お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
涙が出るくらい嬉しかったこと
2009年08月20日 (木) | 編集 |
こんにちは。
情報サービス係 えとりです。

ここ数年すっかり涙腺が弱くなり、ふとしたことで泣きそうになって自分でもびっくりすることがあるのですが、今日は正真正銘、うれし泣き寸前でした。

何があったかと言いますと、
学外から貸借依頼のあった図書を研究室に探しにいったところ、助手さんからとっても嬉しい言葉をかけていただいたのです。

  

助手Tさん 「最近、図書館にいくたびにとってもいい感じになっていて、感動してるんですよ。すごくよくなりましたよね。」

えとり 「!!!(早くも泣きそう) そう言っていただけると本当に嬉しいです。みんなでいろいろがんばっているんです。ありがとうございます。みんなも喜びます!」

助手Tさん 「図書館のみなさんが、ディスカッションしてアイデアを出し合って工夫されているということがよく分かります。でも、そもそもどうやって改革がはじまったのですか?」

えとり 「もできTLがそういう雰囲気を作ってくれて、スタッフ一人ひとりが同じ方向を向いて力を発揮できるようになったのです。(と言いながら涙目に) 嬉しくて泣きそうです、すみません。」

助手Tさん 「わたしももらい泣き...」

 目を赤くする2人。

  

と、こんなシーンが、文教1号館のとある研究室で繰り広げられたのでした。(実際に涙が出るまでにはもうちょっといろんなやりとりがありました。)

いくつになっても、自分だけのことじゃなくても、褒められたり、認められることって嬉しいですね。
そして、不意打ちのお褒めが一番効きます。
Tさま、どうもありがとうございました。

Tさんの講座図書室でも細かな改善を重ねているとのこと、アスベスト工事後のお引越しも控えていて大変かと思いますが、お互いこれからもがんばりましょうね。何か図書館で力になれることがありましたらぜひ声をかけてください。
図書館について何かお気づきのことがありましたら教えてくださいね。

こんな嬉しいことを早くTLや図書館のみんなやLiSAちゃんたちにもお知らせしたい!と思っているうちにTLは北海道に旅立たれてしまいましたので、ブログでご報告させていただきます
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
札幌に到着していちばんに読みました。
素敵なニュースを速報してくれてありがとうございます(;;)
明日の講演の何よりもの励みです。
2009/08/20(木) 21:36:15 | URL | もできりこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック