お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
LiSAプログラムに関する報告が掲載されました
2009年08月20日 (木) | 編集 |
資料管理係のこうちです。

このたび、大学図書館問題研究会発行の『大学の図書館』にLiSAプログラムに関する報告が掲載されました
学生の力(パワー)という特集の中でとりあげていただいています。

そして、TeaPotへも搭載しました。興味のある方はご覧ください。
お茶の水女子大学LiSAプログラム. 大学の図書館. 2009, 28(7), p. 128-131

編集担当の方から依頼をいただき、茂出木チームリーダーとの共著で書かせていただきました。

LiSAプログラム導入当初を知らない私が書いても大丈夫なのかと不安を抱きながらでしたが、図書・情報チームのみなさんのお話、このLiSAブログを頼りに書きました。
そして、茂出木チームリーダーに足りない部分を補っていただいて(それがどの程度の分量だったかは聞かないでください…)、無事完成しました。

締め切り間際に目を通してくださったみなさま、お忙しいところ本当にありがとうございました。



大学の卒業論文以来の論文(?)です。しかも定期刊行物に掲載されるなんて、もちろん初めて(のはず…)。
Googleで私の名前を入れて検索するとヒットするものが!(有名人というわけでもないのに。)
なんてことも感じた今回の経験でした。。。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
絶対書ける人だと思ってた
こうちさん

短期間に報告論文をまとめていただきありがとうございました。
謙遜されてましたけど、私は、こうちさんはぜったい書ける人だと思い、お願いしたのです。

そして、別な雑誌からの依頼で同テーマをひろたさんに今まとめてもらっているところですが、
(去年がえとりさんが「泣きそうになりながら執筆した」とこのブログでも告白されてましたね)

「がっーーー」と仕事して、その結果を、「がっーーー」と文章としてまとめていくって作業は、
自分のためであり、みんなのためであり、そして、業界のためになると思って、
もうひと頑張りしてくださいね。
2009/08/20(木) 18:05:14 | URL | もできりこ #-[ 編集]
ありがとうございます
茂出木チームリーダー、ありがとうございます。
うれしくて泣きそうになりました。。。

今、同じテーマでひろたさんが書いていらっしゃいますが、私よりは文字数も多く、大変かと思います。
がんばってください!
2009/08/21(金) 13:15:36 | URL | こうち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック