お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
また1本 TeaPotに登録しました。・・・今度のは真面目で硬いです。
2009年06月01日 (月) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。

今朝から8時45分開館だしぃ~
今日から企画展示も模様替えしたしぃ~(年4回のペースで模様替えの予定です。国宝級の貴重資料がなくとも、学生のための企画展示はできる!という見本になりたいのです)
いろいろお伝えしたいニュースは目白押しですが、

ひとつ下でLiSAの柳田さんが「おかめちゃん」について可愛いエントリーを書いてくださったので、
その流れを受けて、おかめちゃんの本業であるTeaPotにまた図書館活動の報告を載っけましたぁという話題です。

今回のは、IDE大学協会の協会誌である『IDE現代の高等教育』に依頼されて書かせていただいたものです。やっとTeaPotへの掲載許可をいただきましたので、本日、登録しました。

No.510(2009年5月発行)の特集は「学習環境としての大学図書館」でして、この雑誌で図書館が取り上げられるのは、めったにないというか、まずないというか,特集の巻頭に書かれた東大の根本先生の調べによると、図書館が取り上げられたのは過去2回。1979年と1988年。ということは今回は20年ぶり??(果たして次回はあるのか!?)
そして、『IDE現代の高等教育』といえば、図書館で所蔵してなくても、大学の学長室には必ずある雑誌なんだそうですね。

そんなこんなで、今回のは、非常に硬くて真面目に書きました。(これが私の限界です)
今年の私の目標は、硬い文章から柔らかい文章まで幅広く技量を磨くです。
そのうち、携帯小説系文章にもトライしたいと思ってます。

ご興味のある方、↓からどうぞ。
 http://hdl.handle.net/10083/33788" target="_blank" title="茂出木理子「学習と図書館改革 -お茶の水女子大学-」 ">茂出木理子「学習と図書館改革 -お茶の水女子大学-」 http://hdl.handle.net/10083/33788
 『IDE現代の高等教育』 2009年5月号. p.27-32

<閑話休題>
あぁーーそういえば、最近「私、ヒョードーさん」のエントリーがなく、全国のファンの方が切望しているとかしてないとか。
ヒョードーさんは、毎日、元気にお仕事してます。あまりにまっとうに仕事しすごて、書くことがないのかもしれません。
彼に書くネタを与えるのも、チームリーダーとしての私のお役目でしょうか!?
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
おしゃれなブログですね。
とても図書館とは思えない、さすが、お茶の水ですね。
2009/06/01(月) 18:53:35 | URL | honyasan #-[ 編集]
No title
こんにちは、LiSAのたなべです。
今日、早速企画展示を拝見しました。
LiSAも選んでも良いとのことでしたので、顔合わせの日(4月)に日文の同期と「専門的な本より一般向けの本がいいのかなあ」「○○先生だったらあの本がいいかな」などなどお喋りしたことを思い出しました。
とはいえ、日文の先生の著作は既に二冊も展示されていますよね。。。
もし、選ぶとしたら、他コースの先生の本の方が偏りがなくてよいでしょうか?>こうちさん

そういえば。
先日、以前MMCのお手伝いをされたという先輩とお話しする機会がありました。
もできTLとおくださんとヒョードーさんのことをご存知で、「生ヒョードーさんも有名なんだなあ」と驚いていたら、先輩のヒョードーさん評は「えらいいじられキャラの男性」とのことでした。
あ・・・愛されているということですよね???
夜間でも2階で何かトラブルがあるといつでも駆けつけてくださるヒョードーさん。
調子の悪い傘たての鍵を開けることに関しては学内一(?)のヒョードーさん。
いつも生ヒョードーさんにお世話になっている身としてこんなことを言うのはおこがましいかもしれませんが、私ヒョードーさんのエントリーを私も楽しみにしています。
2009/06/02(火) 00:10:25 | URL | たなべ #-[ 編集]
No title
LiSAの柳田です。もできさんからヒョードーさんの情報が入り、誰っ?て思いました。ヒョードーさんのブログ、拝見しました。何だか面白いですね。ブログ、楽しみにしてます。
2009/06/02(火) 12:53:57 | URL | LiSA 柳田 麻衣 #-[ 編集]
No title
たなべさん、企画展示を見てくださってありがとうございます。
今回は3ヶ月と長い期間展示しますので、入れ替えたりしていろんな図書を見ていただければと思っています。というわけで、日文の先生の図書も大歓迎です。また推薦お待ちしています。

他のLiSAのみなさんも図書の推薦や先生についてのコメントなどお寄せくださいね。

2009/06/02(火) 13:06:52 | URL | こうち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック