お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
歴史資料館の新展示と勉強会
2009年06月16日 (火) | 編集 |
MMCのおくだです。

5月31日に、本学は新制大学60周年を迎えました。
それにあわせて、歴史資料館も展示替えです。
また、貴重資料の複製(レプリカ)のいくつかが完成したのと、
破損の激しい掛軸の修復が完了したので、それも展示しました。

今日は図書館職員の方々に、新たに展示した資料をご覧いただきました。
歴史資料館は「展示したから、さあ出来上がり」というものではなく、
来館者の目で客観的に見ていただき、評価・批判していただいて、
足りないところは修正を加えて出来上がっていくものだと思っています。

また歴史資料館は学内外に公開されているものであり、
その際には図書館スタッフがホストになるわけで、
職員の方々それぞれに展示や資料について理解を深めておいていただくことも、
大変重要なことと思います。

まず歴史資料館1を見ていただきました。
昭憲皇太后の開学の令旨と御製歌「みがかずば」のレプリカを実物に代えて展示し、
今回修復した中村正直の掛軸を、修復前の破損状況を写した写真とともに、新たに展示しています。
「これは複製なんですよ」とお話すると、「へえ~」「わあ、本物そっくり」などと感心され、
修復前のひどく破れた状態の掛軸の写真と修復後のきれいな実物を見比べて、その技術に感嘆されたり、私もなんだか嬉しかったです。

大学の歴史と伝統を物語る貴重資料は、貴重だからこそ、
「見てもらいたい」「実物で語りたい」と強く思う反面、
「保存・保管に意を払い、次代に引き継ぐ」責任も感じます。

「展示しながら保管する」という考え方もありますが、
展示することによって、実物資料は確実に疲れ、傷み、ダメージを受けます。
決して失うことのできない資料であるからこそ、
今回レプリカを作成し、展示することができ、多くの方に見ていただく準備が整ったのは、
資料にとっても歴史資料館にとっても良かったことであると思います。

↓手前に令旨、中央奥に「みがかずば」、右に中村正直掛軸が展示されています。



続いて、歴史資料館2にご案内しました。
今回展示替えしたのは、新制大学60周年記念展示です。
新しい展示では、関東大震災で被災した本学が、お茶の水の地から現在の大塚の地に移転した経緯や落成記念式典の様子、1949年に新制の国立女子大学としてあらたに歩み始めた本学の開学時の事情や開学記念行事など、現在に続くお茶の水女子大学の軌跡を描いています。

↓これが新しい展示コーナーです。
CIMG0652.jpg


展示解説をしていると、自分があやふやなところ、ごまかしているところ、
説明不足や矛盾点などに、あらためて自ら気づきます。
また質問を受けることにより、それに答えられれば資料に対する知識の確認になり、
答えられなければ新たな課題として理解を深める指針となり、
私にとりましても大変勉強になります。

そういう意味で、今日の見学会はまさにチームの「勉強会」であり、学び合いですね。
和気藹々として、とても楽しい時間でもありました。

こうして歴史資料館が少しずつ充実し発展していくことは、大きな喜びです。
現時点では、本学の歴史資料館は常時開館しているわけではなく、
必要とされる時おりおりに特別に公開しているのですが、
いろいろな機会に多くの方に見学していただけることを願い、
私たちもよりよい歴史資料館をつくりあげるべく、努力していきたいと思います。

直近の公開は、7月のオープンキャンパスです。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
すばらしいご説明でした
おくださん

同じチーム内のメンバー同士で褒め合うというのもなんですが、本日のご説明は本当にわかりやすく、かつ楽しく、興味を引くものでした。

私は、学外でいろいろな方のプレゼンを聞くたび、、お話しされる方の熱意(本気度)とか、どれだけこの方がこの内容について勉強されているのか等をついついチェックするのは当然のこととし、
聞く側の複数の人間の時間を拘束するわけですから、「予め決められた時間を守る」とか「聞いている側が理解できる言葉で語る」とかそういった側面もチェックしてしまいますが、
(プレゼン・ミシュランのようなもんですね。ただ悪口を言ってるつもりはありませんが、口うるさいだけかも・・・という自覚もありますm(_ _)m

そんな意地悪視点満開の私から見ても、
本日のお勉強会が、短時間の中で、成果あるものになったのも、おくださんの説明の良さによるものだと思います。
-----------------------------
さて、来週は、あの「ヒョードーさん」が講師になったお勉強会が予定されてます(^^)
LiSAのみなさま、メールしたとおり、興味があってお時間の都合がつけば、どうぞご自由にご参加ください。
2009/06/16(火) 19:46:11 | URL | もできりこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック