お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「働く気持ちに火をつける」
2008年03月31日 (月) | 編集 |
もできりこです。
文春文庫から出ている齋藤孝氏の「働く気持ちに火をつける」を読みました。

読後感は一言でいうとすっきり爽快です。
「そぉーーよねっ!やっぱりそうなのよっ!!」と深くうなずくことばかりでした。

LiSAのみなさま就職活動前にはぜひご一読を(^^)
現役のみなさまもたまにはこういう本を読むことをお勧めします。

特に赤線を引きたくなったのは「職場では上機嫌でいなければいけない」(齋藤氏の言うところの上機嫌の意味はただ浮かれているという意味ではありませんが)「仕事ではテンポの速いことは善である」(具体的には、たとえば3人で仕事をしている場合、2人のテンポが速くて1人のテンポが遅い場合、その遅い1人が悪いのは明らか。2人のテンポが遅くて、1人が速い場合も、遅い2人が悪いときっぱりと言い切っています。)

図書館も職場である以上、こういうことは意識すべきだと思うのです。
最近の学生の(図書館利用の)マナーが悪いと文句つける前に、自分の職業人としてのマナーは本当に正しいんでしょうか?と自省をこめて、本日のエントリーでした。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック