お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
東京外国語大学附属図書館さまへ見学会(^^)
2009年09月30日 (水) | 編集 |
こんばんわ。もできりこです。

明日から、大学は後期がはじまります。
私たちスタッフも後期に向けてのエネルギーチャージのために、
本日、「リテラシー教育実行班」のメンバー計6名で、東京外国語大学附属図書館様に
見学に行ってまいりました。
お忙しいところ、長時間にわたってお相手してくださってありがとうございました。m(_ _)m

4月11日付の『「なぜなぜ?」プロジェクト』http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-208.html)にも書きましたけど、今年のお茶大図書館では、4つのプロジェクトチームを動かしています。
最近はどこでも、「係横断のプロジェクト体制」が流行っているのですが、お茶大図書館の場合の最大のポイントは、「やりたい!」と手をあげた人がメンバーになるという点で、上からの指名制ではないという点でしょうか。
ということを見学にいらした方にお伝えすると、いちばん聞かれる質問が「メンバーは集まりますか?」です。答えは「集まりますけど?(それが何か?)」です。

2000年に北区西ヶ原から現在の府中市のキャンパスに移転されて、9年、
ちょっと都心からは遠くなりましたが、(文京区のお茶大とはドアツードアで1時間強かかりました)
開放感あふれる、緑豊かな素敵なキャンパスです。
東京外国語大学見学


で、「見学」なのに、こっちからも「お茶大ではこんな感じでガイダンスやってます」と披露する私たち。
情報が欲しければ、自分からも情報を出すってのが大事ですよね??
東京外国語大学見学

          
「リテラシー教育」といえば、
帯に引かれて思わず買った本『エドガー・H・シャイン著 人を助けるとはどういうことか~本当の「協力関係」をつくる7つの原則 (原題:Helping: How ti offer, give and receive help)』を昨晩から熟読中です。
気楽に読めるのかな?と思って手にとったのですが、さすがに一晩では読めず、自分の読解力不足に苦しんでいます。でも、頑張って読破するのしたいの!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック