お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
仕事の基本は察する心 (第1期LiSA業務報告から その1)
2008年04月04日 (金) | 編集 |
もできりこです。

辛口のエントリー書き続けるのに大変疲れたので、ソフト路線に戻ります。

ここからは、第1期LiSAのみなさんから提出いただいた「業務実施報告書」からネタをいただき、それにコメントをするという形で、13回連載予定です。順調に書ければ、この連載が終わるころに、第2期のスタートです。(^^)


「休み明けはブックポストに本がたまっていて返却処理が必要な本が多いことを伺い、月曜日の朝一に書架整理の業務を入れるようにしました。」

こう書いてくださったのは、理学部から唯一参加だったAさんです。
大学院入試を控えながら、ほぼ毎朝9時から10時まで業務についてくれました。
てっきり早起き体質なんだと思ってましたら、大学院入試の勉強時間を取るために、頑張って早起きして、朝一番にLiSA業務を入れて、リズムを整えたと聞き、その計画性はすごいぞ!と心底関心しました。
来週7日は大学院の入学式ですね。ご進学おめでとうございます!!

さて、LiSAプログラムでは、いつどの仕事をして欲しいということはなく、基本的に各々の自主的な計画に基づいて実施しました。幸い、どの業務にもバランスよく仕事を希望してくれる方がそれなりにいて、大変助かりました。
中でも、Aさんが毎週月曜日の朝一は書架整理に入っていただけたのは、本当にありがたかったです。

仕事の基本って、辛口エントリーに書いてきた「職場のコミュニケーション」とか「期限は遵守」とか「毎日上機嫌でいろ」とか「先を読め!」とかそういうことも大事ですけど、「察することができる眼と心」というのがいちばん大事だと思います。

つまり、自分がどう行動すれば、その職場でもっとも貢献できるのかを、職場において察することができ、判断でき、実行できる。こんな部下ばかりなら、上司は左団扇というもんです(^^)

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック