お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
旭山動物園(北海道出張の番外編)
2009年08月24日 (月) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。
無事、帰京しました。
羽田に降り立った瞬間「うわっ!暑っ!!」と声あげました。

図書館関係の方が出張時に少し足を伸ばして見学訪問される先といえば、
「図書館(大学でも公共でも専門でも)」が大半と思うのですが、
今回、私が脇目もふらず一直線に目指したのは「旭山動物園」でした。

最近では、企業再生の手本にも取り上げられることも多い「旭山動物園」。
私がそのマネージメントに密かに興味をもって5年、公言するようになって3年。
ついに念願かなっての訪問です。
(といっても傍目には、楽しげに遊びに行ったとしか見えないでしょうが)

いろいろと「旭山動物園」関係の本を読んで、再生の最重要ポイントは、予算でも施設でもなくって
各スタッフの職員力活性とその結集ではないかとにらんでおりました。

実際見に行って「おぉーー!」と思ったポイントは多々ありますが、
なんといっても「モグモグタイム」にいろいろなことが集結していますね。
「モグモグタイム」というラブリーな名前に騙されそうですが、あれはなかなすごいパフォーマンスです。
 #でも、担当スタッフのしゃべりの巧さで言えば、うちの業界もけっして負けてないと思う。

ともかく旭山動物園というところは、一貫して来園者を「おとな扱いする」動物園だなと感じました。
 #もちろんお子様たちもじゅうぶん楽しめるでしょうが、
 #大人「も」楽しめるではなく、大人「が」楽しめるというかそんな感じ。
それと、来園者に敬意を持ってくれてるから「こういう説明なんだ」ということが納得できちゃうのもポイント。

敷地としては狭く、特別にスター動物もおらず、半日もあれば十分見られるにも関わらず、
一日いても飽きず、そして「また、来たい!」と思わせるものが溢れています。

CIMG1025.jpg
 シロクマ激写。近すぎてびっくり。あせったあまり、顔が半分しか写せてないけど。

CIMG0911.jpg
 まるで、ライブをアリーナ最前列で見てるような気にさせられた猛獣館。
 トラ好きの私が大興奮の激写。


                          
ところで、本日(8月24日)国会図書館のカレントアウェアネス・ポータルに
「大学図書館員に求められるものが変化しているという記事(英国)」が紹介されてました。 (http://current.ndl.go.jp/node/14145
・・・・・、まさかこれ読んで「目から鱗」と感じた大学図書館業界人はいませんよね?
・・・・・、今年の最新の記事なんですよね?
・・・・・、
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック