お茶の水女子大学附属図書館のLiSA(Library Student Assistant)の活動ブログです。LiSAは、LiSAメンバーと図書館スタッフの協働による図書館活性化のための活動です。
図書館が学生さんのお役にたつこと (学園祭でも活躍したのだ)
2009年11月30日 (月) | 編集 |
もできりこです。こんにちわ。

これは4日前の予約投稿なので、その間、誰のどういうニュースが挟まるか、
私もワクドキです。

話しは遡りますが、11月7日、8日は、お茶の水女子大学の学園祭「徽音祭(きいんさい)」でした。
これまで徽音祭当日は、図書館は閉館していたのですが、今年は、徽音祭実行委員会から「ぜひ、受験生相談室の場所として図書館1階を使いたい」とのお申し出を、丁寧かつ明確な企画書と共にいただき、お役にたつなら喜んでと、図書館を活用していただきました。

最初にこの相談に見えた時、学生支援チームの係長さんが同行されたのですが、
トントンと話しが決まって、学生さんが「えっ!キャ!」と喜ばれたら、
その担当係長さんが「図書館に持っていけば、話しは早い」とフォローしてくれたのが、
嬉しゅうございました。

今年で「60回目」となる徽音祭。
 #第60回ということは、紅白歌合戦と同じ年ですね。
きいんさい1

前日、会場設営に頑張る実行委員会のみなさん。
お揃いのピンクのハッピが可愛い。
「頑張ってねぇ~」と手をふる私。
徽音祭2

当日は、玄関の電子掲示板も「徽音祭特別バージョン」でみなさまをお迎えです。
徽音祭6

当日の写真を実行委員会からいただきました。
両日合わせて542名の集客があり大盛況だったそうです。

図書館のラウンジやカフェのオープンさ、和やかさが、いい感じでマッチしているように
感じます。
徽音祭1


電子掲示板 2日限りのスペシャルバージョン
かたよせさんの超・力作。いつもながらの素敵なセンス。そして手早い仕事ぶり。
徽音祭5 徽音祭4
徽音祭3 徽音祭7
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック