなべ #-[ 編集]
No title
すっかり定着してきました「タトルの時間」♪

今回もたくさんのLiSAちゃんや職員の方々が参加してくださいました。
どうもありがとうございました!

参加者のみなさまが楽しそうに作業をしてくださっている様子を見るとこちらもついつい次から次へお願いしてしまい、終わってみるとものすごい冊数の本にタトルが入っていて、いつも感激するばかりです。

この後は、タトルを入れ終えた本を配架する、という作業があります…
またLiSAちゃんの力をお借りするかと思います。そのときにはどうぞよろしくお願いしますね!


2009/04/27(月) 15:53:46 | URL | こばやし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック