お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
「お茶大図書館では、LiSAと一緒に図書館の活性化が進行中です!」が講演タイトルです
2009年10月19日 (月) | 編集 |
こんばんわ。
もできりこです。

連日、「しゃべってばっかりな」チームリーダーです。

本日(2009年10月19日)は、「私立大学図書館協会東地区部会研究部パブリック・サービス研究分科会」(←長い!)の10月例会の講師としてお招きいただき、
『お茶大図書館では、LiSAと一緒に図書館の活性化が進行中です!』というタイトルでLiSAについて、1時間強ほど講演させていただきました。
講演タイトルがやたら長いのは、主催者名がやたら長いので、そのバランスを取るためです。(^^)

会場は、日野にある実践女子大学さんです。
  午後、お茶大から出かけるときに、財務室長のM先生とばったり一緒になり、
  「これから実践女子大に行くのです」と告げたら、
  「あそこは、坂、坂、坂を歩いていくんだよぉ~」と脅されました。
  たしかに、日野駅からは「坂、坂、坂」でした。
  
「LiSAについて講演してくれ」と頼まれて、LiSAをメインに講演したのは初めてです。
本日は1時間強のお時間でしたが、このネタでも2時間はいけるなという手ごたえを持ったのが、私の本日の成果です。
お集まりいただいていた方々にはどんな成果があったのか。
それは本人以外にはわかりませんねぇ。

事前に仕入れた情報により、会場はコンクリート打ちっぱなしのモダンな会場とのことだったので、
それに合せて講演には珍しくもモノトーンの衣装です。
LiSAちゃんを前面に出すために「黒子に徹する」というような、ヒョードーさん的な「一歩も二歩も下がった態度」は微塵も持ち合わせてないのでした。
CIMG1170.jpg
 予定どおり、衣装と壁の取り合わせはばっちりだったんですが、
 講演会場としては、講師の位置とスクリーンの位置と参加者の位置関係(というか体の向き)
 がちょっと不思議な感じ。 

なお、講演内容については、本日、見習い同行したこうちさんからコメントが入るはずです。

                  
ぜんぜん、別件ですが、
お茶大にも大学本館前に校歌歌碑がありますが、会場となった実践女子大学さんにも正門を入ってすぐのところに校歌の歌碑がありました。
なんとボタンがついていて、押すと校歌が流れだすのでした。ちょっと衝撃でした。

CIMG1175.jpg
関連記事

コメント
この記事へのコメント
No title
見習いのこうちです。
今回、LiSAについての講演見習いとしてお供させていただきました。
LiSAがスタートするまでのエピソードから、現在どんな効果が生まれているのかまで、様々な内容が盛り込まれていました。個人的なことではありますが、私はLiSA開始当初お茶大にいませんでした。そのため、特にスタートするまでのエピソードはなるほど、と他のみなさんと一緒に聞いているような状態でした。
単に図書館の仕事を手伝ってもらっているだけではない、ということとか、図書館のサポーターなのだ、ということのお話もありました。
LiSAのみなさんと日々接しているときには特別意識をしているわけではないけれど、今回のような講演や報告の中で言葉にすることで、日々の活動に意味が感じられる気がしました。(あまりうまい表現ではなくすみません…)
お供させていただきありがとうございました。
2009/10/20(火) 17:43:01 | URL | こうち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック